FC2ブログ






引き続き有馬記念ネタ

さて、前回重箱の隅的データ解析がすんだところで、有馬記念の考え方をちょっと整理してみた。
やっぱり、ディープインパクトの取捨が最大のテーマになると思う。3歳馬が古馬と対戦し始めてから、実は重賞では3歳馬の分が悪い。中長距離戦では、JCダートを除きここまで勝ち馬が出ていないことから、一部マスコミが今年の3歳馬のレベルが低いと取り上げているのは、ある意味当然とも言える。三冠馬が出る年はレベルが低いというのも一理ある。しかし、これはあくまでもディープ以外の馬に当てはまることであって、ディープ自身は時計面から見ても、例年のクラシックホース達に劣るとは思えない。

と、考えてきて頭にチラついたのが、今年の皐月賞である。前哨戦の弥生賞が僅差の接戦だったことから、ディープの強さをどこまで信じるかが非常に難しかった。他馬陣営もうまくいけば勝てるかもしれないと思っていただろう。しかし、結果は落馬寸前の出遅れをやらかしながら、あっさりと勝ってしまった。あわよくばを狙っていた有力馬はすべて早めに仕掛けて足が上がり伏兵シックスセンスが2着に突っ込んできた。

この図式、今回の有馬記念にも当てはまると思う。何せ古馬はディープと対戦したことがないわけだから、うまく競馬すれば勝てると思っている陣営は少なくないだろう。常識的に考えてディープと同じ位置から追い比べたのでは分が悪いから、早めに仕掛けてゴールまで押し切ろうという判断になるのではないかと思う。もし、そういう状況でディープがやはり強くて、後続を引き離すような結果になったらどうだろう?有力馬は足が上がり、無欲で脚をためていた伏兵が突っ込んでくる可能性が高いのではないか。

したがって、ディープが一着に来たとき、着差次第で2着・3着がガラっと変わる気がする。一馬身以内の着差なら実力上位馬同士の決着、二馬身以上ついてしまえば人気薄が2着か3着で、もう一頭は実力馬が来るのではないだろうか、というのが私の読みである。

現時点でほぼ腹は決まっている。オッズ次第で買い方に変更があるかもしれないが、三連単なら

1着:ディープインパクト
2着:リンカーン、スズカマンボ
3着:ゼンノロブロイ

が本線。
三連複は多分あまりつかないだろうけどオッズ次第では、ボックスで押さえてもよいと思っている。要するにディープが派手に着差を広げて圧勝すると判断した、いやそういう競馬を期待した結果である。
スポンサーサイト



[ 2005/12/23 15:19 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/40-27965972