FC2ブログ






光のどけき春の日に・・・

予算と決算の端境期、ほんの束の間の安息日である。
思えば入社した頃は上司・先輩から「この仕事は花見なんぞ縁遠いからな」と念を押されたものだった。個人的には桜の花を見ること自体は好きであるが、如何せん酔っ払いも多いし花の側にはできれば近寄りたくない。目線より上と下であまりにも光景が違うからね(苦笑)

土日の八重洲さくら祭りはチョイと寒い、花冷えな気候だったがようやくここ数日は春めいてきた。若干、疲れが抜けきっていないと思いつつも六本木へ。定例のCock O' The Walk Session だ。
Warrior Celt Session といい、ここのセッションといい、最近は大盛況で通常のセッション場だけでは捌ききれず、他のテーブルも使用することもしばしばである。多分今日も多いだろうと思いつつ店に着いたら実に小ぢんまりとした集まりになっている。(でも最終的に11名だったからじゅうぶん多い。ここ最近が多過ぎたからねぇ・・・笑)

どうも演奏中に食事が運ばれてくると集中力が途切れるし、運んでくださる店の方も楽器の隙間を潜り抜けて運んでこられるので申し訳ないなぁ、とも思うので、食事を済ませてからセッションの場に混ざるのが最近の私のスタイル。Yuta さんもこめぐさん達もそのあたりをよく理解してくださっているのもありがたい。問題は食事が出てくるタイミングが遅れるほど、酔いも回ることなんだが・・・苦笑。

さすがに疲れが隠し切れなかったようで、セッションの場に混ざる前にはYuta さんから「さすがに少々お疲れのようですね」と突っ込まれた。疲れが抜けきれていないことに加えてこの季節柄。「春眠暁を覚えず」とはよく言ったもので、通勤途上もよく寝ている私、ボーっとしていると眠気に誘われてしまう。

それはさておき・・・

食事を終えて空き席に座ると、これがなかなか凄い席。左に「アー」なこめぐさん、右には手負いのなかじさんという凄腕フィドラーに挟まれ、対面はKing のYuta さんという豪華な席だった。
なかじさんが出したリール・セットに入っていた「Lafferty's」が私の本日の初音出し。間があいたところで最近ツボの「Garret Barry's / Cliffs Of Moher」(double jigs)を。まだ弾き込みが足らず無事故で終えることができないが、まずまず好評だったようでヤスコさんからは「おぉ、Martin Hayes の雰囲気!!」などと声を掛けていただいた。

本日は酔いの回りもなかなか早く、出したセットはことごとく事故った(爆)。初出しした「Glen Cottage Polka」とか「Galway Hornpipe」あたりは致し方ないと思うものの、「Independent Hornpipe」、「Laington's Reel」などは大破気味、「Laird Of Drumblair」も燻っていたし、「Tolka」も派手に何度かコケてた私・・・。うぅ、すみませんです・・・。

そんな調子でもセッションの場は季節さながらに暖かくまったりムード。そんな中、ドーリンさんとマイクさんは素晴らしい歌声を何曲も聴かせてくれた。柔らかく美しく、素晴らしい歌だった。心が洗われる感じでございましたよ。
程よい人数でがっつくことなく終始まったり進んだセッション、後半はT田さんも参戦でドーリンさんとかマイクさん達は彼の演奏を凄く気に入っていたみたい。いい曲一杯出してましたねぇ、相変わらず。
みなさん、毎度ながらありがとうございました。事故死せぬよう、もう少し精進して次の機会に挑みますのでよろしくお願いいたします。

参加できた曲達(多分)
(polkas)
Glen Cottage / Tolka (Hoof And Mouth / Kevin Burke's Open House)

(double jigs)
Garret Barry's / Cliffs Of Moher (Celtic Fiddle Festival)
Strayaway Child (Sweeney's Dream / Kevin Burke)
Kesh (After Hours / Bothy Band)
Arthur Darley's Swedish (Play On / Celtic Fiddle Festival)
Lark In The Morning (Liege & Lief / Fairport Convention)

(hornpipes & strathspey)
Galway (50 Fiddle Solos / Aly Bain)
Independent (An Irish Evening / Chieftains)
Laird Of Drumblair (First Album / Bothy Band)
King Of The Fairies (Sweeney's Dream / Kevin Burke)

(reels)
Lafferty's (Promenade / Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill )
Boys Of Malin / Gravel Walks (Fiddle Sticks / Ciaran Tourish)
Paddy's Trip To Scotland / Dinky's / Shetland Fiddler (The Best Of Altan / Altan)
Mountain Road (Hidenori Omori's Sheet Music)
Morning Star / Stars Of Munster / Laignton's (Encore / Celtic Fiddle Festival)

(O'Carolan's 他)
Planxty Irwin (Planxty)
Josefin's Waltz (Blueprint / Natalie MacMaster)
Carolan's Concerto / Loftus Jones (Play On / Celtic Fiddle Festival)
スポンサーサイト



[ 2008/04/03 20:35 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

お疲れさまでした!

そんな大きな事故ではありませんでしたよ~。
私はやっとこさ考えた、とみぃ・人々セットが大事故でした・・・。3曲目が新曲だったからまぁしょうがないか…。
次回チャレンジのときは、無事故無違反でいきたいものです(笑)。
歌も多くて楽しかったですね!
Scotsセットは相変わらず探究中。次回はまだ無理かな。。。
[ 2008/04/04 10:40 ] [ 編集 ]

毎度ど~も♪

>こめぐさん

先日はお疲れ様でした。
相変わらずの見事なヒドル捌き、堪能しましたです。
富人々せっと、次回を楽しみにしてます。お互い、無事故無検挙で渡り歩きたいですね(笑)
[ 2008/04/04 12:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/400-16fa6913