FC2ブログ






アイリッシュ音楽を聴き始めた頃

『アイリッシュ&ケルティック・ミュージック』(山尾敦史編)IrishMusic_book
これは懐かしい。アイリッシュ・ケルティック音楽への興味が本格的になってきた頃に随分音源購入の参考にさせてもらった忘れられない本です。基本的に名盤&著名アーティスト紹介の類の本なんですが、トラッドだけでなく、ロック畑まで登場するかなり広範囲な内容です。
私がアイリッシュ音楽に興味を持ち始めた1997年頃、今思えば趣味の面で重要な時期だったようです。ある大手パソ通会社の電子フォーラムを通じて一気にジャンルの幅が広がった年でした。アイリッシュ音楽もその内のひとつ。
まだインターネットを満足に使える環境になかった頃でしたから、音源確保は何かと苦労しましたね。何度もこの本に目を通して欲しい物をピックアップしているものの、店に行ってもなかなか見つからないというのは当たり前。De DannanBothy BandChieftainsなど昔からの定番はある程度入手できたのでそれで満足せざるを得ませんでした。新手となるとAltanSharon Shannon以外は近所で入手できなかったなぁ。既にアイリッシュ音楽はブームになっていたハズなんですけどね。
結局この本が威力を発揮するようになったのは、インターネット環境が整備されてからです。Dervishとはこの本とネットのおかげで出会いました。とにかくCD-Now、Amazonなどで片っ端から目ぼしい作品を検索して音源を集めまくってましたねぇ。かなりの勢いで買ったこともあり、聴き方は結構乱暴で曲名記憶・メロディ記憶の障害(苦笑)とか、系統立てた知識がない無節操症候群など大きな問題は、今も解消されていないままです(笑)
現在はネット上やメルマガ等で豊富な情報を得ることができるようになり、この本に目を通すこともなくなってしまいましたけど、今でも感謝の気持ちで一杯です。久しぶりに引っ張り出してこようかなぁ。また何か発見があるかもしれないし。


スポンサーサイト



[ 2006/01/27 12:32 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/56-52842084