FC2ブログ






危険なお誘い

昨日、外出した帰りにブルードラッグさんに寄ってきた。諸事情があって、今年初めてである。過去にも書いたことがあるが、店のオーナーが毎年ジャンゴフェスに出向いておられて、美味しい音源・映像を楽しめる私のお気に入りだ。
18時30分頃に顔を出すと既に先客が2名様ほど。一人で行った私は自然にカウンターに座りオーナーとだべりつつ時間が過ぎる。ここまではいつものパターンで、Rosenberg Trio のライブ映像を見つつ酒とアテを愉しんでいた。オーナーからは「23日にフリーセッションがあるから是非」などと誘われたのだが、まぁそれは酒の席の話だからとやり過ごしていたのだが、これがなかなかのタフ・ネゴシエイターで「何でもいいからやりましょう。アイリッシュ・フィドル?全然大丈夫ですよ。適当なフィドルを店に置いておきますから」などといつの間にか相手のペースにハマっていたりする(苦笑)
この辺までは、まぁ想定内の話なんですが(笑)、ここから段々変な話に進んでいくのが恐いところ。先客二名様がとんでもない方々だったのです。一応名前は伏せておきますが、その筋の方が聞けば「うそ!」みたいなお二人だったのだ。そんなことも露知らず話に入ってしまった私が悪うございましたの世界なんですが...。お二人のうち、一人は元々某有名バンドでギターを弾いておられた方でもう一人はその方にバンジョーなどを手ほどきされていたマンドリンの名手。いろんなお話を伺うことができて非常に有意義だったのですが、マンドリンの名手氏は「え、Grismanが好きですか?やりましょう、やりましょう、一緒に。私は○○や○○なんかOKですよ」と有無を言わせぬ攻撃。弾けるわけないやない...、とかわすんだが、「大丈夫、大丈夫、練習したらできるよ」とすぐに引き戻されてしまう。マンドリンが店になかったのは幸いだったが、どうもマズイなぁ(苦笑)こちらの方がさらにタフです。交渉のレベルを超えておられます。
23日、仕事の都合さえつけば見物客として顔を出したいんだけど、もしかしてあの方が来られたら...、ヤバイなぁ。どうすべぇかな。
スポンサーサイト



[ 2006/02/19 01:46 ] Django | TB(1) | CM(4)

過去記事への遅レス失礼します。
ブルードラッグといえば、地元池袋で
一度セッションマスターマイクさんに誘われて、
ライブを覗きに行きました。
ギターを演奏する親子のミュージシャンを始め、
大勢のウクレレ奏者がすごく楽しそうな雰囲気でしたね。
お勧めのイベントなどあったら是非教えて下さい!
[ 2008/05/11 21:30 ] [ 編集 ]

ブルードラッグ

>ユーカリ@tin whistle さん

古い記事でもコメントは大歓迎ですよ。ありがとうございます。

マイクさんはDjango Reinhardt を祖とするGypsy Swing も大好きで盛んに「Django Session をやろう」とやすこさんともどもお誘いを受けます。Cock O' でもさかんに拉致もとい誘致を図っているときがありますね(笑)

ブルードラッグさん、経営形態が若干かわってしまってから足が遠のいてしまっていますが、ライブやセッションなどは相変わらず盛んですね。また一度ご一緒致しましょうか。
[ 2008/05/11 21:49 ] [ 編集 ]

やはり^^

もはーさん、やはりあれは「拉致」だったのですね。
そうそう、ヤスコさんもご一緒でした。
色んな楽器編成があるようですね、
クラリネットや管楽器が登場するのも楽しそうです。
いつか皆さんでご一緒しましょう♪
[ 2008/05/12 21:43 ] [ 編集 ]

ははは~^^;

>ユーカリ@tin whistle さん

多分マイクさん達とご一緒された時点で「仲間」扱いにはなってるか、と(笑)

特に決まりはないので楽器は問わないともいえます。実際、Django のバンドにはクインテットといいつつも、ヴァイオリンが入ったりクラリネットが入ったりと色んな編成があります。

この辺は音源だけは昔に齧った世界なので興味あるならまたお話いたしましょうね♪
[ 2008/05/12 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/67-4ba2f3ac


フェブラリ-の反省2

福永のコメント
[2006/02/21 00:50] URL 傾向と対策