FC2ブログ






逃げ馬は忘れた頃にやってくる・・・

はい、教訓ですよ、教訓。

20091115-969733-1-N.jpg競馬(馬券)の世界には、まじないめいたもの、あきらかに迷信、等色んな格言があるけれど、起きてみてみんなが思い浮かぶ(≒後悔する)のが「逃げの穴馬は要注意」である。そんな出来事が昨日起きた。11番人気のクィーンスプマンテが1着で、12番人気のテイエムプリキュアが2着。単勝1.6倍の圧倒的1番人気だったブエナビスタは上がり3ハロン32.9秒で猛然と追い込むも3着の大波乱であった。

今回、レースの衝撃も大きかったが、何よりビックリさせられたのは関西テレビでゲスト解説の武邦彦氏(元騎手、元調教師)。レース回顧で開口一番アッサリと

「後ろのジョッキーは前(逃げ馬2頭)が見えなかったんだよ」

とコメントされた。果たして騎手のコメントが流れてくるとアンカツがやっぱりそんなことを言っていた。やっぱり、経験者はわかるんやねぇ、そのときの状況が。さすがです。

因みにスポニチに彼の分析が出てるようだ(こちら)。いずれリンクは切れてしまうだろうから、要約すると

(1)大逃げを打ったのが1頭ではなく2頭
(2)距離が1800mや2000m(京都の2000mは内回り)ではなく、外回り2200m
(3)3番手リトルアマポーラが動かなかった

ということになる。

ただ、今日になっていくつかジョッキーの談話に目を通したが、中にはあの大逃げをちゃんと観察してるジョッキーもいたようだ。

「あんなに力まずに逃げられたら仕方がない」
「自ら死に役になりたくない」

などのコメントもちらほら目に付くからだ。アンカツは本当に見えなかったようだが、見えていても金縛りになっちゃってたジョッキーもいるわけだね。いずれにせよ、物理的に逃げ馬2騎が見えていない一番人気・追込馬の鞍上がいて、それを意識するあまりに物理的には見えているのに心理的に見えていない騎手たちが牽制しあってる内に勝負がついちゃった、という感じなんだろうね。

さすがに大逃げ2頭が行った行ったで残ってしまうのはかなり珍しいケースだが、逃げ馬が大波乱を引き起こすときは大体こんな感じだ。記憶に新しいところだと2004年の天皇賞・春(イングランディーレ)
、4強と言われた4歳勢でまともにレースができたのはゼンノロブロイだけ、上位3番人気までは折り合いに気を遣いすぎたこともあって全て10着以下に沈んだ。古いところでは1992年の有馬記念(メジロパーマー)、一番人気のトウカイテイオーは前走の激走が祟ってか、マイナス10kgでガレ気味であったにも関わらずみんなテイオーを恐がって牽制しあってる間にまんまと逃げ切られてしまった。

因みにTVKで解説してる柏木集保氏曰く「まぁ、これから先しばらく、(G1では)こんな決まり方はないですよ。忘れた頃が恐いんですよ、忘れた頃が・・・笑」と。はい、至言です。

え、まさか取ってないだろうって?
いやぁ、惜しかったですね。2-3-4着でしたよ・・・。ワイドは1点当ったので収支トントンでした。ほら、お世話になった馬は買っておかないとバチが当るでしょ。

というワケで、タイトルが教訓ではなく、これが本当の今回の教訓です。

穴馬買うなら、総流しかけとけよ・・・涙」

スポンサーサイト



[ 2009/11/16 19:45 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(4)

面白いレースやったみたいですね・・・

http://www.youtube.com/watch?v=klcWREr2NUU

これで「収支トントン」とはさすが!!

[ 2009/11/16 23:28 ] [ 編集 ]

自慢にもなりませぬ・・・苦笑

>Northfield さん

ま、普通にいえば茶番みたいなレースですよね・・・苦笑

本編に書き漏れてしまいましたが、武邦彦氏が、「これはオープン馬のレースなんですよ。条件馬が逃げてオープン馬が追いかけるなら届くこともあるけど、オープン馬同士であの距離はそうそう届くものではないんです」というのもいい教訓でした。さすが魔術師でレースそのものの衝撃もさることながら、往年の名ジョッキーの重い一言に感動しました・・・笑。

目立ちませんが、今年は負けてはないんですよ・・・、一応。でも、イマイチ噛みあってないなぁ・・・はぁ。
[ 2009/11/16 23:58 ] [ 編集 ]

でもブエナの追い込みは流石でしたね!
2000ならどうなってたか??

力走する馬は格好良いです
[ 2009/11/17 11:31 ] [ 編集 ]

>Northfield さん

はい、確かにブエナビスタの追い込みは見事でした。負けて強しの内容でしたね。あの脚質は案外有馬記念のコースに向いていたりします。菊花賞馬も有馬に向かいそうな感じがあるので、どちらも要注意ですね。

加速してるのがハッキリわかる馬というのはフォームもきれいだし見惚れてしまいます。

http://www.youtube.com/watch?v=I25_fxdLTUQ

いわずと知れたディープインパクトの2戦目です。これを見た瞬間に知人たちには「今年のダービーは間違いなくこれだ」と断言しました。目一杯追っていないけど、加速する様が実に美しいベストレースだと思います。
[ 2009/11/17 23:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/509-f277e84a