FC2ブログ






音を浴びる

自分自身の日常生活を振り返るとき、妙に何かに一色という時期がある気がする。
たとえば、狂ったように遠征ばかりしている時期もあったし、ひたすらあちらこちらのセッションにひたすら顔を出しているときもあった。そして、やたら生演奏に出くわすというときもある。別に狙っているわけでもないのにやたらと立て続け、というのがどうも周期的にある。タイトル通りで先日の金・土・日はひたすら音を浴びる3日間だった。
KioiHall_20101029.jpg10月29日は紀尾井ホールで「徳永二男の挑戦」を観戦。年一回のリサイタルを10年続けるという途方もなく長いプロジェクトだ。今回はプログラムにイザイの無伴奏もあったのでお袋さんに親孝行も兼ねて私も参戦してみた。
いやぁ、何と言うべきか、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマンのバイオリン・ソナタのアンサンブルの美しさにイザイの無伴奏での自由奔放さ、自分が進むべき方向性を崩すことなく、客に媚びることもなく、迷いなく演奏されている様が気持ちよかった。各々の楽曲にじゅうぶんな知識があるわけではないけれど、やるべきことをやりたいようにやっておられる様が非常に心地よかった。たまには親孝行もせにゃぁね(笑)



翌30日はTapestry@水道橋でKimi さん参加のトリオ演奏。
Tapestry_20101030_1.jpg

ちょいと遅れ参加になってしまったのだけど、3人がそれぞれに細やかな気配りをしながら見事にアイルランドの伝統音楽中心に演奏されていた。イリアン・パイプスとフィドルの溶け合うような旋律に、ギターの「どんどん弾いてくれ」というやさしいバッキングが心地よい。知らない曲多数だったけど懐かしい響きがするよくできたライブでした。終盤のセッションでグタグタだったのはごめんなさい・・・苦笑。


「音を浴びる」第三弾は与野本町近くのさいたま芸術劇場音楽ホール。
SaitamaGeijutuHall_20101031.jpg

おっちょこちょいな私は他の場所での開催予定を調べる前にわざわざ自宅からは遠いさいたま芸術劇場音楽ホールでチケットを取ってしまいました・・・苦笑。庄司紗矢香さんは数年前にNHK教育でショスターコービッチのヴァイオリン協奏曲を見て以来の気になるお方。2年ほど前にサントリー・ホールでチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を見て以来。
SaitamaGeijutuHall_20101031_1.jpg

本日は最近出た新譜の流れでベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを3セット(8番・5番・9番)。先日の徳永氏の演奏でも今回でもやはり技巧的な部分、特に右手の使い方はガン見してしまう悲しい性なんだが、今回の一連の”音浴び”では少しなりといえども聴こえる印象にも少し神経が集中できたような気がする。自分で再現できることは僅かだけれども、表現の幅みたいなものが少しわかったような気がしないではない。それくらいこの3日間で接した演奏家達は素晴らしい演奏をされていた。少しでも近付けたら、と思いますなぁ。
それとね、一方的に私淑している方の文章にもあったのだけれど、楽器を演奏していると溜め込む部分と放出する部分があるんだと思います。たとえばセッションで弾き倒すのは放出、ライブやコンサートで他者の演奏を聴くのは溜め込み。セッションに頻繁に参加しているときでしかも充実しているときは双方が揃っているけど、一旦バランスが崩れてしまうと出しっ放しになってしまう。忙しくなってなかなかネタの仕込みもできなくなっている今こそ、いろんな方の演奏を聴いて仕込まないといけないのかなと思っております。


Moha_Saikyosen.jpg
とガラに合わないことばかり書いていると変なので・・・。

昨今移動するたびに気になるこの文字。車体の識別マークなのだろうが、なぜか我が名を冠する車体の多いことよ・・・笑
スポンサーサイト



[ 2010/11/02 00:48 ] Concert | TB(0) | CM(2)

モハ

確かにいろんなところでよく見かける「モハー師」と「モハ」(^^)。

車体の番号の方は、「モーター付きの普通客車」という意味のようです。どうりでよく見かけるわけですな。

「波」というほどのものではないですが、私にも、1日で4曲も同時に覚えられちゃったり、自分の出す音色がやたらとよく聴こえる(実際はそうではないのかもしれませぬが・・・^^;)時期もあれば、セッションに行くのも楽器を持つのも億劫な時、それから、ジャンルを問わずとにかく他人の演奏を聴きに行きたくなる時があります。

いけないのは、その"流れ"に逆らってしまうことですな。

自分の心のままに振舞うのが一番。
時間なんて、自分が思うよりずーっとあるんだから。
[ 2010/11/05 21:28 ] [ 編集 ]

ナハ・・・笑

>のすけさん

いやいや、さすがに「モハ」には負けますよ、私も。どこでもありますからねぇ(笑)。でも「モーター付きの普通客車」という意味だとは知らなかった。

>いけないのは、その"流れ"に逆らってしまうことですな。

確かに。
わかっているのに逆らって思い知ることもままあるんですけどね(苦笑)。かといって楽器に触れないままだと下手になるのは確実なので、せめて弾けない日でもちょいと楽器を手入れしてみたり。

>時間なんて、自分が思うよりずーっとあるんだから。

これねぇ、ゆとりがなくなると忘れてしまうんですよね。追われているだけなのに何かすんだような気がして、実は何もすんでいなかったり、何もすんでいないことにまた焦ったり・・・。

またどこぞでまったりセッションできるといいですなぁ♪
[ 2010/11/06 00:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/603-98dee70e