FC2ブログ






Pot Still の夜

話は5ヶ月ほど前に遡る。

toyamaares.jpgゴールデンウィーク直前にオールナイト・セッションという極めておバカなイベントが大阪のフィドル倶楽部であったのだが(過去記事はこちら)、そのときに何と北陸は富山から遥々参戦された奇特な御仁達がおられた。テメエのことはうっちゃって、世の中には物好きな方がおられるなぁと感心しつつ、これで未踏の地北陸にも足掛かりが出来たとほくそ笑んだのは公然のナイショ話である。


9月13日は、鴨練&アイ京ライブ@大阪守口やら定禅寺ストリートジャズフェスティバル@宮城県仙台など実は遠征には事欠かないイベント事が各地であった。そこに件の「あれ」な方@富山のZENさんからこんなメッセージが届いた。

「富山のアイリッシュパブの5周年記念が9月12、13日の両日と決まりました。
ねらい目ですのでお知らせいたします。 」


何でも5周年記念でセッションを両日ともに開催されるらしい。

鴨練&アイ京ライブは全く合わせ練習に参加できないという地理的ハンデが引っ掛かって今回は自粛、定禅寺ジャズフェスはTRAD さんのブログを見る限り相当数のメンバーが揃いそうだし毎年盛況で来年もチャンスがあるだろう、ということ並びに「未踏の地」への憧れから北陸路を選択した。先月末に「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」という滅茶苦茶楽しそうなイベントにもお誘いを受けていたのだが、諸事情で参戦できず不義理をしていたしね。

17時30分にホテルのロビーで合流した3名は寿司屋で歓談しつつ軽くお腹を満たし富山駅前でサックス・カルテット+ドラムスにゲスト・ヴォーカルにオペラ歌手というなかなか面白い趣向のライブやらコミカルなマジックを楽しんでからセッション会場へと向かう。

are_2.jpgカザフスタンの撥弦楽器ドンブラの奏者で、アイリッシュではフィドルをメイン楽器にされているZENさん。アイリッシュの経験はまだ浅い方だがブランクがあるもののバイオリン歴は私などより遥かに長い大先輩。左手も右手もやっぱり合理的な使い方で流石でございました。


are_toyama_1.jpgそしてオールナイト・セッションにお越しになられていたもう一人の「あれ」な方、いっつぁんさん。とにかく多趣味な方で、楽器だけでもフルートにフィドル、ティンホイッスルに二胡をなさる上に最近はマラソンも。さらに愛読家でいくらでも本が欲しいらしい。「一日48時間欲しい」というスーパー「あれ」な方。美味しいもの巡りには欠かせない情報通であられるし、富山県内全ての道を知っているのではないかと思われる歩くカーナビでもあられる(笑)


PotStill.jpgセッションの開催場所は富山駅近くのアイリッシュ・パブ、Pot Still さん。バウロンを抱えておられる方が店長さんである。ZENさんがアイリッシュに真剣に取り組むようになったのは、昨年の「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」に出演していたPot Still Band を観て刺激を受けられてからとのことらしい。多趣味ないっつぁんさんを奸知に長けた勧誘活動で仲間に引き入れ、一気にアイリッシュ熱に染めてしまったらしい。



PotStillSession.jpgぱっと見で巨大なテーブルを囲んでいるように見えるが、実はこれはビリヤード台。この他にスロットマシーンやら(途中で遊んでみたのだが何時まで経ってもコインがなくならないのでいっつぁんさんに後をお任せしたら500円引きのコインに交換されていた・・・笑)、ダーツもある。バーカウンターは落ち着いた感じだし、店の広さもじゅうぶんあって、単なるアイリッシュ・パブというよりは酒を楽しみながら遊べる社交場みたいな雰囲気でこれは都会ではちょっとないかな、というタイプのお店で好印象。


まだお互いにレパートリーも少ないしセッションの進め方は決して簡単ではない。とりあえずZENさん達は京都のField Session 音源と大森ヒデノリさんの譜面中心のネタらしいので、基本的には頭出ししていただいてこちらが追随できるものは追随、余力があれば後ろに私が弾きたい曲をくっ付けるという展開で進めた。
ちょっと間が空いてお喋りモードになるとBGM&映像をリバーダンスに切り替えて気分転換。その間には小さめの音で曲を少し浚ってみたり、とにかく呑んで喋って親交を深める一夜。
フィドル弾きが5人(?)(内、いっつぁんさんはホイッスルにフルートが今はメインかしらん)に店長さんのバウロンが主体のメンツ。その他アイリッシュ体験組で途中からピアニカとか笛・バイオリンの方も混じってみんなで「Down By The Sally Garden」を弾いたり、後半は外人さんもパーカッションで混じってポルカを弾き倒したり・・・笑
ちょいとカオス的な展開になってしまったのは反省点だけど、あっという間に富山の夜は過ぎていく。

PotStillFiddlers.jpg

セッションの最後まで残っていたメンバーで記念写真。どこの馬の骨とも分からぬ怪しい流浪人を暖かく迎えていただきありがとうございました。
固定メンバーがなかなか増えないなど悩みも多いと聞きましたが、頑張って富山にアイリッシュの礎を築いてくださいね。今回は慌しい日程でしたが、またゆっくりとお邪魔したいと思います。



翌日、ZENさんには観光案内していただき、城端のむぎや祭を拝見。肝心の踊り倒しの宴は見ることができなかったが、映像と講習会で雰囲気は掴めたし麦屋節全国コンクール(参加者137名!!)でエンドレス的に流れる麦屋節を堪能できた。プログラムを見る限り初日の夜がよさ気な印象。城端の街をあげての祭だからその道で「あれ」な方々が踊り倒しているに違いない。来年の遠征候補だね。

え・・・、勿論踊りませんよ、私は・・・(爆)
スポンサーサイト



[ 2008/09/15 19:50 ] Session & Event | TB(0) | CM(14)

お疲れ様でした

遠路はるばるお疲れさまでした( 。・_・。)人(。・_・。 )

『来られる』って聞いたのは前日のことで、ビックリするやら、呆れるやらv-13

まだまだヒヨコ組みな富山ですが、また布教活動においで下さいまし♪ 今度はカニが待ってます(笑)

翌日の予定があって、ゆっくりご一緒できなかったのが残念ですが、またその内~デスね。
[ 2008/09/15 22:23 ] [ 編集 ]

ありがとうございました♪

>いっつぁんさん

こちらこそ呆れるような急な日程にも関わらずお付き合いいただきありがとうございました(笑)

やっぱり魚介類は美味しいですねぇ♪
カニも楽しみ。何をやってもOKの例の施設で「あれ」などんちゃん騒ぎですかねぇ(笑)

私もまだまだヒヨコです。お互いに頑張ってレパートリーを増やしましょう!!

また次回の訪問が楽しみです。
[ 2008/09/15 22:40 ] [ 編集 ]

お疲れ様です

どうもです。
なるほど、富山までの旅だったのですね。今度はどこかな?とモハーさんの動向が楽しみの一つです(笑)いずれ全国制覇・・・楽しみにしています。


[ 2008/09/15 22:44 ] [ 編集 ]

残るは・・・

>かおりさん

まぁ、いつもこんなアホなネタばかりですが・・・^^;
地方別で行くと・・・

東北(仙台)、中部(名古屋)、近畿(大阪・京都・兵庫)、四国(松山)、九州(博多)とセッションに顔を出しましたので今回の北陸(富山)を合わせると・・・、残るは北海道と中国・山陰かな。北海道はいずれあってもおかしくない気がしますが、中国・山陰は今のところ脈がないですねぇ・・・苦笑

Eraのライブ、よかったようですね。久しく見ていないからいずれ行かねば。
[ 2008/09/15 23:13 ] [ 編集 ]

やっぱり

やっぱり逝ってたのね~(笑) 私もお誘いは頂いていましたが、モロに当直でした。どうも富山から「来るな」と言われている模様…ーー;
[ 2008/09/16 00:38 ] [ 編集 ]

それは残念・・・

>名無しのせばちゃん

欠席、もとい結石の具合はいかがあるかな。富山のお二方も心配されておりました。と同時に「よくもまぁ、マメに遊んでおられますよねぇ」と呆れてビックリされてましたよ。お大事になさってくださいね。

11月初旬に連休があるのでその辺でタイミングがあえばどうかな、という話に今のところなっています。当直仕事がおありの貴殿ゆえ、なかなか難しいかもしれませんが素案が固まり次第連絡させていただくあるね。

富山県自身はどう思っているか知りませんが、少なくともあのお二人は手薬煉引いて待っておられますよ(笑)
[ 2008/09/16 00:55 ] [ 編集 ]

北陸の中でも地味なところへ

遠路はるばるお越しいただきありがとうございました。
頂いた課題曲は次回までになんとかしておきます(特に例のスライドはおもしろそうですね)。
11月ごろからおいしい魚がでてきます(といっても自分は魚をあまり食べない、地元にとっては変人ですが)。次回はどうぞうちへお泊まりください。
[ 2008/09/16 11:53 ] [ 編集 ]

お世話になりました♪

>ZENさん

セッションから観光案内まで、いろいろとお世話になりありがとうございました♪
課題曲に拘らず、気に入った曲をどんどん増やしてくださいね。お勧めがあれば是非連絡ください。私も練習しておきます。

11月だと海の幸はかなり充実してそうですよね♪

富山⇔城端車中の怪しげな音楽達もなかなか面白かったです。
[ 2008/09/16 12:40 ] [ 編集 ]

来年は仙台でお待ちしてます~

なんと!富山に行かれてたんですか~v-12
こちらは今年も大盛り上がりでしたよ!
東京からもたくさんお客さまに来ていただいて、本当に楽しかったです♪
東京からお越しの方が多かったのもあってか、仙台の友人が「あれ?今日はモハーさんは??」と言ってました(笑)
毎年大セッション大会は開催しているので、来年は是非仙台にお越し下さいね!お待ちしておりますよ~(^0^)ノ
[ 2008/09/16 20:51 ] [ 編集 ]

不義理で申し訳なし・・・

>TRAD(♀)さん

ジャズフェス大成功、まずはおめでとうございます♪

いや~、何となく北陸に呼ばれてる感じでして・・・笑
どこかのコメントで入れたんですが、仙台には会社の事業所が2箇所あって社員と鉢合わせの危険性も高いなぁ、ってのがどうも引っ掛かったのと、相当数のメンツが揃われそうだったので、まぁ今回はいいか、と・・・。

>仙台の友人が「あれ?今日はモハーさんは??」と言ってました(笑)

く・・・^^;。
実は多人数セッションってあまり得意でなくて、しかもスロースターターなので流れに乗り損ねたら楽器も出さないまま呑んだくれてしまう危険もあるもので・・・苦笑

ま、冗談はさておき、ジャズフェスでアイリッシュ三昧企画は一度ちゃんと実行せねばなりません。これは来年以降に向けての課題ということで(笑)
東北もこれから秋の味覚とお酒がいいですね。ズルっ♪
[ 2008/09/16 23:03 ] [ 編集 ]

脈は厳しいかも・・・

あと残すは北海道、山陰中国なんですね!
確かに中国・・・私もそこに在籍していましたがそういったお話聞いたことないかもです。(なので海を越えてしまったわけです)可能性が高いのは広島かな?と勝手な想像です。でも今後はどうなるかわからないですからね~、もしかしたら脈出てくるかも。


はい、ERA行ってきましたよ・・・迫力がすごくてもう圧倒的な感じでした!今度行く機会ありましたらぜひぜひご一緒に♪最近ERAのお二人だけというのが少ないようなので貴重な一時でした。
[ 2008/09/17 01:34 ] [ 編集 ]

やはり・・・

>かおりさん

山陰中国の情報ってあまり聞かないんですよね。確かに可能性が高いのは広島と睨んでますが、どう繋がりを探すかという問題もあるからなぁ・・・^^;

ERA、そういや二人だけでという機会が減っているようですね。ゲストが入るのも面白いけどやはりあの二人だけで、というのが基本ですよね。
[ 2008/09/17 07:20 ] [ 編集 ]

先日のセッション時に、「全日本、アイリッシュ音楽巡りの旅」の話、したかったのに出来ませんでしたね。
なのでこちらにネタ書かせていただきましょう。

中国地方はやはり広島でしょうねー。
この地は以前どこかののパブでセッションやってたはずですよ~。どれだったかまで思い出せないところが、情報としては面白いですけど(笑)

このかたは広島ですな。
むか-し、warriorにもお見えになった事ありました。
(今年4月に、すごく似てる人に会ったなあ。)
http://www.geocities.jp/cato1963/Acco.html

山陰地方は確か出雲だったと思いますが、ワールドカップのときにアイルランド代表が合宿をした関係でアイルランドとの交流があって、今でもそのつながりでアイリッシュ系イベントが盛んなはず。
http://www.sanin-japan-ireland.org/

またどこかでそういった方々と巡り会うチャンス
あるといいですね。
[ 2008/09/21 13:07 ] [ 編集 ]

さすが!

>Yuta さん

よくご存知ですねぇ、やっぱり♪

広島でセッションは噂は私も聞いたことがあるんですよ。多分この方のページのあるお店だったんでしょうね。最近あまり更新がないようなので、別途リサーチが必要ですね。

山陰は全然マークできてませんでした。こんな協会があるんですね。センパトで情報更新が終わってますが、ここも巡回先に含めておこう。

情報、どうもありがとうございました。どこかで巡り会う機会があると嬉しいですね。
[ 2008/09/21 14:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/441-3b876588