FC2ブログ






忘年セッション(その4、その5)

12月15日(水)は、Warrior Celt の定例セッション。2010年の最終かな。WarriorSession_20101215_1.jpg
ここ最近ではもっともまったりした感じのセッションでした。


WarriorSession_20101215_3.jpgまず私が座らない壁側はこんな布陣。
決して広い店というわけではないので、壁側に陣取るとお酒のお代りしにくいし、場所によっては弓使いに結構気遣ったりもするので、普段避けている側だ。
本日はお店からギネス・グッズの配給もあって、この写真の右隅にも少し写っとります。そういや、先日のTapestry セッションでもグッズ目当てにギネスをお代りしている人がいたなぁ(笑)


WarriorSession_20101215_2.jpg隣にいたMさんが撮ってくれたであろう写真。
本日のセットリストは「続きを読む」から見ていただくとして、後半のパフォーマンスがガタ落ちだったのは音源を聴きながら実に恥ずかしい限りで・・・苦笑。
コケること覚悟で出した「I Buried My Wife And Danced On Her Grave/Will You Come Home With Me ?/The Trip To Athlone」やら、「Taylor's Twist/Cooley's Hornpipe」などは相当ズッコケで失礼致しました。

年始の定例セッションは1月5日のようです。
Warrior Celt さん、本年もお世話になりました。来年もよろしゅうお願い申し上げます。



12月18日はGreen Sheep@横浜でセッション。こちらも忘年セッションね。GreenSheepSession_1.jpg
久し振りに熊のぷーさんの空気人形が復活していた。


GreenSheepSession_3.jpg店内もクリスマス商戦一色モードに入りつつあるね。
いつにましてギネスの垂れ幕も数多く、高さも低めにセットしてありました。
いよいよ、”年の瀬”モードですな。翌日は日曜日というのにありがたくない会議が設定されていて、こちらも年末師走怒涛モードという流れだったのだが・・・苦笑


忘年セッションらしくというか、久し振りにpiperineさんも登場された。GreenSheepSession_2.jpg

グーパパさんはいらっしゃらないものの、久し振りに聴くA Drop Of Goodbeer のサウンドはやはり心地よかった。アンサンブルもよく練ってあるし、人数以上の厚みを感じるよい演奏でした。

忘年セッションらしく、人数も集まったセッション。GreenSheepSession_4.jpg

のすけ師が今回、Green Sheep 初登場というのもトピックのひとつでありましょう。「僕、ここは今日が初めてなんです」とのたまったかと思えば、「実は僕は、T田クンなんです。皮かぶっているだけで」とのたまったり、相変わらずのエンターテナー振りを存分に発揮しておられました、とさ(笑)

Green Sheep セッションも本日が2010年最終セッション。今年も一年間お世話になり、ありがとうございました。リラックスして音出しできる良い場に感謝しております。
因みに帰る道すがらに2月のビアフェスでの演奏についてお誘いいただきました。ビアフェスといいながら、ウィスキーも楽しめるらしいので参戦予定です。詳細はまた別途。


Green Sheep セッション当日、kimiさんからお借りしたCDが秀作でよく聴いております。
EarlyWorks_DaveNeiman.jpg1988年に出たDave Neiman というHammered Dulcimer 奏者の古楽集。
古楽そのものは全然詳しくないけど、バッハやヴィヴァルディなどよく名を知る作曲家の作品も含めて実に素晴らしい演奏で、心が洗われる気分だ。


kimiさん、素晴らしい音楽を紹介いただき、ありがとうございます♪




とりあえずWarrior Celt のセットリスト。遅れ参加だったのだが、階段をのぼりながら聴くWild Rover は3階まであがる階段の苦痛を忘れさせてくれるパワーがありましたなぁ。

1)Wild Rover (Song)
2)Merry Christmas (Song)
3)Butterfly (Slip Jig)
4)Gan Ainm/John Ryan's Polka (Polkas)
5)Three Sea Captain (Set Dance)
6)Strayaway Child (Double Jig)
7)?/Abbey Reel/Cregg's Pipe(Reels)
8)Wedding Reel/Ships Are Sailing/Boys Of Malin/Gravel Walks (Reels)
9)I Buried My Wife And Danced On Her Grave/Will You Come Home With Me ?/The Trip To Athlone (Double Jigs)
10)Tarbolton/Longford Collector/Sailor's Bonnet (Reels)
11)Tripping Upstairs/Willie Coleman's/Out On The Ocean (Double Jigs)
12)Saint Mary's/Church Street (Polkas)
13)Taylor's Twist/Cooley's Hornpipe (Hornpipes)
14)Lilting Banshee/Dan Collins' Father's Jig/Morrison's (Double Jigs)
15)Banish Misfortune/Kesh (Double Jigs)
16)Si Bheag Si Mhor/Planxty Irwin (O'Carolan's)
17)?/My Love Is In America (Reels)
18)St.Anne's/The Humours Of Tulla/Glass Of Beer/Dinky's/Shetland Fiddler (Reels)
19)?/Pachelbel's Frolics/? (Reels)
20)Glen Cottage/Tolka (Polkas)
21)Frank's/MacArthur Road/Andy Broon's (Reels)
22)Tom Billy's/Sean Ryan's(Castle)/Sean Ryan's(Nightingale) (Double Jigs)
23)In The Tap Room/?/Peeler's Jacket/Christmas Eve (Reels)
24)? (Slip Jig)
25)Dr. Gilbert/Splendid Isolation/Maid Of Mt.Cisco (Reels)
26)Hunter's Purse/Toss The Feathers #3/Toss The Feathers #2/Toss The Feathers #1 (Reels)
27)King Of Fairies (Hornpipe)
28)Over The Moor To Maggie/Bucks Of Oranmore (Reels)


Green Sheep のセットリストはまた後日、多分・・・。(12月28日追記)
1)Cup Of Tea/Banshee/ ??? The Tuckles (Reels)
2)John McKenna's Jigs (Double Jigs)
3)?/Humours Of Tulla/St.Anne's (Reels)
4)I Buried My Wife And Danced On Her Grave/Will You Come Home With Me/The Trip To Athlone (Double Jigs)
5)A Drop Of Goodbeer Tunes
6)A Drop Of Goodbeer Tunes
7)Christmas Eve/Sally Garden (Reels)
8)White Petticoat/Willie Coleman's/Mist Covered Mountain (Double Jigs)
9)3 Polkas
10)Tobin's/Kerfunken/Behind The Haystack (Double Jigs)
11)2 Reels
12)Garrett Barry's/The Humours Of Ennistymon/Cliffs Of Moher/Tom Billy's (Double Jigs)
13)Smilar
14)?/?/?/Mouth Of Tobique (Reels)
15)Frank's/MacArthur Road/Andy Broon's (Reels)
16)Wise Maid/Cooley's (Reels)
17)?/Maudabawn Chapel (Reels)
18)Three Sea Captains (Set Dance)
19)Da Slockit Light (Air)
スポンサーサイト



[ 2010/12/21 01:07 ] Session & Event | TB(0) | CM(4)

No title

今年はいろいろお世話になりました。
秘かに計画していた「僕の撮影したモハーさんの写真をブログに採用してもらう計画」も成功したので、今年のセッションライフに一片の悔い無し!(笑)
来年もよろしくお願いします。
[ 2010/12/21 21:33 ] [ 編集 ]

No title

>隣にいたMさん

あはは、写真おおきにです。
だいぶん、我がGXRの操作にも慣れてこられたようですね(笑)。前回記事(Tapestry)のサムネイルにしている写真もあなたが撮影したのではないかな。

>今年はいろいろお世話になりました。

こちらこそ!
わざわざこう書いてあるということは、木曜日の高田馬場も、土曜日の武蔵小杉もご欠席かな。
また、「A-E-F」の鬼畜セット、一緒にやりましょう。
あ、「Cooley's Hornpipe」は普及活動しないといかんね。
[ 2010/12/22 00:20 ] [ 編集 ]

Dave Neiman

モハさん、こんばんは。
中々お会いする機会がなくてアレですね。
12月の四谷も自爆してしましましたし。
あ、関係はその後修復されておりますので、
ご安心下さい(だといいなあ)。

Dave Neimanですか、懐かしいなあ。
その人はよく知ってます。
今から20年以上前ですが、日本に来て、
一緒にライブもやりました。インタビュー
をして、記事がムーンシャイナーに
載ったりしました。私も独身で大阪に
居た頃です。 
良いCDを得ましたねえ。今度聞かせて下さい。
[ 2010/12/26 00:25 ] [ 編集 ]

ご無沙汰です

>熊五郎さん

確かになかなかご一緒できるタイミングがないですなぁ…。
いやしかし、Dave Neiman をご存知なだけでなく、共演の経験もおありとは、流石ですね。
ではではまたどこぞでお目にかからんことを。
[ 2010/12/26 19:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/616-7241436d