FC2ブログ






イベントのご案内と、5時からおとこ・・・

公私ともにどうもドタバタで随分久々の登場になってしまった。特に公の方は、何年も前からわかっていたハズの戦力大量離脱の危機への対処不足が主因なのだが、本当ににっちもさっちも行かなくなった様相だ。あちらこちらに火種が燻る状況下、私もその渦中にあるわけで、今回は新たな火種(というよりボヤ)を優先した様子だが、果たして先々どうなることやら・・・苦笑

ま、そんなこんなの中でも「あれ」なことは動き続けているワケでございまして・・・。

まずは友人から来たワークショップ情報のお知らせです。私は首謀者でもなければ開催援助者でもなく、多分参加もできないのですが、ネタとしてはかなり面白そうなので興味ある方は是非。
知人からの引用文中にもありますが、申し込み先は

http://harpandfiddle.web.fc2.com/

です。当ブログに参加の申し込みをされても私は代行しませんので悪しからず。

----------------------(引用始)----------------------
約6年ぶりの、東京での功刀丈弘Irish fiddle Work Shopが開催されます。

メインは課題曲に沿ってのボウイングパターンのWork Shopの予定です。
(7月上旬に課題曲をお知らせします)
じっくりとIrish Fiddleを覚えられるチャンスをお見逃しなく。

内容を変えての同日、2回、レベル分け少人数制の開催となります。
1回目が初級者~中級者向け
2回目が中級者以上向けとなりますので、
ご自身のレベルに合わせて、是非ご参加下さい。

★日時:7月20日(祝・海の日)
1回目 13:00~(限定8名)
2回目 15:15~(限定8名)

★場所:BritishPUB The Warrio Celt
   台東区上野6-9-22 伊藤ビル3F
   (上野御徒町中央通 リンガーハット前のビル)
   JR上野駅 広小路口より 徒歩5分
   TEL 03-3836-8588
http://www.geocities.jp/celticsession/pubmap/warriorcelt.html

★参加費:3,800円(1SoftDrink付)

申し込み・お問い合わせはhttp://harpandfiddle.web.fc2.com/まで。
お申し込み受付中です。

尚、先着順での受付、参加費お振込み後に予約完了となります。
お申し込み多数の場合は、キャンセル待ちのご連絡を差し上げます。
----------------------(引用終)----------------------

以上です。


Kosugi_20090613.jpgセッション開始前というのに既に呑んだくれの様相な私(撮影=Uさん)。横にいらっしゃる愛子様の挑戦的な目が素晴らしいですな。「今夜こそは逃がさないわよ」と脅してるのか、「今の間にガンガン呑んで騒いでろ」なのか・・・笑
6月13日は武蔵小杉のMcCann'sでのセッション。毎度ここのセッションは愛子様の凄まじいペースで進むのでいつも逃げ腰な私・・・苦笑。序盤はそんなお方のお隣でじっくりフィドル捌きをガン見。すげぇな、やっぱり。
マスターとウイスキー談義も進み、兄妹弟子とウイスキー呑みつつ騒いだ一日でございました、とさ。
(課題曲)
Old Bush(Reel)
http://www.thesession.org/tunes/display/1499

他にもあるのだけれど曲名分からず・・・(爆)


Warrior_20090617_1.jpg6月17日はWarrior Celt@上野でセッション。以前の当ブログでも触れたが、Warrior Celt 並びにCock O' The Walk の最年少デビューはこのお方だ。(勿論、右に写っておられる方ではない、一応念のため・・・笑)。
日々成長というか、2週間見ない間に随分大きくなっておられるようでビックリ。育児は大変だろうけど、楽しくもあるんだろうなぁ♪
セッションの詳細はこちらにあるのでご参照くださいまし。N氏つながりで登場されたイーリアン・パイパーもお見事でした。Mike さんお得意の替え歌「Yakiimo」も「Yesterday」のメロディーにのった妙な雰囲気に大受けしましたデス(笑)

(課題曲)
Julia Delaney(Reel)
http://www.thesession.org/tunes/display/589

(復讐もとい、復習すべき曲)
Dionne/The Mouth Of The Tobique(Reels from Celtic Fiddle Festival)
http://www.thesession.org/tunes/display/1364
http://www.thesession.org/tunes/display/423


CockO_20090624.jpgさらに週がかわって6月24日のCock O' The Walk セッション。普段にまして人の集合がやや遅めだった一夜だったけど、結局はセッション席がほぼ埋まるちょうどよいくらいの集まりでしたな。
O'Bridge さんの力作楽譜集が出回るのと比例してか、最近課題曲の楽譜が飛び交う、別な意味で危険な空気を醸し出しているこのセッション、今日も何かやたらと宿題をいただいてしまったんですけど・・・苦笑。
本日は念願の、というかワガママで「Down The Broom/Gatehouse Maid/Whitefish In The Rapids/Earl Mitton's Breakdown」のちょいと長めのリール・セットをぶん投げ(笑)。komeg さん、お付き合いいただきありがとうございました!

(課題曲)
Over The Moor To Maggie/Fred Finn's/Hunter's House(Reels from Music at Matt Molloy's)
http://www.thesession.org/tunes/display/115
http://www.thesession.org/tunes/display/452
http://www.thesession.org/tunes/display/472

Peacock's Feather(Hornpipes from A Celebration Of 50 Years by The Tulla Ceili Band)

X:1
T:The Peacock's Feather
M:4/4
L:1/8
R:hornpipe
K: D Dorian
|:(3FED E>F (3DDD D>E | F>EF>A (3GAG F>G | A>dd>^c d>=cA>G | F>DA>B c2 A>G |
F2 E2 D2 D>E | F2 (3FGA G2 F>G | A2 (3ddd d2 A>G | F>D (3DDD D2 :|
|:c2 c>A d2 (ed^cd | d>cA>^F G2 A>B | c2 A>d d>cA>G | F2 A>B c2 A>G |
F2 E>F D>A (3DDE | F>EF>A G2 F>G | A>d^c>e d>cA>G | F2 D2 D2 :|

何やら今週水曜日(7月1日)のセッションも楽しげな様相で・・・。仕事はどうあれ、5時から男で行こうと思う私であった・・・(爆)
スポンサーサイト



[ 2009/06/28 22:40 ] Fiddle | TB(0) | CM(4)

ありがとうございますです。

もは兄ありがとうございますです。
この先も続くといいなぁ。こういうの。

すっかりスコッチはまっちまいました。
こないだ呑んだ15年もの、探してます。
今度またおいしいのおしえてください。うふ。

1日もおじゃましますです。Dr.Stopがどのレベルかわかりまへんが。音楽が切れるのもきついっす。
[ 2009/06/28 23:22 ] [ 編集 ]

どういたしまして

>SAMIさん

こういう有意義なイベントは末永く続くといいですよね♪

>すっかりスコッチはまっちまいました。

この間SAMIさんが呑んでたのはScapaでしたっけ?
シングルモルトの掘り出し物が結構あるのは大手電気屋のBic C です。品数も値段もなかなか隅に置けない存在ですよ。一度立ち寄ってみてください。あ、Session でご一緒するMike さんもチェックしてるみたいです、あの店(笑)

ま、お身体を悪くし過ぎない程度に趣味を楽しむのは大事なことですよねぇ^^;。
[ 2009/06/28 23:39 ] [ 編集 ]

ご無沙汰してます

告知ありがとうございます。

相変わらずちっとも上達しませんが、楽しく弾いております。
曲、いろいろ参考になります。

1日は私もお邪魔します♪
よろしくです。
[ 2009/06/29 00:15 ] [ 編集 ]

こちらこそご無沙汰で

>rei さん

楽しく弾けているならいいですよね。何でもそれが一番だと思います♪

>1日は私もお邪魔します♪

をを、そうですか。確かお誕○日と伺いましたが、何か趣向を凝らしましょうか?
[ 2009/06/29 07:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/491-7798cf45