FC2ブログ






「あれ」な仕事に、「ゴルゴ」な上司に、「あれ」なイベント・・・

いきなり何の話?、であるが・・・(苦笑)、私の職場には通称「ゴルゴ」がいらっしゃる。
Gorugo.gifこの方、チャメっ気もあるのだが、記憶力抜群でこちらが忘れたフリをしても「お前は忘れても俺は覚えているぞ!」と凄まれるし、頭が切れる上に理にかなわない事象があると「何でだよ!おかしいだろう?ちゃんとやれよ!」と瞬きひとつせずに(←これ、重要ね)、相手を射殺すスナイパーな目線をされることから私が命名した。風貌もちょっとそれっぽいんだな、これが・・・。以前は足が飛んでいたことを鑑みると加齢とともに随分丸くなられたなぁ、とは思うけれど。
(因みに私の入社以前の話であるが、その当時彼の上司だったさる役員様は気に入らない決裁が回ってくると「無礼な!こんなものは私は見たくない!!」と決裁を投げつける(!)ことでユーメイだったらしい。税法を部下に確認した上で「おかしいから法律を変えさせなさい(!!)」と部下に指令したとか、夜中遅くまで残業している部下に「急がないよ。明朝聞くから(!!!)」と指示を出したりいう逸話に事欠かない方だったようである。この方に限らず昔は激しい方が多かったようですな・・・笑)

件のゴルゴ様、丸くなられたとはいえいつ雷が落ちてくるかは神のみぞ知る話、瞬きの有無を確認し(←当然ながらこれも重要、ね)ご機嫌を伺いながら虎の髭を弄ぶかの如く彼の下で仕事をしているわけであるが、困ったことにこのお方、ミッション・インポシブルなことをよくお命じになる
地元で平穏な8年間を過ごしていた私を根こそぎ引っこ抜いて君津へ異動させたのも彼だし、現在頻回に尼へ出張しなければならない仕事を私に命じたのも彼だ。さらに何たらマスタープランなる変な(爆)仕事にも付き合わされてただでさえ多い出張がさらに増えたし、遂にはある部門のコンプライアンスに関わる調査まで手許に来てしまった。私が周囲から「事件屋」(≒平時には何の役にも立たない・・・)だの「火事場泥棒」だのと揶揄される諸悪の根源ともいえる。ま、ムチャなミッションが多いので多少お目こぼしいただいているのも事実だが・・・苦笑。

人間、当然ながら各々の能力は違うけれど、同時進行の仕事をこなす限界はどれくらいなのだろう?これまでの経験上、私自身は3つが限界である。それもデイリーの作業ではなくマンスリーならの話である。ところが今は遥かにその許容量を越え始めている。ただでさえ忙しい年度末、如何に仕事嫌いとはいえさすがに残業・休出が多発している現状だ。

長々と書いたが、要するに「セント・パトリックス・デイ」にまつわる行事はほぼ全滅だということを書きたかったに過ぎない(爆)

Yuta さんからはCock O' & Warrior Celt チームのパレードに誘っていただいたのだが、当然ながら出席ならず、しかしながらパレード後はどこかでセッションされるということだったので場所を連絡いただくようにお願いはしていた。「銀座か六本木か」という感じだったがやはり予想通り六本木に確定した旨を連絡してくださったので、キリのよいところで仕事をおえて19時頃にCock O' The Walk へ。
CockO_20080316_1.jpgすし詰め状態かと思っていたが案外席にはユトリがある。聞けば既に帰った方も結構いらっしゃったらしい。考えてみれば16時頃からセッションを始めたらしいから、既に普段の規程時間に達している。銀座からハシゴされた方、銀座へハシゴされた方、まぁ皆さん、よくおやりになる。やっぱり「あれ」な人はこの世界、多数いらっしゃいますな(笑)
「セント・パトリックス・デイ」記念で、ギネスにジェムソンは一律500円の嬉しい価格設定、久し振りのMiwa さんにジェムソンを注文してからセッション席へ。


いきなりセッションメンバーからは予期せぬ質問が飛んできた。

不特定多数のセッション参加者「今日は関西から来られたんですか?

「えっ??????」(何なんだ、この意味不明な質問は・・・

Komegさん新幹線を自家用車みたいに乗り回しておられるから、てっきり・・・(爆)」

まゆさん「そうそう、何があっても不思議じゃないですよね」

全くもってその場にいないと何を言われているかわからん危険な世界だ。
さらにセッションの模様を録音してると・・・

Yuta さん「熱心に音源を録音されているから、次回は録音した曲を全部弾いていただきましょうかねぇ」

とイタズラっぽく笑いながらプレッシャーを・・・。
ここにもゴルゴがいるのか!

皆さんは昼間のパレードからぶっ通しだから途中参加の私はなかなかテンションがついていけない。Yuta さんもKomeg さんもまゆさんも「さすがに疲れたよね」とまったりされる瞬間があるのだが、曲が始まると再び熱狂の坩堝と化していかれる。私ゃ、さすがにそこまではできませんで。持ちネタも尽きるだろうし・・・。

といいつつも、Komeg さんからは「Laird Of Drumblair」の前につけるハイランドの曲を弾いてくださったし、Mike さんからは「Strayaway Child、今日はやらないのかい?」と声を掛けていただいたので「Strayaway Child / Kesh / Arthur Darley's Swedish Jig」のロング・セットを。ベロベロになりながらも「Bill Sullivan (in D) / Britches Full Of Stitches / Egan's / Tolka / Finnish / Bill Sullivan's (in A)」のウンザリするポルカ・セットも出してたな・・・。Mike さんだったかが弾いてくれたHornpipe の後ろに「Independent」をくっ付けてみたが、Yuta さんからは「だいぶん形になってきましたね」と一応進歩を認めていただいた。

結局何だかんだで終電前まで続いたセッション。遅れ参加の私でさえ5時間近くセッションの場にいた。ましてパレードから参加されていた方達は・・・。いやはや、お疲れ様でした。どうも今週のWarrior はオール・ナイトとの噂がチラホラ。覚悟が出来たら伺います・・・爆

最後に・・・。
Miwa さんが珍しく一時期客席の方で話をされていたのだが、これはすごくよい話を聞けた。

「Yuta はホント凄いよね。それまで全く経験ないのにいきなり笛を渡されて地道にここまで。始めたころの彼の姿を知っているから、ホントにここまでの奏者になったことが凄いことだと感じるのよ」

素晴らしい!少しでも近づけるよう精進いたします。
スポンサーサイト



[ 2008/03/17 23:21 ] Session & Event | TB(0) | CM(8)

「瞬きひとつせずに」にばかウケしました。
今度その方の後ろに立ってみてください(笑)

お仕事めちゃくちゃ忙しそうですね。
体調崩しませんように。
[ 2008/03/18 01:14 ] [ 編集 ]

背後霊

>reiさん

これ、本当の話で彼が納得できない話が出ると瞬きせずジロっと相手を見るのが特徴なんです。これを察知せずに説明を続けるとさぁ大変・・・^^;

そんな訓練はさすがに受けておられないから背後に立つことは可能ですよ(笑)。瞬きなしモードのときは危険そうですが・・・^^;

体調、既に崩れております(爆)。どうやら昨日が体調最悪だったようでそろそろ快癒に向かうか、と。reiさんもキョート疲れ、早々に癒してくださいね。
[ 2008/03/18 07:48 ] [ 編集 ]

やっぱりね…

思ってたんですよ、「あれ」って書かれるんじゃないかと…(笑)。
「Laird Of Drumblair」は何か1曲付けるとちょうど良い長さになるかと思うのですが、なかなかしっくりくるのが思いつきません。また何か考えてみます。。。。

しかし、ゴルゴ様、、、実は現職場にも前々職場にもいたんですよ(笑)。当方は風貌だけですが…。
ゴルゴ様にめげずに、、、もはーさんも立派な「あれ」のように思います。
今度は明日ですかね? よろしくお願いします。
[ 2008/03/18 10:48 ] [ 編集 ]

さすが・・・(笑)

>こめぐさん

先日はお疲れ様でした!
ほぼ12時間?演奏を続けられる体力に豊富なレパートリーは感服いたしますが、予知能力まで備えておられるとはビックリ!私が勤める会社の業界までドンピシャでしたからね。「あれ」を凌駕する新たな勲章を授けたい気分ですよ(笑)

Laird Of Drumblair、この間のハイランドからの流れも好きですよ。私も色々物色してます。

ゴルゴ顔って多いんですかね(^_^;)
怖いながらも「これならどうかな」とか、ついついイタズラ心が起きるあれなピヨラーです、私(笑)
[ 2008/03/18 12:26 ] [ 編集 ]

ゴルゴが職場にいるのですかー。
違う部署だったら面白いのに♪
直属の上司はなかなか厳しいかな。

前の会社に 昔、機嫌が悪くなると机をけって社内で
あばれる新人さんがいたそうです。
えらいのが入ってきたなーと上司一同見守って
いたらしいです(笑)
(その方無事に昇格され、今は温和ですv)
[ 2008/03/18 17:31 ] [ 編集 ]

暴れる新人・・・

>じぇしかさん

ご無沙汰しております。
ゴルゴ、居たら居たで面白いことも結構ありますよ(爆)

机を蹴る新人ですかぁ、私の一年下にいましたよぉ・・・苦笑。
我慢が足りなくてとっくの昔に辞めちゃいましたが・・・。
[ 2008/03/19 02:35 ] [ 編集 ]

蹴る新人さん☆

蹴る新人さん、いるものなのですね(驚き!)
最初話しを聞いた時はびっくりしました。
それはありなんですね。。。みたいな(笑)

ゴルゴ様 面白かったりするのですね。
窓からライフルだして磨いてたりして(←ありえんっ)
[ 2008/03/25 21:42 ] [ 編集 ]

バブルな頃には・・・

>じぇしか さん

私自身も「デキが悪い」バブル時代の入社ですが、この時代入社では随分な方が多く入社されてたようです・・・苦笑。
ある意味、「あれ」な新人かな^^;

ゴルゴ様は面白い方ですよ。ほれ、紙一重な危険がある方が刺激もあるでしょ?。何やってもOKなんて環境は自由度がありすぎて逆に面白くないものあるね(爆)
ライフル現物はさすがに持っておられないと思いますが、瞬きひとつしない目線はそれに匹敵する武器ですよ・・・(笑)
[ 2008/03/26 00:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/393-6a819dd7