FC2ブログ






Frankie Gavin

Irlande
Musicians:
Frankie Gavin : fiddle , flute
Arty McGlynn : guitar
Aidan Coffey : accordion


これは実にイキのよいセッションの記録。しゃべりの部分を除いて全16セットとセット数も豪華だし、セッションでの定番チューンも多数収録されている。3人とももちろん名手だが、やっぱりFrankie Gavin が目立つ。しゃべりに続くThe Dancer's Delight からエンジン全開で、この時点で既に「買った甲斐があったなぁ」という気分にさせてくれます。このお得感は最後まで途切れることなく一気に聴き終えることができますね。個人的には The Maid Of Tullyknockbrine / Dinkey's のセットが好きです。Reel の疾走感がたまりません。
Frankie Gavin はDe Dannan のフィドラーで、De Dannan自体はかなりまとまった音を作るバンドなんですが、ここでの演奏を聴くと印象がまるで違いますね。De Dannanのファンが聴いたらちょっとビックリするくらいブっ飛んでます。こんなの、生で聴いたら「すまん、俺が悪かった」などとわけのわからないことを言いながら謝ってしまうような気がします(笑)
因みに彼の演奏は断片的ですが、『Gael Force』、『Bringing It All Back Home』(邦題『アイリッシュ・ソウルを求めて』)で動画鑑賞が可能です。

1)Annonce Au Public
2)The Dancer's Delight
3)The Showman's Fancy / Thomond Bridge
4)The Rose In The Heather / The Rambler / The Drimneen
5)The Maid Of Tullyknockbrine / Dinkey's
6)O'Carolan's Draught
7)Polkas
8)Gan Ainm / The Templehouse / The Foxhunter's
9)The Mountain Road / The Old Concertina
10)Arty plays Jigs
Cailleach An Airgead / The Connaughtman's Rambles / Out On The Ocean
11)The Cuckoo Without Her Nest
12)The Wren's Nest
13)The Stone Outside Dan Murphy's Door / Morther's Blessing Valses
14)The Banks Of The Ilen / Tom Billy's / The Virginia
15)Did You See My Man Looking For Me? / Short Grass / The Hag At The Churn
16)Dublin Porter / Peregrine Music
17)The Derry / Cil Abhaill
スポンサーサイト



[ 2006/02/03 00:43 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/60-6b358c2b