FC2ブログ






桜とレンズの饗宴2012

4月3日の暴風雨を過ぎたら一気に花を開き始めた今年の桜。各所へ桜巡りをしたワケではないが、色んなレンズで撮りだめてきたので一挙公開である。

以前の記事でアップした永代橋の桜で、茅場町側のもの。
R0032874.jpg
Elmar3.5cmF3.5

Elmar5cm、Elmar3.5cmに採用されているTessar型のレンズというのは実に描写が安定しているなぁ、と撮るたびにいつも感心する。期待を裏切らない万能レンズと思う。

日本橋のさくら通り
R0040097.jpg
Summar5cmF2

写メを撮る人多数。見事な桜並木に感嘆の声が響く。「春が来た!」という感じだね。
この日は花霞の雰囲気にしたかったのでSummar5cmF2で。ややピントが外れている感もあるが(苦笑)、狙い通りの描写が得られた気がする。

東京駅八重洲側。
R0040869.jpg
Summitar5cmF2

Summitar5cmF2はお気に入りのレンズ。所有している50mmレンズの中ではElmar、Xenonと並んでよく使っている。これよりもっと淡い感じやボケた感じがほしいときはSummarの登場になる。

ここは四ツ谷、上智大学の傍。ここも桜の名所だ。
R0040551.jpg
以前載せた写真のモノクロ・バージョン。

Summicron-C40mmF2も期待を裏切らないレンズのひとつ。あまりにも容易によい絵を出してくれるのでこれに慣れ過ぎるとよくないかな、と思うくらい。Elmarと並んで私が最も信頼できるレンズのひとつである。

ここは大師公園。桜はきれいだがバーベキューは・・・。集団行動が苦手ってのもあるけど、大勢が昼間から集まってダラダラ酒を飲むというのは個人的にはあまり好きではない。バーベキューは匂いも強いしね・・・。
R0040566.jpg
M-Rokkor28mmF2.8

新入りのM-Rokkor28mmF2.8初登場。ようやく28mmレンズの鉄板が入手できた。Elmaritもいいなぁ、とか指をくわえてオークションを眺めていたけど、この映りをしてくれるなら別にいいや(負け惜しみも少々・・・)。
R0040587.jpg
つい嬉しくなって無意味にパンフォーカスで撮ってみたくなる(笑)


真昼間に使うのは初めてのXenon5cmF1.5。
R0040691.jpg

夕方の川崎駅周辺。モノクロも悪くないと思う。
R0040720.jpg
Xenon5cmF1.5


突然不粋な建物で失礼。多摩川土手に行く道すがらのこのあたりは今でこそ高層マンションが立ち並ぶが、もともとは工場地帯でその名残がこの教習所である。宅地に侵食され地価も上がり工場は姿を消したが同時にこの周辺の桜もマンション建設と同時に姿を消した。「誰が散った花びらの掃除をするか」みたいなくだらない理由だと聞いたことがある。
R0040745.jpg
Summicron5cmF2
おっと話が横道にそれましたな。
R0040779.jpg
Summicron5cmF2
多摩川土手の桜並木。遠景も撮りたいのだが無限遠のピントが甘いのが辛い・・・。

これは随分前に仕入れたけど初めて登場のレンズ。
R0040792.jpg
CanonLens28mmF3.5。クセのないレンズで扱いやすい。


Elmar9cmF4。外撮りで威力を発揮する画角だが慣れるまでは手ぶれが目立つ・・・苦笑。「ライカの90mmにハズレなし」ということを時折聞くが確かによい映りをする。
R0040812.jpg


大横川沿いの桜並木。ここも桜名所で、川沿いというところがポイント高い。
R0041077.jpg
Summarit5cmF1.5

散り際も風情がある桜。
R0041086.jpg

逆光には滅法弱いと定評のあるレンズだが・・・
R0041099.jpg
ハチャメチャな絵になることを覚悟の上だったが結果はよい方へ転んだようだ。

花筏に浮かぶ舟。ピントが甘くなったが風流だ・・・。
R0041131.jpg
Elmar5cmF3.5


ボチボチ関東圏は見頃も終わりましたな。
スポンサーサイト



[ 2012/04/14 11:24 ] Camera | TB(0) | CM(2)

No title

京は、日曜の風雨にやられ、見事新芽ザクラとなりました・・
逆光の桜、すごい絵になってますね!春を感じるのと幻想的な雰囲気があるのにしばらく見入ってました。
最近、デジカメの教科書なるものをようやく購入、LUMIX GF-1ですが、ちょとしっかり使いこなそうと。F値やダイヤルのアルファベットの意味がやっとこ理解できた程度ですが・・
レンズの特徴まで知るには程遠そうですが、フムフムと見てます。基礎の「き」からですが、楽しみにしてます!
[ 2012/04/24 01:11 ] [ 編集 ]

padawanさん

私もライカレンズに踏み入るまでは似たようなものでした。デジタルよりアナログ、オートよりマニュアルの方が絞りやF値などは理解しやすいですね。
オールドレンズ達は、当然ながら現代のものより安定性やクッキリ度では劣ると思いますし、明るさも現代では当たり前のものでもその当時最高レベルだったりしますが、長く愛用されてきたなりの理由なり表現力が魅力です。
デジタルで再活用できて、フィルム代・現像代を気にせずバシャバシャ撮れるのがありがたいですね。
煌めく桜、実は一発撮り。大して大きい桜でもなく、背景もビルなんですが、絞り開放と逆光への弱さがうまく活きたなぁ、という我ながら会心作です(笑)
[ 2012/04/24 12:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/673-ad2377bb