FC2ブログ






新春セッション奇行~~The Celts @博多襲撃篇~~

以前から告知していたことではあるが、1月9日(土)は昨年11月末に続いての博多遠征である。年始早々ご苦労、といったところではあるが、まぁいいじゃないか(笑)

Konsan_20100109.jpg今回の博多襲撃は、四国・松山の雄、kon さんと連合艦隊である。彼とは先月あったケルクリ以来の再会である。
前回ケルクリ後のセッションで、あまりの乱闘戦でここ最近のセッション不足を実感されたらしく、今回はかなり練習を積んでこられたらしい、(と後で聞いた)。

Padawansan_20100109.jpg勿論、襲う相手はpadawanさん。彼とは10月以降毎月顔を合わせているという、関東-九州の距離感がワケわからない状態になっている(笑)
konさんと私如きではとても手に負えない強敵ではあるが、せめて一太刀程度は浴びせて帰らないとね・・・笑


上記2名と私、セッションで何度もご一緒しているのだが、実はこの3人が一堂に会してセッションというのは初めてである。私がpadawanさんに出会う前にkon さんが仕事のご都合で松山へ転勤されたからだ。
というわけで、お互い馴染みの顔でありながら妙に新鮮で、konさんと私が滞在するホテルで待ち合わせてから向かったのは確か・・・


もつ鍋屋!!!
Motunabe_20100109_1.jpg
はい、正解!


塩味のもつ鍋に餃子につくね、美味しい料理に舌鼓を打ちながら、近況報告やら各々のセッション事情やらを語らう3人。一時間ほど経った頃

K:今日のセッションは何時くらいから始めますのん?
P:何時からでもいいっすよ!
M:ほなら仕上げしてCeltsへ行こか。

というわけで、仕上げに中華麺を入れて・・・
Motunabe_20100109_2.jpg
うん、これは美味い。ダシと中華麺のバランスが絶妙です♪


The Celts に到着して1時間ほどは、このフィドラー3名のみであったので、ウォーミングアップも兼ねて、よく弾いている曲やセットを一回ずつ程度で回したり、セットの由縁を語らったり、曲を弾く時のポイントに触れてみたりと既によい感じになっている。軽くさらっと弾いているだけなんだけど、やっぱり練習会の雰囲気ではなくセッションの雰囲気。こんな感じで持ちネタを出し合うのもなかなか粋だね♪

CeltsSession_20100109_1.jpg19時を回ったあたりから奏者が揃い始めた。
前回訪問時は臨時セッションを設けていただいたのだが、今回はもともとThe Celts の定例セッション日に乱入という形だ。
過去にpadawanさんと大いに意見が一致したのは・・・

「誰かが遠征してくる、はい臨時セッション、というのも勿論楽しいけど、遠征する側からすると定例セッションに参加させてもらって、ご当地のセッションの雰囲気をそのまま味わえるシチュエーションの方がもっと楽しい」

だった。
まさに今回はその形になって、しかも四国・関東の二地区のみならず沖縄からも参戦者が現れるという実に素晴らしいセッティングとなった。


最盛期はこんな感じ。
CeltsSession_20100109_2.jpg
テーブル席は見事に奏者で埋まり、みんな曲出しも積極的でいい盛り上がりだ。


因みにThe Celts にはCelts Session Band という興行用のバンドがあって・・・
CeltsSession_20100109_3.jpg
そのバンドのネタをやるときは、自然にこんなステージ姿みたいになるのも面白い!


今回のセッション、いつにも増してpadawanさんの心遣いというか気配りが細やかで、konさんも私も血が出るくらい曲出しをさせられました・・・苦笑。

私が出したのは覚えている範囲で・・・

Golden Eagle / Independent
Jenny's Welcome To Charlie
Whitefish In The Rapid / Earl Mitton's Breakdown
Laird Of Drumblair / Angus Campbell
Down The Bloom / Gatehouse Maid
Tom Billy's / Sean Ryan's (Castle) / Sean Ryan's (Nightingale)
Chanter's Song (Dm / Am) / Full Rigged Ship / New Rigged Ship / Boys Of Maline / Gravel Walks
Frank's / MacArthur Road / Contradiction
Garrett Barry's (Minor Version) / Cliffs Of Moher / Garrett Barry's / Humours Of Ennistymon
Blarney Pilgrim / Connaughtman's Ramble / Willie Coleman's / Mist Covered Mountain
Sailor On The Rock / Sligo Maid / Bank Of Ireland
Japanese Cronin' / Japanese Boys Of Bluehill / Boys Of Bluehill
Stan Chapman's / Arthur Darley's Swedish Jig
Bill Sullivan's (D Maj.) / Egan's / Tolka

etc , etc

上記のセット以外にも他人のセットに割り込んだりで、ここ数年では最も弾いていた時間が長かったセッションでした。手首、抜けそう・・・苦笑

Chibiyumi_20100109.jpg今回、初めてお会いした方も何人かいらっしゃったのだが、padawanさんの宣伝のお陰だろう、当ブログに目を通してくださった方も何人かいらっしゃって、しかもいくつか内容もしっかり覚えておられたりして少々こちらがビックリしました・・・苦笑
写真のお方もそのお一人で、彼女のお陰でひょっとすると私の遠征地図に新たな一県が加わるかもしれない♪
年始早々縁起が良い!
社交辞令も入っているとは思うけど、結構ラブコールを受けたので是非一度行ってみたいものだ。


というワケで、セッションでご一緒した皆さん、どうもありがとうございました。暖かく迎えてくださったこと、一緒に楽しくセッションや会話ができたこと、本当に嬉しかったです。そして何より、セッティングしていただいたpadawanさん、それに場を提供していただいただけでなく、いつも以上に暖かく迎えてくださったThe Celts さん、今回もまた大変お世話になりました。少々番外編セッションでハメを外してしまいましたが、関東方面に向け移動開始いたしております。どうもありがとうございました。

スポンサーサイト



[ 2010/01/11 00:54 ] Session & Event | TB(0) | CM(10)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/01/11 20:57 ] [ 編集 ]

No title

>管理人のみ閲覧可能なコメントをいただいた方

多分この方であろうという決め付けで返信いたしますね。違ってたらすみません。

9日、ありがとうございました。確かに番外編はヘビーでしたけれど、いろんな話ができて楽しませてもらいました。次にお会いする時には是非演奏も聴かせてください。

それから・・・

Renbourn が来日する機会があったら、是非生でご体験ください。絶対損はないです。

では、またお目にかからんことを・・・♪
[ 2010/01/11 22:45 ] [ 編集 ]

寄稿

奇行、ですか。あはは。( ̄∀ ̄)

塩味のもつ鍋、ボリュームがありますね。
塩味って東京では見たことがないかも?

ワタシは味噌味しか食べたことがありません。
ずっと苦手だったんですけど、5年位前に東京でおいしいと言われているお店に連れて行って頂いて以来、食べられるようになりました。
[ 2010/01/11 23:11 ] [ 編集 ]

もつ

>さがーみさん

常時、奇行です、私・・・苦笑

写真は煮始めなので盛りだくさんですが、野菜たっぷりなのでしばらくするとしゅんとなります(笑)

基本的にクセがある食材なので味噌は理にかなっていると思いますが、塩もあっさり味でおすすめ!
ダシもよく出ますね。関東界隈で探してみますかねぇ、塩味のもつ鍋!(笑)
[ 2010/01/12 00:06 ] [ 編集 ]

さすがに

土曜日は(番外編含め)お疲れさまでした。
あんなに一杯弾いたのは久しぶりですよ。。。
Celtsのセッションメンバー、ほんといい感じで
演奏してましたね~。あんなの目指したいなあ。

そうそう、おみやげありがとうございました。
あまりに膨大なのでぼちぼち聴きますね。
今度会うときまでに2,3マスターしときます。

一瞬大阪まで乱入しようかと思いましたが
あまりに遊びすぎなので自重。。。
ではいずれまた。
[ 2010/01/12 00:06 ] [ 編集 ]

そうだよねぇ

>kon さん

9日はお疲れ様でした。
何かね、久しぶりにkonさんらしいフィドルを聴いてすごく嬉しかったです。特にセッション中盤以降はかなりいい感じでしたよね♪

Celts、いいお店でしかもよい奏者も揃ってる、在関東でもうらやましいお店です。いいセッションができて私もすごく嬉しかったですねぇ。

大阪ではしゃお嬢が懐かしがれていて。またご一緒しましょう、関西も。

音源は優先順位をつけるならGrada かなぁ。かなりカッコいいです。
[ 2010/01/12 00:22 ] [ 編集 ]

No title

はい、正解です。
まだ練習会だけでセッションでは弾けないレベルです。

John は是非観たいです。元気なうちに来てくれ~。
向こうではワークショップもやってるみたいですね。
でも、仕事が休みじゃないと行けないかも。

そういえば Jeff Beck は前回は行けませんでした。残念。

[ 2010/01/12 00:32 ] [ 編集 ]

ありがとうございましった

一発目の遠征地を福岡に・・ありがとうございました!
お土産もたくさんありで・・ん・・
話の中で週木のリハビリ課題がたくさん出てきました。。色んな人の演奏を見聞きし、チャレンジしてみます!

そうそう、今日はトシさん率いるLIVE行ってきました。
またレポリます。

ハッ!!やっちまってこげな時間ある・・
[ 2010/01/12 02:50 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ♪

>ギター弾きさん

改めまして、どうも9日はありがとうございました。
Jeff Beck、今回は行けないんですよ・・・。

John Renbourn はやはり凄い方ですよね。今まで観たライブの中でも五指に入ります、間違いなく。
私ももう一度観たいなぁ。
[ 2010/01/12 07:23 ] [ 編集 ]

こちらこそ!

>padawanさん

毎度ながらセッティング、ありがとうございました。
いいセッションになりましたね♪

トシさん、折角九州にいらしたのにすれ違いになったのが残念です・・・。レポ、楽しみにしてますね。

私も今回の遠征で課題満載となりました。ま、肩肘張らずマイペースで参ります。

ではでは、またどこぞで♪
[ 2010/01/12 07:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/525-78dbf6b0