FC2ブログ






一年越しのHappy St.Patrick's Day

気がつけば当ブログも17万アクセスを突破していたようで、ご覧頂いている方々に感謝申し上げます。

この間の週末、天候は少々厳しかったようだが、まずは無事に表参道のパレードができたこと、センパトに付随するイベントが開催されたことにおめでとうございます、ですね。
私めは基本的にパレード不参加の方針で今まで来ていて、昨年はその禁を破ろうとしたら震災が起きたので自粛しておりました。いくつか参加依頼を送っていただいたのですがスミマセン。時期的にも今年は阪神大賞典(G2,天皇賞の前哨戦)・スプリングS(G2,皐月賞の前哨戦)と被ってしまったので競馬を優先しました(笑)。

それにしてもこれはヒドいぞ・・・呆
Hansindaisyoten_2012.jpg

馬単ではなく馬連・枠連・ワイドにしておいたからよかったようなものの、こういう変なクセを持った強い馬というのは実に性質が悪い。こういうアクシデントを見ると10年ほど前にラガーレグルスという困った馬がいたことを思い出す。共同通信杯時にゲート内で膠着して2秒の出遅れ、皐月賞では発走寸前にゲート内で立ち上がり騎手を振り落としたばかりか、馬自身もゲートから出ることができなかったという椿事を引き起こした馬だ。結局ゲート再審査がうまくいかなかったり故障でその後一度もレースに出てくることはなかった。
今回のオルフェーヴルの逸走に対して平地調教再審査が課されるらしいが、馬券を買う立場としては極論するとこういう馬はできれば一定期間出走禁止にしてほしいと思う。単勝1.1倍の馬がこれでは正直やってられない。
何より気になったのはオルフェーヴル陣営のコメント。直接取材しているわけではないからマスコミの報道にも問題があるかもしれないが、陣営からはすべて馬の問題みたいなコメントが目立ち、よく調教されていない馬を出走させた責任は重いという雰囲気があまり感じられない。ジョッキーにしても馬の後ろに入れてなだめることさえせずにずっと外目を回していたし、直線で内へ斜行しているのに左ムチを入れてヒルノダムールの進路妨害をした稚拙な騎乗をもっと反省すべきと思う。



それはさておき・・・

3月17日(土)は本当のSt.Patrick's Dayであったが、関東地方は朝からずっと雨でした。横浜パレードは大変でしたろうが、翌18日(日)は時折雨が降ったもののどうにか持ちこたえたようで何よりでした。昨年あんなことがあっただけに関係者各位もホっとされたのではないでしょうか。
私めはテレビでの競馬観戦を終えてからおっちらおっちらと御徒町までお出かけ。Warrior Celtでのセッションに参加してきました。
例年ごった返す店内ですが、今年は静かでした。某所でお会いした丙○さんに伺ったところ、パレードに参加している外国人がすごく少なかったとか。その辺も影響しているのかもしれませんね。

奏者席も空席があるぐらいの状態でセッションは始まりました。
WarriorSession_20120318_1.jpg
NoktonClassic40mmF1.4 with GXR
WarriorSession_20120318_2.jpg
NoktonClassic40mmF1.4 with GXR

そんな中、新たな蛇腹チームが誕生・・・笑
WarriorSession_20120318_3.jpg
NoktonClassic40mmF1.4 with GXR
WarriorSession_20120318_4.jpg
NoktonClassic40mmF1.4 with GXR
なかなか息の合ったよいセットでした。


途中から578さんとHagiさんも登場。セッションに勢いが出てきます。
WarriorSession_20120318_6.jpg
NoktonClassic40mmF1.4 with GXR


私からは「Jenny's Welcome To Charlie/The Girl That Broke My heart/Exile Of Erin/Hunter's Purse/Toss The Feathers #3/Toss The Feathers #2/Toss The Feathers #1」という長ったらしいセットを出しました。通常は最初3曲をセット、最近出していなかった後半4曲をセットにするのですが、たまたま思いついてやってみた割にはまぁまぁだったかな。因みにToss The Feathersは、#3→#2はできるけど、逆はできません・・・苦笑

まったりとお祭り気分を楽しむよいセッションでした。
WarriorSession_20120318_8.jpg
Summitar5cmF2 with GXR
WarriorSession_20120318_9.jpg
Summitar5cmF2 with GXR




翌日は仕事だし早めに切り上げて品川で途中下車。
Sinagawa_20120318_1.jpg
Summitar5cmF2 with GXR

こちらはほぼ満席。ピーク時は席に入れない奏者結構おられたらしい。
Sinagawa_20120318_2.jpg
Summitar5cmF2 with GXR
ダンスのステップ練習もやっておられました。
Sinagawa_20120318_3.jpg
Summitar5cmF2 with GXR


余韻、余韻・・・。
スポンサーサイト



[ 2012/03/20 12:33 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

No title

>>陣営からはすべて馬の問題みたいなコメントが目立ち、よく調教されていない馬を出走させた責任は重いという雰囲気があまり感じられない。

ヘンテコなレンズを作ったメーカーが「ガラスの質が悪くて・・・」と言うが如しですかね?

例えが悪いって・・・(笑!
[ 2012/03/20 16:05 ] [ 編集 ]

No title

Northfieldさん

>ヘンテコなレンズを作ったメーカーが「ガラスの質が悪くて・・・」と言うが如しですかね?

ははは、言い得て妙です(笑)
Summarなんかはレンズの設計者が素直に「前玉に不向きな素材を使った」と認めたという話を聞いたことがあります。Summaritもそういう節があるみたいですね。

競走馬については気性が悪い馬がいるのは事実で、じゅうぶんな調教をしないまま出走させている例は結構あると思います。逆走してしまった馬もいましたね、そういや・・・苦笑。

[ 2012/03/20 16:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/665-dc1cb600