FC2ブログ






Jenny's Welcome To ...

昨日16日(水)はWarrior Celt の定例セッション日。2009年の最終セッションだね。
R0014845.jpg


19:30頃にお店に着いて、色んな方と音楽の話だの近況報告だの年末年始の予定だのを話しつつまったり過ごす。

セッションはヤスコさんの「Jackie Coleman's」を含むリール・セットで開幕。私も最近よく出すジグ・セット「Blarney Pilgrim / Connaughtman's Ramble / Willie Coleman's / Mist Covered Mountain」を早々に出した。唄モノのバリエーションも多いここのセッションは、今日も健在。時間の経過とともに奏者もどんどん増えて、それにつれてセットとセットの間隔も徐々に短くなってさらに盛り上がるという流れ。忘年会セッションにふさわしい雰囲気だね。
グデングデンになりつつ出したのは多分・・・

Paddy's Trip To Scotland / Dinky's / The Shetland Fiddler(Reels)
Chanter's Song(Dm/Am) / Full Rigged Ship / New Rigged Ship / Boys Of Maline / Gravel Walks
Golden Eagle / Independent / Laird Of Drumblair / Angus Campbell

The Gallowglass / Kitty's Ramble(Double Jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/1369
http://www.thesession.org/tunes/display/1843

Kitty's Ramblesは、これが近いかな。

T:Kitty's Rambles
M:6/8
L:1/8
S:Laurence Nugent
R:jig
Z:g.m.p.
K:DMix
|:FDD c2A|ded efg|fed cAG|FAF GFE|
FDD c2A|ded efg|fed cAG|1Ad^c dAG:|2FAd d2^c
|:dfa dfa|dfa afd|ceg ceg|ceg gfe|
fdf ~g3|agf efg|fed cAG|1Ad^c d2^c:|2Ad^c dfg|
|:afd ded|Adf afd|gec cBc|Ece gfe|
~f3 ~g3|aza efg|efd cAG|1Ad^c de/f/g:|1Ad^c dAG|

あたりかな。
どんな曲を出しても一人旅にならない安心感はやっぱりありがたいなぁ。
というワケでまだ弾き込みがじゅうぶんではない新ネタも・・・。

Jenny's Welcome To Charlie (Reel)
http://www.thesession.org/tunes/display/370

レッスンでは何度かネタにしたのだが、セッションでは初出し。一応『Doublin』(Paddy Glackin & Paddy Keenan)を範に取ったけど、弾きにくいとか表現しにくい部分は『Welcome Here Again』(Martin Hayes & Dennis Cahill)とか『The Horse's Tail』(Zoe Conway)なども参考にしている。
因みに私の今のレパートリーの大半は数日~1ヶ月くらいずっと弾き続けて覚えたものであるが、中には一度手をつけたけど、全く歯が立たなくて暫く寝かしておいてから復活したものもあって、これは後者のパターン。今レパートリーにしているものでは、「Sean Ryan's(Castle)」(Double Jig)なんかもこのパターンだ。
一応セットにする曲候補も練習してはいたんだが、ヤバそうだったので単体で出した。予想通り私はグテグテだったけど、周囲の皆様の多大なるご支援のお陰で、大事故に至ることなく終えました、ホッ・・・笑

年内にどこぞでお会いする方も結構いらっしゃるでしょうが、Warrior Celt の皆様、とりあえずよいお年を。
スポンサーサイト



[ 2009/12/17 22:01 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/516-872ad51e