FC2ブログ






家電製品のライフ・サイクル・・・

マーフィーの法則ではないが、ジンクスみたいなもので我が家に数年おきに起こるのが「家電製品連鎖故障」である・・・。最もひどかったのが1997年だったか、テレビ→ステレオのアンプ→カセットデッキと立て続けにやってきて心底頭にきたものだった。幸いこの年は長い競馬キャリアの中でも狂い咲きに近い大当たりの年で、買い換えても余りある資金供給源となってくれたが、その代わりというか右肩の手術で入院するという憂き目にもあって、ほぼ収支トントンだった(苦笑)

どうやらその周期が昨年中盤あたりから押し寄せているようで、メインで使っていたノートPCの不調に伴う買い替えに始まって以降、カセットデッキ→CDプレイヤー→ビデオデッキとやってきた。ステレオはいずれご廃用として買うにしてもシンプルなもの、という方針で買い換えていないしビデオも今のところ見送っているが、室内には少なからずこれらが必要な資産があるのでどうするか迷い中である。

そして遂に最も悩ましいものが先週末にお亡くなりになったテレビである。

なぜ悩ましいかというと・・・、実はほとんど見ないからなのだ。一週間周期で考えてまず間違いなく見ているのはニュース週末の競馬中継くらいで、それ以外はたまたまスイッチを入れて、興味をそそるものをやっていたら見る程度なのだ。地デジになったところで面白い番組が増えるわけじゃなし、相変わらず芸のないお笑い芸人の内輪ネタでのお遊びばかりだから、あえて高いカネを出して買うべきなのかというそもそもの問題があるのだ。
大体、国策だか何だか知らないが、強制的にアナログ放送を停止するだの、何かと胡散臭い地デジというのがどうも私は嫌いときているから、それこそアナログ放送強制停止の暁には壊れていないのに使えないテレビを捨てて「ハイ、おしまい」でもいいかとさえ思っていたくらいだ。

私がときどき覗きに行くブログでもタイムリーに始まった「いやがらせ放送」という記事が出た。幸か不幸かテレビがお亡くなりになった後に始まったことなので私はこの画面は知らない。

convert_img_01.jpgとはいえ、これからG1競争が続く競馬を見れないのは、娯楽費捻出の道を断たれることを意味するから何かよい手はないかと考えて導入してみようと思ったのがこれ、コンパクト地デジチューナー。安いところを探せば10,000円程度8,000円程度だし少なくともテレビそのものを買うよりは出費が少ないからね。

ただ、前評判を見るに、室内だとブースターがなければ話にならないという説が多数だったのでやむを得ずブースターもセットにして18,000円ほど10,000円強。
28日にセッティングしてみたけど、頻繁にワンセグに切り替わったりするし、室内だとちょっと厳しいみたいだね。最も頭に来たのはTVKで、なんと神奈川県在住なのに手動設定を試みても全くチャンネル認識しない。あんまりよくないね、と書きたいところだが、競馬中継を最も長時間放送しているTVKが受信できないのでは話にならん。機器の問題というよりはTVK自身の問題のようではあるが・・・苦笑。
スポンサーサイト



[ 2010/03/30 21:22 ] BOYAKI | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/558-ff972725