FC2ブログ






はりけ~んな一週間

Warrior_20090218.jpg先週水曜日のWarrior Celt のセッション、冬らしい寒さゆえか、渋谷ダブリナーズと被ったゆえか、詳しいところはよくわからないが、比較的少人数で小ぢんまりとした感じだった。普通ならそのまったり感に身を任せてつい長逗留してしまう私なのだが、久し振りに古傷の上腕二頭筋長頭腱炎が火曜日に出て、水曜日は痛みのピーク。「Strayaway Child」やら「Out On The Ocean / Blasket Sound」あたりを出したのだが、痛みに耐え切れずO'Bridge さんのシンデレラ・タイムにあわせて早退いたしました・・・、スミマセン。

今回のは久し振りに痛みの程度がひどくて金曜あたりまで尾を引いた上に、金曜の出張は大荒れで結局住まいに戻ったのは土曜日の昼過ぎ・・・、レッスンの間隔が今回は一週間だから、ほとんど何も浚っていない状態に等しく、とりあえず「The Hurricane」だけ一時間ほど練習してレッスンに向かう。

前回記事でアップした譜面通りでもまともに弾けないくせに、komeg さんがコメントしてくださったNatalie MacMaster のフレーズまで取り込もうという実に無謀な野望を持っていた私は家で練習しつつ何となくは音を拾っていたのだが、師匠にまずは音源を聴いていただいて・・・。
さすがお師匠様、件のフレーズを一度聴いただけで書くものを探し始めて「あぁ、ここは『ミラド・ミドラ・ミファミ・ドシラ』ですね」と私の譜面にお書きになる。まぁ、キーがわかっていて、参考になる譜面もあって、という状況だから当たり前ではあるが、一度聴いただけで音名がピタピタ出てくるのはやっぱりすごいよなぁ・・・、ウラヤマピーです。

というわけで前回記事から手を入れたABCはこんな感じ。
(例によって変換はこちらでどうぞ)


X:1
T:Hurricane, The
T:(Natalie MacMaster Version)
M:4/4
L:1/8
R:reel
K:Amaj
d|:cABG A2ED|CEAc BB,B,d|cABG Aaga|1 3faed cAAd:|2 3faed cAAa||
|:gaea cAAa|gaea fBBa|gaea ABcd|1 ecdB cAAa:|2 ecdB cAAe||
(3eac' (3'e'c'a (3efe (3cBA |GBEB GBEB|(3eac' (3'e'c'a (3efe (3cBA |defg aAAe|
(3eac' (3'e'c'a (3efe (3cBA |GBEB GBEd|cABG Aaga|faed cAA2|
|cfaf cfaf|efge Bege|fgaf cfaf|gbeg affc|
fgaf cfaf|efge Bege|aefd ceaf|ecdB cAAB|

因みにNatalie MacMaster の『In My Hands』、『Live』(Disc1)には「Welcome To The Trossachs」のセット名で収録、『Live In Cape Breton』(DVD)では序盤数曲を除いた短縮バージョンで冒頭に演奏されてます。
(CD2枚組の『Live』はなかじさんのオンラインショップ(http://6928.teacup.com/carl/shop/01_01_01/natalielive/)でも入手できます。)

Hurricane_Natalie.jpg現実に上記のABC記述をコンバートするとこういう譜面が現れる(これも例によってサムネイルにしております)。
上から3段目からの8小節に出現する3連符が件の音列で上に指使いを付記しておいた。最初のEを開放弦で弾くから次のAを3ポジで弾くのは多分じゅうぶん間に合う時間があるし、3拍目で1ポジに戻るときもEの開放が使えるからじゅうぶん間に合う。最高音のEは「Contradiction」と同じで、人差し指~薬指までは3ポジションのまま小指だけ目一杯伸ばして対応する。
弓の方は最初の「ミラド・ミドラ」をダウンで一弓、「ミファミ・ドシラ」をアップで一弓でいいだろう。


と書くと「何だ、楽勝なのか」と勘違いされそうだが、ただ単に「こう練習すればよい」という方針が決まっただけのことで、そう容易ではないのは当たり前だ。
「Contradiction」と似たような構成を持つこの曲、難所が「Contradiction」以上に多い。例えばAメロの二小節目後半の「シ・シ・シ・レ」はA線→G線→G線→A線というD線を飛ばす移弦で最初の難所だし、例の3連符の後に控える「ソ・シ・ミ・シ、ソ・シ・ミ・シ」はとても弾きにくいフレーズでポジション・チェンジでアップアップになっているピヨラーには試練である。Natalie MacMaster はそれ以外に弓を飛ばし気味でカツカツとカッコよく弾いている箇所もあるしなぁ・・・。
3連符の箇所にしても、何度も1ポジと3ポジを往復している間にヘロヘロになってしまう。レッスン中に練習方法として「A・C・E・C」だけでなく「A・E・C・E」の音列を練習すると指の柔軟性が増すと指導いただいたので、日曜日はそんなこんなをシコシコと・・・。


♪ ~ Hurricane ~ ♪


タイトル通り「暴風雨」で大荒れな演奏なので、覚悟無しにクリックすることなきよう・・・なんまいだ~(苦笑)
スポンサーサイト



[ 2009/02/22 18:49 ] Trad. Songs | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/473-e3ee304c