FC2ブログ






Last Performance @ Sutton's

昨日、3月1日は以前当ブログで書いた通りSutton's@君津での「素人芸能発表会」。残念ながらこれが最後の開催であることも以前触れた。
地理的に宿泊にしないと参加できない私のことも考えて土曜日開催のこの会、ほとんどが横浜セッションかフィドルのレッスンと被っていたため、開始直前に伺うことが多かったのだが、今回は予定をちゃんと空けておいたので14時過ぎにお店に。最後だしマスターと2曲ほどデュエットしようということで軽くあわせ練習もいるだろうというわけだ。
閉店に向けての整理も進んでいてちょっと寂しさのある店内。志半ばにして閉店せざるをえなくなったマスターの話を聞きつつ、私も仕事のグチなど吐きつつまったりと過ごす。お互いに「出たとこ勝負」的でヤマっ気タップリなのであわせ練習は30分ほど。適当に構成とコードだけ確認して3~4度流して終了。後は本番を待つのみですな。
一旦ホテルにチェックインしに戻って19時頃に再度お店へ。マスターと選んだ「Blair Athol」というシングルモルトのウィスキーを楽しみつつ、カレーもいただく。閉店が近いためルーは一種類とのことだったが、香辛料を巧みに使った辛口カレーはこのお店で看板のひとつ、カシミールカレーにも匹敵する美味しさだった。

Suttons_20080301.jpg例によって何となく始まる「素人芸能発表会」、トップバッターは私。普段より早くお店にいただけに酒量もややオーバー気味。
まずは、ピンで。
1)Bill Sullivan's (in D) / Britches Full Of Stitches / Egan's / Tolka (polkas)
2)Strayawway Child (double jig)
3)Kitty's Wedding / Boys Of Bluehill / Laird Of Drumblair (hornpipes / strathspey / reel)
4)Boys Of Malin / Gravel Walks

ここからはマスターのギターと私のマンドリンでなんちゃってTone Poems のセット。
1)Please
2)Grandfather's Clock

どちらもまぁ「あれあれ~」な箇所が散見されたけれど、聴いてくださった皆さんの暖かい視線に守られて無事に終了。マスター、ありがとね♪

SuttonsPiano.jpgSutton's の象徴ともいえる1907年製べヒシュタインを紹介するマスター。今年で100歳になるこのピアノ、残念ながら売却されるとのことで、本日が最終披露かな。マスターが自画自賛される名器で本当に素晴らしい音を聞かせてくれた。

Shopin.jpgその名器を綺麗に響かせてくれたS夫人。まだ学生だった頃からこのお店で、このピアノで猛練習されていた時期があったとか。ある意味このピアノの特性を最もよく知っている方だろう。ショパンを3曲、綺麗に聴かせてくれた。特に最後の「舟歌」は素晴らしい出来栄えだった。

Healthcenters_20080301.jpgそしてトリはヘルスセンターズ。セニョールK氏のオリジナルを中心にいつもながらの楽しくちょっと物悲しい曲が、バリエーション豊かな編成で奏される。閉店ということを知ってか、マイクがゴキゲン斜めでノンマイクのライブだったけれど、また完成度が一段あがっていると感じた。

Kazz_20080301.jpg今回は、マスターの弾き語りもあり。
地声そのものが非常に大きい方で、その歌声はなかなかに素晴らしい。自作曲をしみじみと聞かせていただきました。

終演後も店との名残を惜しみつつ、お客さん達がそれぞれ会話を楽しみつつ・・・。

MEIBUN.jpg写真はSutton's のメニューに付けられていた赤塚不二夫さんの文章。2000年の某雑誌に『良き酒場の「あ・うん」』と題され出ていたものだ。
初めてSutton's にお邪魔したとき、この文章がメニューに挟み込まれているのを見て店の心意気がわかった気がした名文である。中盤以降の「酒は飲ませていただく」の項は私の考えともピッタリとあって、わが意を得たりの気分だった。

(引用開始)
いい酒場を見つけるには飲み手にも責任がある。僕が思うに、金を払って飲んでやるという気持ちがあると、いい酒場には出会えない。あくまでも謙虚に、飲ませていただきたいという姿勢でいることだ。いい酒場の主人というものも、飲んでいただきたいと思っているはずで、この気持ちが「あ・うん」の呼吸で伝われば、幸せな時間を過ごせることになる。
(引用終了)
この「あ・うん」が成り立ったお店が消えることは実に残念ではあるが仕方がない。諸般の事情が落ち着いたら新たな考えもおありのようだし、その日が来ることを祈りつつ、Sutton'sさん、さようなら。本当にお世話になりました。
マスター、そして知り合えたお客さん達、ありがとうございました。またどこかでお会いいたしましょう!

スポンサーサイト



[ 2008/03/02 16:03 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

sutton'sです

長い間本当に有難うございました。 いつかまた違う形でみんなが集まれる場所を作りたいと思っています。 それまで待っててくださいね。 お疲れ様でした。
[ 2008/03/04 23:57 ] [ 編集 ]

こちらこそ

>kaz さん

こちらこそ、君津在住時より今まで本当にお世話になりました。非常に残念ではありますが、「違う形でみんなが集まれる場所」を楽しみに待っています。不本意ではあられるでしょうが、ひとまずお疲れ様でした。
[ 2008/03/05 00:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/388-e2716e8f