FC2ブログ






Cape Breton Fiddler's Welcome To ・・・

Live In Cape Breton / Natalie MacMaster
LiveInCapeBreton.jpg買わねば、買わねばと思いつつ、タイミングがあわずここまで延び延びになってしまったこの作品、新宿マンドリン研究会がはねた後に新宿ディスクユニオンに立ち寄ってようやく入手した。
You Tube でもかなりの動画がヒットするが、こうして正式にライブ映像が出るのは喜ばしい限りですな。


1. Welcome to the Trossachs
(Gravel Walks/Colonel Thorton/The Hurricane)
2. The Silver Spear
(The Silver Spear/The Glen Road To Carrick/Lad O'Brien's Reel)
3. Traditional Medley (with Bela Fleck)
(The Lass Of Corrie's Mill/Lennox's Love To Blantyre/Pottinger's Reel/Reichswall Forest/Mr.Bernard)
4. Jig Party
(Traditional Jig/The Butlers Of Glen Avenue/Annette's Chatter/Dr.Ian Mac Aonghais)
5. Flea as a Bird
(Flea As A Bird Clog/Tribute To Stan Chapman Reel)
6. Ave Maria (with Hayley Westenra)
7. Tullochgorum
8. Anniversary Waltz (with Donnell Leahy)
9. G Medley
(Duke Of Gordon Birthday/Betsy Robertson/Aliyah Leahy's Baptism/Karen's Reel)
10. King George Medley (with Buddy MacMaster & Cape Breton Fiddler's Association)
(King George The Fourth/The Old King's Reel/King's Reel/Miss Lyle Reel/The Bridge Of Bamore)
11. Pretty Mary Medley
(Reel O'Tulluch/Maggie Cameron's Strathspey/Drunken Landlady/Rejected Lover/Tide Is Out/Pretty Mary)

Bonus Tracks:
12. Drum Dance
13. Step Dance Extravaganza
(Moxham Castle Strathspey/The Sally Garden's Reel/The Dismissal Reel/We'll Aye Gang Back To Yon Town Reel/Bush Reel/The Muileann Dubh Reel)
14. Bela Solo
15. Volcanic Jig

Recorded in October 2006 at the Celtic Colours International Festival in Cape Breton with Bela Fleck, Carlos Nunez and more.

以前に「なたり~さんといっしょ... などというナメた記事を出したことがあるが、とにかく素晴らしいフィドラーである。先述の記事で彼女の教則DVDは採り上げたわけであるが、ようやく彼女のライブ映像が正式に発売された。

彼女のフィドルは某中古CD屋で買った『No Boundaries』が直接的なきっかけである。アイリッシュともスコッティシュとも異なるノリ、異様に長いセットなど随分ビックリさせられたものだ。

Natalie_GravelWalks.jpgさてこのライブ映像、のっけから「Gravel Walks」という強力な幕開けだ。Cape Breton らしい後ノリ気味というか、アイリッシュにはないビート感が非常に心地いい。彼女がステージに小躍りしながら現れた瞬間に会場は総立ちとは言わないまでも、スタンディング・オベーションでお出迎えする様も圧巻だ。


バンド・メンバーでの演奏に加えてゲストを交えた演奏もいくつか収録。まぁ、お祭りという要素もあるのだろうけど、Bela Fleck との共演を映像で観れるのはなかなか嬉しいかも。下段の写真は旦那さんとの共演。
NatalieAndBela.jpg
NatalieAndLeahy.jpg


そしてそのゲスト達の中で映像的に際立っていたのはこれかな。Buddy MacMaster は動いているところを初めて見た。Natalie が足を高く上げてステップを激しく踏みながら弾く「動」のフィドラーなら、Buddy の方はステップもそう目立たず淡々とフィドルを弾く「静」のフィドラーという好対照の組み合わせでもある。そして背後にいる無数のフィドラー達、Cape Breton Fiddlers' Association の面々である。ここまで揃うとオーケストラを通り越して合唱団ならぬ合奏団ですな(笑)
CapeBretonFiddlers_1.jpg


ボーナス・トラックも所謂「オマケ」的なものではなく、本編に入っていても不思議ではない内容。ダンス最優先で、ダンスをマスターしてからフィドルを習ったらしいが、ドラムとの掛け合いで見事なダンスを披露してくれている。


ついでと言っちゃぁ何だが、Natalie & Buddy といえば・・・

Natalie And Buddy MacMaster
NatalieAndBuddy_CD.jpgついでにこれも併せてゲットしてきた。最初から最後まで和気藹々でノリノリの素晴らしい作品である。


こちらの収録曲は・・・。

1. The King George Medley
(King George the Fourth/The Old King’s Reel/The King’s Reel/Miss Lyle Reel/The Bridge of Bamore)
2. The Little Pickle
(Pet of the Pipers/The Little Pickle/The Rosewood Jig/The Road To Skye/Scotty’s Fitzgerald’s (Sandy MacIntyre) )
3. Scourdiness
(MacKenzie Hay/Scourdiness (Charles F. Sherritt)/Miss Baigrie)
4. The Red Shoes
(Welcome to the Trossachs (Wilfred Gillis)/Miller O Drone/Miss Lyle Strathspey/The Devil in the Kitchen/The Margaree Reel/The Yetts of Muckart/Mrs. Margaret MacDonald’s Delight/The Red Shoes (Dan R. MacDonald)/Bonnie Nellie)
5. The Dougall Creature
(Mom’s Jig/The Soldier’s Cloak/Come Haste to the Wedding/The Inverness Jig (J. D. Kennedy)/The Man on the Moon/Tipperty Jean/Miss Campbell’s/The Dougall Creature)
6. Primrose Lasses
(Niel Gow’s Lamentation for James Moray of Abercairny/Miss Ann Moir’s Birthday/The Duke of Gordon’s Birthday/The Primrose Lasses/The Bear in the Buckwheat)
7. Iona House (Buddy Solo)
(Iona House (Wilfred Gillis)/Daft Willie Dawson/Willie Fraser’s (Donald Angus Beaton)/Lady Mary Stopford/The Lasses of Stewarton)
8. The Stage
(The Stage Hornpipe/The Tarra Broach/Laybourn’s Hornpipe/Blind Nora O’Neill/The Bonny Lass of Fisherrow)
9. The Leg Of The Duck
(Jessie Ann’s Favorite (Gordon MacQuarrie)/The Rose Burn (Dan R. MacDonald)/Bain’s Jig/Mrs. A. MacGlashan/The Leg of the Duck)
10. The Warlock
(The Warlock/Bog an Lochan/Flora MacDonald/The Nine Point Coggie/Malcolm Finlay/Johnny Sullivan’s)
11. The Bonnie Lass of Headlake
(The Bonnie Lass of Head Lake (Gordon MacQuarrie) )
12. Wilfred’s Fiddle
(Wilfred’s Fiddle Jig (Dan R. MacDonald)/The Clay Pipe/Sandy McGaff/The Unfortunate Rake/The New Fiddle (Dan R. MacDonald) )
13. The Ten Pound Fiddle (Natalie Solo)
(The Bald Headed Bachelor/The Sunshine Hornpipe/The Ten Pound Fiddle/Mrs. Smyth of Methven’s)

・・・、曲数多すぎじゃ・・・(爆)
スポンサーサイト



[ 2008/05/31 01:20 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(4)

あ、

デーブイデーのボーナス#15のボルカニックジグって、変な曲ですよねぇ。
覚えようとして断念した覚えが。。
[ 2008/06/01 14:45 ] [ 編集 ]

長くややこしい・・・

>@嬢

Volcanic、ややこしい曲ですねぇ。何パートあるかなぁ・・・。後、他の曲と被るフレーズも満載で他の曲と混ざってしまいそうあるね。@嬢でも断念される曲があるんですなぁ・・・^^;
[ 2008/06/01 15:34 ] [ 編集 ]

親近感倍増です♪

こんにちは!ご無沙汰しております~(>_<)Natalieさんの文字を見つけ、飛んで来ました(笑)
このDVD、迫力満点ですよね~(^-^*)うちもちょっと前からSilver Spearのsetを練習してます。Volcanicもちょこちょこ弾いてるんですが、やっぱり長いのと複雑にパートが組み合わせてあるのでご本人と同じには弾けず(^-^;)

以前、モハーさんの「なたり~さんといっしょ」の記事を拝見して、妙に親近感が湧いた記憶があります。周りではあまりNatalieさんの知名度が高くなので、嬉しかったです♪
東北出撃の際は是非お声をかけてくださいね!
[ 2008/06/02 08:54 ] [ 編集 ]

ご無沙汰してます~

>TRAD(♀)さん

このDVD は美味しいですよね。ステージ映えするし、ダンスも上手いしフィドルはカッコええし・・・。コンスタントに作品も発表してくれるのでありがたいフィドラーです。来日してほしいなぁ・・・。

噂によるとケープブレトンのピアノに範をとってアコーディオンで素晴らしいバッキングをされてるとか♪。是非次にお会いするときには聴かせてくださいね。

>東北出撃の際は是非お声をかけてくださいね!

はいな。ただいま、いろいろとスケジュールを考えているのですが、14日のセッションは横浜のセッションと被ってました・・・残念。
[ 2008/06/02 12:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/414-abac6791