FC2ブログ






Force Lightning & My Birthday Session on Friday The 13th

先日告知した通りで、11月13日(金)はTapestry @水道橋でのセッション日。雨が降り風も冷たい日であったが、定刻前に揃った少数精鋭たち。当日はDale Russ さんのライブがトッパンホールであったということもあって、若干少な目の人員でしかも珍しく吹きモノ系ナシではあったけれど、なかなか楽しいメンツが揃った。
Tapestry_20091113_5.jpg

序盤はこんな感じ。かなさん、写真提供ありがとうございます。携帯で撮ったとは思えない画質ですね♪
集まった面子はカウンターでアルコールと会話を楽しみ、定刻通りスタートした。僭越ながら最初のセットは私から、

Chanter's Song(Dm) / Chanter's Song(Am) / Full Rigged Ship / New Rigged Ship / Boys Of Maline / Gravel Walks

を。Chanter's Song はウロ覚えではるネ申さんに随分フォローいただき深謝。
フィドル圧倒的多数ながら、ありがたいことにかなさんのピアノがあるので、ポルカやジグ・リールなど、散々煽っていただいて気持ちよく演奏する。「さぁ、どんどん弾いてちょうだい!」と後押ししてくださるかなさんの伴奏は本当に気持ち良く弾ける。参加メンバーもみんな大喜びで弾き倒した。

Tapestry_20091113_2.jpg

かなさんがお帰りになった後には、今度はなかじさんが彼女を伴って登場してくれました。これにはpadawanさんも大喜び。さらにはpadawanさんつながりでマサコ嬢もご登場。コウモリな私は勿論、関西弁の坩堝へと・・・笑

Tapestry_20091113_3.jpg

そのマサコ嬢は現在東京勤務だが、以前にはpadawan氏と同門であらせられたらしい。アイリッシュではなく、クラシックの方らしいのだがその出音は芯があって素晴らしい!。久しく練習されてなかったらしく、「いや、絶対ムリやし・・・。思い出されへんし・・・」と言い訳を山ほど言いつつちゃんとポルカ・セットを出してくださいました(笑)

終盤になってKevinさん、O'Bridgeさんにユーカリさんがトッパンホールからタクシー飛ばして顔を出してくださいました。ちょうど「Frank's / MacArthur Road / Contradiction / Andy Broon's」の鬼畜セットをやってる最中でしたか・・・笑

曲のタイプを問わずに回すセットで終了。最後に「Josefin's Waltz」で締めくくるというSAMI さんのアイデアは見事で、実に美しくセッションを終えることができました。

Tapestry_20091113_4.jpg

終演後はこんな感じでまったりと会話を楽しむ。こういうのも余韻があっていいですね。実に楽しい一夜でした。ご参集いただいた皆様、ありがとうございました。誕生日プレゼントを用意してくださったpadawanさん、おおきにです。そして、素晴らしい場所と料理、そして豊富なアルコールをご提供くださったTapestry さん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



[ 2009/11/15 17:29 ] Session & Event | TB(0) | CM(4)

おめでとうございましたあるぅ

ほんとにありがとうございました!
1ヶ月もないうちに2度東京を訪ねることができて、セッションや皆さんと演奏、お話できてうれしかったです。

12月の関西入りで20日に王子公園行きます。駒のセッティング、弦高調整をと。装飾フィドルがないことを切実に願います・・

28日、お待ち申し上げます!
[ 2009/11/17 01:31 ] [ 編集 ]

いろいろとおおきにでしたある

>padawanさん

遠征、お疲れ様でしたある。喜んでいただけてよかったです。

魔窟での新たな出会い、楽しみあるねぇ(笑)

ではでは

See you next week again at Qsyu・・・
[ 2009/11/17 07:28 ] [ 編集 ]

いやぁきもちよかたです。

水道橋にあんなステキなお店があるなんて♪
ちょっと悪巧みもまた考え付いちゃったりして。うしゃしゃ。

たまにもはさんの「ひけっ」って顔で見られてましたが(笑)
音響もよくて、聞いてるだけでもきもちよかったっす。

ついでに、距離感ないのはお互い様あるね。
それにワタクシは、本州からはでてないも~ん。
[ 2009/11/17 11:10 ] [ 編集 ]

ありがとうございました

>SAMIさん

どうも参加いただきありがとうございました♪
Tapestry、なかなかいい空間でしょ。マスターはジャンルを問わず、60年代~80年代くらいの音楽には造詣が深くて、シングルモルトを引っ掛けながら彼が流してくれる音楽をバックに色々と会話するのも楽しいから、時々ふらっと立ち寄ってます。
因みに期間限定ではありますが、Beatles Box もしばらく置いてありますので聴いてみてください(笑)

今回のようなセッションというかパーティもどきはたまにやるのにいいかもですね。何かにつけ新鮮でした。それもこれも参加者がみなさん素晴らしい方だったからだと思います。

距離感、まぁ本州から出てる、出てないとかはどうでもよいか、と。道草しようと思って行動できるってのは素晴らしいことだよね、実際(笑)
[ 2009/11/17 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/508-71572bbf