FC2ブログ






新春新橋の「あれ」な夜

本日は新橋恒例のゆっくりセッション。出張前夜に関わらず、奇跡的に会議は定時前に終了し、どうにか定刻近辺に参上できた。どうやら本日は先に酒池肉林状態のテーブル上の食事をある程度片付けようという作戦らしく、序盤20分程度はみんなでひたすら食するというパターン。私もとりあえず腹ペコのお腹を満たし、気分にブーストを入れるべくブッシュミルズをあおる。

WhistlerTrio.jpg口火を切ったのはT田さんかな。彼独特の綺麗な笛の音がセッションの幕開けを告げる。マイ・ペースながら凄くえぇ感じでセットを吹いておられる。間にやはりホイッスラーのまっつんさんを挟んでYuta さんが虎視眈々という、何とも「あれ」なセッション幕開けですな。

黙っちゃおれないとばかりに揃いも揃ったりのフィドラー軍。ケメ子嬢を筆頭に教授はるさん、デビルKen10 さんにダンディなO'Bridge さん達も徐々にヒートアップされる。ガンガン進むというよりは一時期のゆっくりセッションを髣髴とさせるゆったりテンポでまったり進む感じが食事をしつつ飲み倒している私にも心地よい。

と・・・、教授が爆弾宣告で「ゆっくりとRights Of Man をやりましょうよ」、と。

ぬ、そうくれば「あれ」か、と覚悟を決める私。ここで私も本日初音出し。SAMI さんが弾けるテンポで2回しして終わりそうになったので、非常に自信がないながら続いて私から「Pride Of Petravore」を頭出し。さすがにテンポがゆるくて辛いので少しテンポ・アップして弾き始める。
2回し目の後半でチラとYuta さんを見ると「コイツ、次どうすんのかなぁ」というイタズラっぽい目線が返ってくる。その様を見て無謀ながら私も点火。いってやろうじゃないか、「Kitty's Wedding」を・・・(爆)
という訳でそのまま繋いでみた。横ではる教授もアシストしてくださる。2回し目くらいになると多少こちらもゆとりが出て(その割りによくチョンボったが・・・苦笑)、チラとYuta さんを見ると凄く嬉しそうな顔をされている。よかった、出してみて、ホッ。
という訳でWarrior Celt 及びCock O' The Walk 定番セットのゆっくりセッション・バージョンが取り敢えず記念すべき初演となりました。サポートしてくださったYuta さんにT田さん、そしてはる教授に深謝、ある♪

以下、いつも通りの乱闘騒ぎではあるが、普段よりは緩めの速度でまったりと続く新年セッション。途中から手ぶらでオサムさんもご到着。ウダウダ喋っていたらお店からマグナムサイズのビールやら、グラスやらをプレゼントにいただく。俄然「じゃんけん合戦しよう」と盛り上がるKevin 師匠を尻目に「Laird Of Drumblair」で盛り上がる「あれ」な面々。という感じで終幕の「John Ryan's」まで怒涛の如く。皆様、お疲れ様でした。

そうそう、新年早々に気分も新たにフィドラー・デビューされた方がお一人。
LinLinNewStudent.jpg元ジャイアンツの桑田もビックリの遅デビューであるKevin 師匠だ(写真真ん中)。これまでも「なんちゃって」フィドラーの真似事(って、どんなんやねん・・・爆)はされていたのであるが、晴れて本年より弟デシとなられた。
関東ではデビルKen10 さん始めツワモノ揃いだし、関西でも若い芽がスクスクと育っている現況、今年のテーマは年齢云々を問わず、「新しい芽は摘め」と啓示を受けたか、と。特にKevin 師匠には遠慮しないあるね(爆)。我が師匠の門下で一番下っ端あるし・・・(笑)


では以下恒例の写真置きっ放しで。異様に軽い弓に異様に短い弓を弾き倒す「あれ」なフィドラー達。本年もお手柔らかによろしゅう。

ArcusKeme.jpg
ArcusBangbon.jpg
TibiYumiBanbon.jpg
TibiYumiProfessor.jpg
TibiYumiKeme.jpg
スポンサーサイト



[ 2008/01/09 00:01 ] Session & Event | TB(0) | CM(16)

おいしかったー。

yutaさんとT田くんの間に座ってしまい申し訳ないながらも、得した気分でにやけておりました♪

私も早くあんなふうに吹けるようになりたいですー(-_-)トオイメ。

ご飯も音楽もお団子もおいしい夜でした。
また覚えたい曲が増えて脳みそがとけそうですw

おつかれさまでした☆
[ 2008/01/09 10:57 ] [ 編集 ]

おつかれさまでした~。

ゆっくりめのRights of Man合わせてくださってありがとうございました~。
やぱり2日弾いてただけだとアレが限界でした(^_^;
す、少しづつテンポアップできるように精進しますので懲りずによろしくおねがいしますですー。
次までにあのセット、なんとなくても音を追えるようになるのが目標ってコトで(大汗)

お団子みなさまに好評だったようで一安心です(^-^;

結局帰りは、踏切事故もあって電車があのまま止まってしまい、普通に家に帰ってしまいました(^^;
モハーさんの祈りが弱かった!?(笑)
[ 2008/01/09 11:14 ] [ 編集 ]

下っ端のひとりごと

む~、確かに下っ端じゃな。ここは、兄姉弟子に下っ端から一太刀をあびせねばならんか?誰も知らない曲、コソ練じゃ(笑)!
[ 2008/01/09 13:57 ] [ 編集 ]

もはさん、昨日はどもでしたー。
やる気満々でPride Of Petravoreを弾き始めたモハーさんの姿が妙に微笑ましたったので思わずにやっとしてしまいました(笑)
Kitty's Wedding行けてうれしかったです~。

[ 2008/01/09 15:49 ] [ 編集 ]

楽しかったっす♪

お疲れさまでした。
上野定番セット、
一緒に弾けて嬉しかったです。
(私はまだうる覚えでしたが。汗)

じゃあ、次はなんとかポテトセットですな。笑
[ 2008/01/09 18:14 ] [ 編集 ]

お疲れ様、福娘♪

>まっつんさん

昨日はお疲れでした。かなり笛吹きには刺激的な席でしたよね♪フルート、えぇ感じでしたよ。是非仕入れてください!

脳味噌溶けるまで曲を覚えるある。またどこぞでお会いするときに楽しみあるね♪
[ 2008/01/09 21:04 ] [ 編集 ]

お疲れでした~

>SAMI さん

Rights Of Man、いい曲ですね。なかなかサマにならないのが難点あるけれど、ゆっくり弾いても速く弾いても味がある名曲です。

上野と六本木の予習としてあのホーンパイプ・セットはいいのではないか、と個人的に考えてます。是非次回はフル・セットでみんなで弾いてYuta さんをビックリさせましょう!

T海道線、ご愁傷様でした。どうされるのかなぁ、と思いつつ駅をあとにしましたです。

そ、そ、お団子、ゴチでした♪
[ 2008/01/09 21:09 ] [ 編集 ]

大きな声では言えないが、小さな声では・・・

>Kevin 師匠

ま、世の中世襲制っつうことで・・・^^;

但し、

>誰も知らない曲、コソ練じゃ(笑)!

これは如何か、と。

多分スルーして終わりになるあるね。もうちょい別な作戦がえぇと思うある。
[ 2008/01/09 21:12 ] [ 編集 ]

Pride Of Piddler

>Yutaさん

昨日はありがとうございました。
最近フィドルの持ち方で結構紆余曲折ある上に通行人も多いので苦笑いしながら弾いておりました^^;
Yuta さんから返ってきた「ニヤ」は実に「アレ」な感じでしたねぇ。無言+微笑の演奏サポート、ありがとうございました。
Kitty's Wedding、移動中にもKevin Burke教授の講座を聴いていたのですが、まだまだ触る余地がありそうですね。研究します!
[ 2008/01/09 21:19 ] [ 編集 ]

お疲れじゃったある♪

>はる教授

毎度ながら気合入っておられますな。最近会う度に素敵な笑顔の裏に潜む殺気を感じるのは拙者だけだろうか・・・(笑)

上野の定番セットである例のホーンパイプ達はいい曲ですよね。新橋仕込、上野仕上げなんて流れもえぇかな、と思います。

>次はなんとかポテトセットですな

んん・・・?何でしたっけ。最近脳味噌弱ってるので忘れてしまったかも・・・。当面教授の目標曲は

「Reel A Tido/La Rachoudine」

ですよね♪
[ 2008/01/09 21:25 ] [ 編集 ]

なぬっ?!

>最近会う度に素敵な笑顔の裏に潜む殺気を感じるのは拙者だけだろうか・・・(笑)

滅相もないっ!!!
きっと気のせいです。笑

そうそう♪
あのホーンパイプセット、すきです。
是非是非新橋で仕込みましょう。

なんとかポテトセットは
(わかりづらくてすみませんでした。笑)
yutaさんが紹介してくださったこちらです
⇒Mrs O'sullivan(Am)/Calliope House(D)/Little Burnt Potato (D)

最初の曲は楽譜がないので
弾けませんが。

「Reel A Tido/La Rachoudine」は
今度師匠に楽譜をお願いしてみます。
いつになったら弾けるかなー。
無理・・・かも。笑

[ 2008/01/09 21:48 ] [ 編集 ]

モハー

>はる教授

>きっと気のせいです。笑

そう思いたいあるね^^;

上野や六本木のネタに限らず、よそでやっているセットでよさげなものはモノにしたいですね。練習会などで練度を上げてセッションに臨みたいものある・・・。

>Mrs O'sullivan(Am)/Calliope House(D)/Little Burnt Potato (D)

これだったあるか。
まずは真剣に音源探しをせねば、ある。Yuta さんに我々が覚えるまでずっと吹いておいていただこうかしらん^^;

>「Reel A Tido/La Rachoudine」は

といいつつ、来月くらいにあっさり弾いておられるような気がするのは気のせいかな^^;
[ 2008/01/09 22:41 ] [ 編集 ]

お疲れ様じゃしたある

Pride Of Petravoreのセット素敵でした。
がんばって追従するあるね。
旬を過ぎてしまった感が残るメイドセットもまだ終わってないあるよ。あわわわわ。
新橋、上野でネタを仕入れてつくばセッションでコソ練させていただきます(笑)
[ 2008/01/10 00:24 ] [ 編集 ]

お疲れじゃったあるね

>ケメ子さん

Yuta さんのところでも書いたけれど、「Rights Of Man / Pride Of Petravore」はDe Danann がやっていて、ホーンパイプにしちゃ高速過ぎますが、いい感じです。その後ろの「Kitty's Wedding」がなかなか思い寄らないところでした・・・^^;

>旬を過ぎてしまった感が残るメイドセット

何を仰いますやら、うさぎさん。忘れた頃に爆発させるあるね(笑)。着々と裏では仕込んでるある・・・。

あぁ、つくばも久し振りに行かねば、ある。強敵多いあるが・・・^^;
[ 2008/01/10 00:34 ] [ 編集 ]

あれぐらいの

テンポで弾くのもいいもんですね。ごまかせない分、勉強になります。
何だかWarrior系も流行ってきて、乗り遅れないようにせねば!

あ、間違ってもツワモノではありませぬ。アレではあるかもしれませんが…
今年は摘まれない様に頑張りまっす。
[ 2008/01/10 02:14 ] [ 編集 ]

何を仰る・・・^^

>Ken10 さん

先日はお疲れさんでした。

あれくらいのテンポだとじっくりと弾きやすいですね。その分アラが目立つワケですが・・・^^;。

貴官のアレ度は相当高いですね(笑)。しかしツワモノではないかもしれないけれど、摘むには大き過ぎることは事実でっせ!「強きを助け、弱気をくじく」で行くかな、基本は(爆)
[ 2008/01/10 07:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/368-28aa650e