FC2ブログ






春け~り~@Morrigan's 2012

前回記事で触れたとおり4月5日(木)はMorrigan's@四ツ谷へ。
R0040125.jpg
セッション前にくつろぐ面々。
Xenon35mmF2

きっちり人数が揃ったが、19時40分頃にお店に到着した時点では私を含めて奏者二人という状況で少々ビビった・・・笑

最終的に奏者はこのメンバー+私。
R0040170.jpg
Xenon35mmF2

店内は徐々に混み始めてパブらしい雰囲気。
R0040185.jpg
Xenon35mmF2

序盤は各々のセットを出していきながらまったりと。
R0040204.jpg
Xenon35mmF2

「何かリールをお願いします。変なヤツじゃないので・・・」というネタ振りがあったので「Cooley's/Cup Of Tea/Banshee/Sailor's Bonnet」を。Cooley's/Cup Of TeaはTulla Ceili Band(最後にWise Maidがつく)、Cup Of Tea/Bansheeは大森さんのセット(最後にHand Me Down The Tuckleがつく)、Banshee/Sailor's BonnetはBothy Bandのセット(前にSalamancaがつく)という他人のセットつまみぐい&つなぎセット、もしくはシリトリである(笑)。

実はこの日は某団体のダンスチームがご来店。
R0040236.jpg
となれば、当然ケーリーになる。
Summicron-C40mmF2


ダンスをちゃんと見ながら弾くのが伴奏する側の大切なポイント。
R0040222.jpg
本当は足元を見ながらですが、場所的にそれはムリですけど・・・。
Summicron-C40mmF2


ケーリーの曲はよく知らないのが多いし、知っていても速い・・・苦笑。
R0040253.jpg
従って、こうして写真を撮る時間が増えます(笑)
Summicron-C40mmF2


せっかく盛り上がっていたのですが、下の階から苦情があったそうで急遽場所をカウンター近くに移して再開でした。キッチン・ケーリーとかいう言葉も聞こえましたが、狭いスペースでもうまく対応されていたダンサー達。
R0040287.jpg
R0040336.jpg
かなり激しい動きですが、実に楽しそうですね。
Summicron-C40mmF2


楽しいダンスを支えた好メンバー達。
R0040366.jpg
R0040449.jpg
R0040450.jpg
R0040518.jpg
お疲れ様でした。
Summicron-C40mmF2


お客さん達と奏者達はダンサーを称え、ダンサー達はお客さんへの御礼と奏者を称える。
R0040533.jpg
パブにいるみんなが一緒に盛り上がったよい一夜でした♪
Summicron-C40mmF2


締めの一曲を奏してケーリー&セッションは終了。
R0040542.jpg
Summicron-C40mmF2


ケーリー用の曲、ちゃんと覚えないとな~・・・苦笑
スポンサーサイト



[ 2012/04/08 16:40 ] Session & Event | TB(0) | CM(4)

No title

ダンサーとミュージシャン、写真をみると「ハッ!ダンス音楽やった・・」と、初心とゆーか、アイリッシュ音楽を弾く基本とゆーか、立ち返れます。曲だけを楽しむのも1つにはあると思いますが、ダンスチューンであることを忘れてはいけないなーと。ここ最近小手先ばかりの追求になりがちで、ほんとにハッとしました。
29日はニアミスになってしまうのが残念です・・

しかし、写真の自然な色合い、クリアさ、ピントの合わせ、ブレ具合、何より雰囲気が伝わってくる一瞬のタイミングに、おぉ・・とヨナヨナボソッとつぶやいてます。
[ 2012/04/08 23:29 ] [ 編集 ]

No title

padawanさん

ご無沙汰でございます。
29日、博多へひとっ飛びと行きたいところですが、今回は自重で申し訳なし。また機会をつくってくださいまし。Celtsのオーナーさんにもよろしゅうお伝えくださいませ。

>曲だけを楽しむのも1つにはあると思いますが、ダンスチューンであることを忘れてはいけないなー

これはいつも悩む問題でして・・・。
私は基本的に「曲を楽しむ」がベースにあります。次にあるのはどういう曲をつなぎあわせてセットのイメージを作るか。
ケーリーに参加すると、良くも悪くもとにかく展開・速度がはやい→ついていけない、というのが今でもトラウマです。ただ、Kevin Burkeなんかも「これはダンス音楽だから」と強調しているように、根底にあるこの音楽の成り立ちは意識せざるを得ません。

写真、正直こんなにハマると思っていませんでしたが、発想をかえてデジタルならではの「とにかくシャッターを切ってしまえ」が今のスタイルです(苦笑)。銀塩ではコストを考えるととてもできない手法ですが、こういう動きが多い被写体を撮るときはアナログ連写みたくひたすらシャッターを切ってモノになりそうなものをピックアップするのがかえってよいと思います。

実は実戦をこなしながらひとつだけ、こうすれば何とか誤魔化せるというのは気付いたのですが、これはまたお会いしたときにでも(笑)
[ 2012/04/09 01:02 ] [ 編集 ]

No title

>曲を楽しむ どういう曲をつなぎあわせてセットのイメージを作るか

わかります!ダンスと合わせる時でも、ダンスに合わせたバース?でおさまるように選曲してました。「えいっ」と出した曲でダンサーからよい反応をもらったことがあるのをふと思い出しました。双方、曲を楽しんでることには違いないんですね。
決まったセットで練習してたらセッションで組み替えようとしても頭と体が分離して動きますね・・まだまだ修行不足。

展開・速度は同感です・・

オーナーには、ちゃんとお伝えしておきます。

[ 2012/04/13 01:40 ] [ 編集 ]

No title

padawanさん

>決まったセットで練習してたらセッションで組み替えようとしても頭と体が分離して動きますね・・まだまだ修行不足。

そうなんですよね。即座の組み換えはなかなか難しい。セットの中の特に真ん中を抜かれてしまうと毎度苦労します・・・苦笑。

[ 2012/04/14 10:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/672-3c83f4fc