FC2ブログ






Jeff Beck、再び

Pacifico.jpg写真は終演後の横浜パシフィコの大ホール。前回記事の予告通り本日2月11日は横浜までJeff Beck を拝みに行ってきた。
後味が悪い話は最初にしておこう。今日のコンサートに遅刻してきた連中、特に一階席だったバカモノ!遅れてくるのは各々事情があるから仕方がないが、遅れてきたからには会場内に入ってきてから少し身を下げるとかの気遣いくらいしろよ!!
それから、Jeff Beck の機材に不調があって一旦演奏が中止になったのだが、会場から何のアナウンスもないのに勝手に外へ出た上、案の定演奏再開に遅れてきたなら少しくらい気を遣え、バカモノ!!ウダウダ目の前を歩かれたら見ている方は迷惑なんだよ、ボケ!!。


スミマセン、のっけから荒れてしまいました。いやね、各々事情があるにせよ、他の人に迷惑かけるのはいかがなものか、と。滅多に生で拝めない方のライブでみんな楽しみにしてるわけだし、ちょっとした気遣いでお互い不快な思いをしないですむと思うんだよなぁ。

というわけで、本日のJeff Beck。演目は本編に関しては国際フォーラムとほぼ同一。ただ、Jeff Beck の機材、恐らくシールドだと思うのだが序盤の「Cause We've Ended As Lovers」あたりでZizizizizi・・・という耳障りなノイズが・・・。それでも間隔を置かず次の曲へ行ったりしていたのだが、さすがにJeff Beck も気がかりで仕方がないらしく、ソロを取りつつ時々アンプの方へ振り向いて「オイオイ、どうにかしてくれ~」みたいなジェスチャーを取りながらソロを止めたと思ったら、振り向き様に強烈な短いフレーズを捨て置いたり、という観る側も少々「大丈夫かなぁ」という意味不明な緊張感があった序盤。「Cause We've Ended As Lovers」は国際フォーラムよりTal Wilkenfeld のベース・ソロが充実していた感じだったしちょっと勿体無かったよねぇ。
ただ、そんなトラブルの恩恵もあった。Beck の機材チェックをしている間に半ば即興的にBeck 抜きのかわりにTal がベースソロを弾き始めたらJeff Beck がギターを担いだまま絡みに入って、何とTal のベースを連弾。高音部でソロを取るTal に低音部で音をかき鳴らすJeff Beck という構図で一曲を乗り切ってしまった隠し芸にはビックリ。いやぁ、あれは凄かった!

一旦復旧したかに見えたJeff Beck の機材は再びあっけなくZizizizizi・・・のノイズを奏で始めて、その時点で一時休演。どうもボーヤ連中も動きが鈍いんだよね・・・。それと今日はPAもイマイチ。立ち直った後半も各々のソロの頭がちゃんと聴こえず、暫く経ってからソリストの音が出てくる感じ。国際フォーラムでもそうだったけど、ベースの音はもっとくっきりと出して欲しかったという印象は今でもある。

休演は10分程度だったろうか、待ちかねたファンの前に再び姿を見せたバンドの面々、気を入れなおすように演奏を再開。トラブル中から若干キレ気味だったJeff Beck も徐々にエンジンが掛かり始めて段々あの魔力のギターも全開モードに入り始める。今日はこれまで観た中では一番Jeff Beck に近い位置、あの構えのカッコよさは右腰と太腿でしっかりギターを安定させているところにありそうだなぁ、とか考えながら正しくギターと一体化した美しい姿に酔いしれていた。

国際フォーラム同様、本編の最後はThe Beatles の名盤『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』のアンコール曲である「A Day In The Life」。やっぱり見事な表現力だ。再び涙腺が緩んでしまう見事な演奏だ。いろいろあったコンサートではあったけど、最後は納得させてくれるんだよなぁ、やっぱり。Beck はトラブル発生以降相当気を遣っていたようで、何度も客席に向かって両手を合わせて「ゴメンね」とやっていたし、国際フォーラムのときより客席に近づくシーンも多かったし、アクションも少し大きめだった様子。
そしてアンコール、最初2曲は国際フォーラムと一緒だったけど、今回は更に追加を2曲だった(と思う)。多分これはトラブル続きながら演奏してしまった数曲の埋め合わせなんだろうな。嬉しいファンサービスだった。基本、無愛想な方だと思うのだがこういう気遣いはさすがだね。トラブルがあったお陰で前回聴けなかった曲を聴けたのはある意味ラッキーだね♪

惚れてしまったギターの神様には結局抗えないなぁ、という二夜だった、というのが正直な感想ですなぁ。我が愛器ストラトキャスターも最近ちょいと手入れしたので合間を見ていろいろ触ってみよう、そんなモチベーションを頂いた二夜でもありました。ありがとう、Jeff Beck。またお目にかかれたら幸いです。

MinatoMirai.jpg

スポンサーサイト



[ 2009/02/12 01:03 ] Concert | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/471-ccd257d7