FC2ブログ






偉大なるマスター二人に代々木公園

以前、当ブログで触れた通り、本日3月8日は記念すべきワークショップ開催日。
既にフィドルの会に参戦すること三度であるが、今回初めて参戦するワークショップの導き役は、関西で熱心なフィドル指導をされている大森ヒデノリさん。フィドルの会においてもその丁寧な指導振りを拝見したが、実際に指導していただくのは今回が初めて。木曜日にやなぎさんでバッタリとお会いしたばかりであるが、その後お店の主人さんも女将さんも彼の人格者振りに深く感じ入られたようである。

ワークショップは銀座サンボアでの開催。12時開場、12時30分よりワークショップ開始の時間割。見学者を除き20名限定のワークショップであったが、場所としてはちょうどよい規模。殺到するという感じもなく三々五々と集まる参加者達。あまり真正面では気恥ずかしいので後ろの背もたれつき椅子に惹かれて後方の席に着座することにした。暫くするとSAMI さん、O'Bridge さん、まっつんこさん等馴染みの方もチラホラと。(ワークショップ後にさる方から「はじめまして。まるで有名芸能人にお会いするかのような気分ですよ」と声を掛けていただいた。そんなに有名なのか、私は・・・とビックリしたのはナイショの話・・・苦笑)

FiddleWorkShop_20080308.jpgマスター大森のレッスンはスウェーデンのポルスカ一曲とアイリッシュ・ジグ一曲の二部構成。これは私の個人的な感覚なのだが、少なくとも本日に関してはスウェーディッシュをやりたい、が彼の本音だったのかな、という印象だった。
スウェーディッシュもアイリッシュ・ジグもフレーズのキリがよいところで区切って口移しならぬ弾き写しのワークショップ。1曲を終えたところで譜面はいただけるのだが、あくまでも聴いて弾いて覚えてください、というのが主眼の様子。普段こういう形を取らない私は不安だらけだったが、かなり時間をかけてやってくださったので、その場では弾けた、覚えられた錯覚に・・・苦笑。


そういえばマスター大森のど真ん前にサウスポーのフィドラーさんが陣取られたのだが、これはビックリ。魂柱などもすべてサウスポー仕様になっている楽器らしく、Ashley MacIsaac のように単純に右利き用の楽器を弦の設定から含めてそのまま左用にしているわけではないらしい。さすがのマスター大森もビックリされたようで、その方も髭を生やしておられるしで「まるで鏡を見てるみたいですねぇ」と大受けされていた。

マスター大森の教え方はやはり理論的というか、「こうすればこうなりますね」「こうしたいときはこうすればやりやすいですね」という、何というか運動生理学的に動作を説明してくださるところが分かりやすいですな。そして何より「伝えたい」「わかってほしい」という熱意がバシバシ届いてくる。弾き写しのレッスンは教わる側もかなりの集中力を要求されるのが正直しんどいのだが、あっという間の90分だった。そして・・・、曲を覚えるにはもっと集中力をあげないとと痛感させられたワークショップでした。
せばすちゃんさんのブログでも有名なステップ踏みも、付箋を弓に貼り付けてのジグ・ボウイング説明も堪能させていただきましたよ(笑)。ジグのボウイングは想像以上に2音目を短く軽く弾かれているのが印象的でした。

ワークショップ後はミニライブ。
FiddleAndConcertina_20080308.jpgまずはTokyo Fiddle Club を主催されているTamiko さん(fiddle)と佐々木美穂子さん(concertina)のデュエットで3セット。Morris On シリーズに出てくる曲などを交えたホノボノとしつつもスリリングなセットだった。時に溶け合い、時に独立するアンサンブルが美しい。Tamiko さんのフィドル捌きは以前四谷モリガンズで一度拝見したことがあるがムダのない素晴らしいものだった。

FidelAndRute_20080308.jpgその後はマスター大森(フィドル、フィーデル)と坂本龍右さん(リュート)によるデュエット。リュートは久し振りに生で観たけど柔らかく響く感触がフィドルともフィーデルともよくバランスする。中世風の曲からスウェーディッシュから、とこれまたとても贅沢なアンサンブル。

MiniLive_20080308.jpg最後は四人揃われてO'Carolan の「Fanny Power」でミニライブも終了。これで3,000円+ドリンク代は安いね。ここ10日間で関東・関西を3往復した疲れも一気に吹き飛びました。大森さんはじめ、ミニライブ出演の皆様、素敵な時間をありがとうございました。




イベント後、そそくさと代々木公園へ移動する怪しげな男女二名。実は本日、私はフィドルのレッスンもあったのだが、時間が中途半端に空いているのでどうしようかと思っていたところ、まっつんこさんが代々木公園で練習されるとのことなので、ご一緒させていただくことに。
暫くはワークショップで教わった曲をおさらいしていたのだが、私が「Independent Hornpipe」を弾き始めたらまっつんこさんが「あ、なんか可愛らしくていい曲ですね」と気に入ってくれたので一緒に練習開始。Bパートの3連符に少々ビックリしておられたけど、ゆっくり何度もあわせて弾いてる間に大体覚えていただけた様子。次回ご一緒したときには是非一緒に演奏しましょう♪



そしてそのままレッスン場へ。懸案のポジション・チェンジもあるしで気合満々に。
私の前は例によってIさんのレッスン。暫し外で待っていたのだが師匠の笑い声がバシバシ聞こえてくる。邪魔でなさそうなタイミングで入室すると最高音の話をされている様子。どうやら本日、Iさんの最長不倒記録的音が達成されたらしい。遠目に見る限り威圧感を超えて弾いてみようという気さえしない譜面だったが・・・笑。

TablEdit で大雑把に作った譜面を置いてとりあえず弾き始める私。一度弾き終えてから件のE線Cの扱いを聞こうとしたら師匠から「おぉ、遂にこれが出ましたね。最長不倒記録ですね」とバカ受けされる。運指について相談すると、暫くあぁでもない、こうでもないと弾いておられた。「フィドラー的には小指を伸ばして処理するのがいいかなぁ」とか、色んな話が出たが最終的には私が採用しているシフトが一番合理的だろうとのこと。シフトに苦心する私を見ながらゲラゲラ笑っておられた・・・汗;

今回はあまり他の練習曲も用意できていなかったので「Independent Hornpipe」にじっくり時間を掛けて、残り時間は「Salamanca」のおさらい。どうも師匠のお弟子さんの間では評判が芳しくないらしいが、Bothy のセットはカッコいいのでボチボチなんとかしたいところだね。

今日は二人のマスターに教わるという実に贅沢な休日だった。やはり音の出方が違うよね。不快な音でなくしっかりとアタックが出ている音は何度聴いても心地がよい。自分の弓使いに足りないモノをはっきり見せつけられた一日だった。ロール、スライドなど左手ももっと精進せねば、ね。偉大なるマスター達、ありがとうございました。
スポンサーサイト



[ 2008/03/09 01:10 ] Fiddle | TB(0) | CM(6)

うほほ

ついに師匠が東京進出されましたか~。

てかステップ踏みや付箋ボウィングもやってるんだ(笑)
なんだか、私のところでテストして良ければ採用してる
ようにも見えちゃいますね~。私の時には付箋ボゥイング
はやったことないと仰ってましたから。

先日、「予想以上に効果が出てますね」といわれたので、
制式採用になったのかな?(爆)

師匠のジグは本当に2音が短いでしょ。ほとんど擦過音^^;
もちろん曲によって使い分けてますが見事なノリですよね~♪
[ 2008/03/09 09:57 ] [ 編集 ]

えへへ

>せばすちゃんさん

ご無沙汰あるね。九州襲撃準備は順調あるか?

マスター大森、今年は既にいくつか東京でのイベントも決まっておられるご様子。楽しみあるね♪

>ステップ踏みや付箋ボウィングもやってるんだ

はい、嬉々としてやっておられましたよ(笑)
ステップのときは思わず「床を踏み抜くくらいやればいいんですよね?」と突っ込みそうになりました(爆)
銀座の文房具店が開いていたということで付箋はわざわざ購入されたようですよ。なかなか長さがあわず「思ったよりボクも弓を使ってませんね」と苦笑いされてました。

>師匠のジグは本当に2音が短いでしょ。ほとんど擦過音^^;

そうですねぇ。個人的にはもう少し音価がある方が好みなのですが、色々と使い分けると奥行きが出そうですね。練習してみます。付箋は貼りませんが^^;
[ 2008/03/09 10:25 ] [ 編集 ]

どもでした

フィドルのレッスン興味深かったですー
付箋とかリズムとか。
ライブも素敵でした♪

まっつんこさん、この後は?と聞かれたときに
来たな(ニヤソ。と思ったのは内緒の話w

昨日T田さんにIndependent Hornpipe吹いてもらいました♪
笛だけでなくテナーバンジョーでもさらりと弾いていました
なんでもできるなー!うらやますぃ。

[ 2008/03/10 21:15 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした

>まっつんこ さん

充実したワークショップでしたね♪

代々木公園は陽が当たる場所でないとまだ寒かったですね。
Independent を一緒に練習できたのは実にありがたかったです^^

T田さんはねぇ、何でもクールにこなしちゃいますねぇ。
100分の1でもいいから、あの才能がほしいあるね。
[ 2008/03/10 23:06 ] [ 編集 ]

おつかれさまでしたっ。

ワークショップお疲れ様でした~。

ワークショップもずいぶん久しぶりに参加した気がしますが
その場では(とりあえず)弾けるようになるんですが
帰ってから楽譜みると。
「????」ってな感じになってしまいます(^^;
弾けてなかった証拠だなと、撃沈です(涙)
模範(?)演奏音源聴きつつ、復習です(^^;

Jigのリズム、独特でしたね~。
あんなに短いんだ! って驚きでした。
精進します・・・。
[ 2008/03/11 10:48 ] [ 編集 ]

ワークショップ

>SAMIさん

先日はお疲れ様でした。充実したワークショップでしたね。
スウェーディッシュは今回初習いだったし、あそこまで2音目が短いジグの弾き方も初めてで勉強になりました。曲は見事に記憶から抜け落ちちゃってますが・・・苦笑
[ 2008/03/11 12:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/391-d76944c1