FC2ブログ






Happy Birthday Andy , 20th Anniversary and more・・・

R0012716.jpg写真は、去る4月1日Cock O' The Walk @六本木でのセッションの模様。
いつも以上に異様に盛り上がっている感じが少しでも伝われば幸いである。
実はこの日はお店のオーナーであるAndy さんのお誕生日パーティも催されていたから、店内はお客さんで一杯だし、盛り上げ上手な人も多数で実に熱い一夜だった。
Andy さんの誕生日は実は前日の3月31日、そこに照準をあわせて懲りないセッション仲間は前日もここCock O' The Walk で酒池肉林な飲み会をやっていた、というのはナイショの話・・・笑

表題にある「20th Anniversary」は私の勤続20年を意味している。どおりで平成生まれが成人式を迎えるワケである・・・苦笑。合併前までは数日の特別休暇にオマケ程度の表彰金が出るだけだったのだが、合併を経て人事制度の改定を終えた今、特別休暇の日数には変化がないもののそれなりに使いでのある表彰金が「リフレッシュ補助金」として出るようになったのは素直に喜ぶべきで、その満喫感を前日に味わったというワケである。

セッション前日の痛飲で少々ヘロヘロ気味だったのだが、セッションが始まる前にはO'Bridge さんとマンドリン談義だのフィドル演奏のコツなんぞでなかなか面白いやり取りをしている内に徐々に気分も盛り上がりセッションに突入。Andy のお誕生日会も兼ねたセッションは、このお方の人並み外れたパフォーマンスでさらに盛り上がる。

R0012699.jpg見るからにゴツイ身体をされているが、この大柄で骨太な肉体から発せられる声の大きさとギターの大音量、しかもその音は魅力に溢れているし選曲も実にカッコいい、となればセッションの盛り上がりにさらに勢いをつけるのは言うまでもないこと。
呑みっぷりのよさも抜群で、次から次へと杯を重ね、テーブルの前に大きいギネスのグラスを重ねていく様も圧巻だった。
因みに私は彼の真横でフィドルを抱えていた。チョンボで肩当を忘れてしまった上に練習不足。弾き始めて即パワー不足を痛感する。というか、やっぱ、食ってるモノの違いを感じますな・・・苦笑。少々頑
張って音を通そうとしたところで彼の爆音にはそう簡単に太刀打ちできるものではないですわな。




しかも・・・




R00127081.jpg気付けば、私の周囲に爆音ギタリストが3人・・・笑
こうなるととてもじゃないが、いつも弾いている通りでは音など周囲に通るわけもない。というわけで、圧を加えるよりは、ひたすら弓速を引き上げてせめて自分がリードしているセットくらいは極力音を飛ばそうとするのだが、自分の音がよう聴こえん・・・。曲を切り替えても遠くの奏者は前の曲を弾いているように聴こえた場面もあったし、それでも途中でやめるワケにもいかずどうにか弾ききったら、隣のかのお方が「すごくいいジグだった、オマエは素晴らしいフィドラーだ」みたいなことを言ってくれる。
ホンマかいな、と思いつつ目の前のO'Bridge さんや斜め前のこめぐさんに「いやぁ、音が全然聴こえなくて弾いていても不安で・・・」と言ったら、ちょいと離れた席のYuta さんまでが「すんげぇ音が聴こえてたよ。」と。(どういう意味ですんげぇかは聞かないことにする・・・苦笑)
う~む、基本的に遠鳴りすると思っているパントルさんだが、そんなに音が飛んでいたとしたらそれはそれで考え物だなぁ・・・ブツブツ・・・。

R0012715.jpgセッションはこの写真のように、歌ソロも飛び出す実に自由な空間を保持して進んでいく。
一番左の方にその隣の方が相次いでソロ歌を聴かせてくださったが、これがまた味があって素晴らしいものだった。彼らが歌っている姿を横で見守るAndy さんの笑顔も愉しんでいる雰囲気も素敵だったなぁ。奏者達もその他のお客さん達も彼らの歌が始まると騒いでいたのを中止してじっくりと耳を傾ける。本当に素晴らしい空間だねぇ。


CockO20090401.jpg終始和やかに、いつもの定番曲も、この場に合わせた即席の愉しいセットも、いろいろ盛り上がった素晴らしい一夜。やっぱりみんなで音出しする場は愉しいねぇ。この土日は久し振りにそこそこ練習もできていたし、不調の右肩も随分状態はよくなったし(Mike さんやヤスコさんには随分心配いただいたようで・・・)、私の演奏そのものは相変わらずグタグタなんだけど、思い切り弾くことができて嬉しい一夜でございました。
翌朝早い予定だったのでひと足お先に失礼しましたが、みなさまありがとうございました。
そして、Andy さん、誕生日おめでとうございます。
スポンサーサイト



[ 2009/04/03 00:40 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/478-c8f76de9