FC2ブログ






存在感・・・

セッションに参加していると色んな面白い出来事に出会うし、とんでもない存在感を持つ人材にお会いすることも稀なことではない。現実に楽器扱いやら曲の歌わせ方やらという側面で強烈な存在感を感じたことは数知れずだ。例えば、同じフィドラーでも、例えば私レベルのフィドラーが揃っている中に@嬢やらpadawan氏やら熊さんなんかが混じれば、フィドルが何台あろうがその人物はとてつもない存在感を放つことになる。

一方、持参される楽器そのもので既に強烈な存在感をアピールするものもある。例えばイーリアン・パイプスなんてセッションの場に存在するだけで周囲の目を釘付けにするだろうし、そこから出てくる旋律が間違いなくそのセッションの花形となることだろう。

padawan氏のご成婚報告会を終えた私はその足でそのまま横浜に向かった。毎月第○土曜日みたいな日程設定ではないけれど、ほぼ毎月開催されているGreen Sheep Session へ参加である。
定刻より遅れること30分ほど、お店の前に着いた瞬間に驚いた。店の入り口に最も近い席に存在感を強烈に放つ楽器があったのだ。

それは・・・

GreenSheep_20080726_all.jpg


ハープである。

イーリアン・パイプスもそうだが、ハープもセッションではなかなかお目にかかる機会がない。私の場合、古くはIrish Times のSession でちえこさんが持参された(過去記事はこちら)のが私にとっては最初だったか・・・。新しいところでは、昨年初めてお目にかかりC国遠征を見事に迎撃してくださったmayuさんの演奏は印象深かったし、最近ではWarrior Celt のセッションでも何度かお目にかかるハープ奏者がいらっしゃる。たまに練習会にお越しになるreiさんもハープを練習されている。

本日お会いした嬢はこれまでお会いしたハープ奏者達と違った側面を持つ素晴らしい演奏をいくつも聴かせてくれた。旋律楽器としての演奏もさることながら、バッキングも滅茶苦茶うまいし他の奏者の演奏への反応が早い。聞けばクラシックのハープを習いつつ、アイリッシュ・ハープの魅力にとりつかれ、気付いたら本国アイルランドまで習いに行っていたとか。演奏は勿論、話もしっかりしていて面白いし、音楽に向かう真摯な姿勢には酔っ払いながらも感嘆した次第。(現地についてはじめて、英語が喋れないという問題に気付かれたらしい・・・。正しく「あれ」だ・・・笑)

因みにこの日のGreen Sheep Session、たぶん開催以来最も参加者が多かったセッションだった。グーパパさんが所要で欠席だったにも関わらず、蛇腹が3名、フィドルが延べ4名に、笛が3名?(一人はコンサーティナと掛け持ち)にマンドリンが1名。しかもセッション参加者のお子さんも4人。みんな仲良く遊んでいてセッションしながらその光景を眺めるのが凄く楽しかったなぁ。
久し振りにオキャロランも結構弾いたし、カトリオーナ・マッケイばりのバッキングにのって心地よいダンス・チューンも随分弾かせていただいた。これは横浜名物になるかも、と喜んだセッション常連メンバーであった。
スポンサーサイト



[ 2008/07/30 01:01 ] Session & Event | TB(0) | CM(8)

わあ

そのハープの方にお会いしてみたいですー!!
カトリオーナばりなんてすごすぎです!!
[ 2008/07/30 12:17 ] [ 編集 ]

是非是非生で体験を♪

>名無しの権兵衛さん

reiさんかな・・・(笑)
音色は綺麗だし、タッチも力強くて他の楽器に全然負けていませんでした。よいものを拝ませていただきましたよ、ホント♪

Green Sheep セッション、確か来月は17日(日)と仰ってたなぁ。宜しければお越しください。ご本人が登場されるかどうかはわかりませんが・・・(爆)
[ 2008/07/30 12:51 ] [ 編集 ]

また来てくれると良いなぁ

私の日記の方でちゃんとレポートしてなくて、モハーさんが書いて下さって良かった。ありがとうございます。ホント、私も同じ印象を持ちました。あれくらい大きい本格的なハープを目の当たりにするのは初めてだし、低音があんなに効果的にバッキングに入ってくると素敵ですね。
昔は都内のセッションに出かけてたけど、今はホームグラウンドで蜘蛛の巣に掛かる獲物を待つ状態。出かけてた時より、数倍エキサイティングな体験をさせていただいております。
[ 2008/07/30 15:15 ] [ 編集 ]

ですよねぇ♪

>COCO小泉さん

先日はお疲れ様でした。毎度楽しい時間をありがとうございました♪

あのサイズのハープとなるとなかなかお目にかかる機会も少ないですよね。しかも演奏も凄かったし、あの存在感は素晴らしいです。

私も毎回エキサイティングな体験をさせていただいてますよ♪

[ 2008/07/30 21:39 ] [ 編集 ]

名前入れるの忘れてました。
すみませんー。

やっぱり大きいハープほしいです。
重低音好きの私としては今のでは物足りないんですが、それすらちゃんと弾けてない状態なので、もうちょっとお金貯めつつがんばります。
[ 2008/07/30 22:29 ] [ 編集 ]

お気になさらず(笑)

>reiさん

あのサイズのハープはやっぱり欲しいでしょうね。持ち運びは大変ですが、音色等の魅力を考えると・・・。
いつか入手できるといいですねぇ。楽しみにしてます♪
[ 2008/07/31 01:10 ] [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは、お久しぶりです

私も、そのハープの方にお会いしてみたいです
mayuは未だにバッキングが下手っぴいなので、
相方さんは不満だろうなぁ…(^^ゞ

どちらのハープをご使用なんでしょう?
その辺も興味津々です
[ 2008/08/01 11:36 ] [ 編集 ]

ご無沙汰しております♪

>mayuさん

松山では活躍の場がどんどん増えておられるようで素晴らしいですね♪

バッキングって、ほんと難しいなぁと思います。
フィドルを弾いているとついついメロディにはしりがちですが、バックアップしてくださる方達の演奏にも結構左右される部分があって、ひとりでブズーキの練習をするときなどにはその奥の深さに沈み込みそうになります。

Northern Lights の演奏は既によい意味で形がありますね。相互に満足というのもある意味発展性がないので、これから更なる進化があることを私も楽しみにしています♪

すみません、ハープの製造元、失念いたしました。確認の上ご連絡申し上げます。
[ 2008/08/01 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/430-ee540d1e