FC2ブログ






黄金週間奇行2012~二度あることは・・・編~

前夜のフィールドでのセッションを楽しんだ翌日は京都のお散歩。特にあてもなくブラブラして気分次第で適当に写真を撮りながらであるが、昨日も本日もなかなか暑い・・・苦笑。

汗だくになりつつ歴史を感じる看板に惹かれたが・・・
R0043638.jpg
残念ながら今年の3月末で閉店されたらしい。残念・・・。

昼食をすませて「二条城って見たことなかったな」ということで寄ってみた。
R0043702.jpg
Super-Angulon21mmF4 with GXR

本日は曇りがちの晴天で全般的に白飛びの写真ばかり。失敗した・・・。
R0043750.jpg
Super-Angulon21mmF4 with GXR

花もいろいろと咲く時期で後半はSummicronで。
R0043762.jpg
Summicron50mmF2 with GXR




29日は元みどりの日セッション@Woodnoteの日。昼間のライブ出演も毎度お願いされるのだが、天皇賞当日だけに今回もお断りした。二条城以外にももっと見て回りたかったのだが汗だくだし天皇賞だし・・・。

勝ったのは14番人気のビートブラックだった。
HaruTen_2012.jpg
ダントツ人気オルフェーヴルは惨敗。だから暫く出走禁止にしろって言ったじゃん(苦笑)


実は京都観光ではなく淀競馬場へ行きたいなとか考えていた。レースを見たいからではなく、場内にどんなヤジが飛ぶのかという下衆な興味があったのだ・・・笑。
前哨戦の阪神大賞典があんな結末だったし、会社の競馬友達と「大外18番とか引いたら笑うよな」とか言っていたら本当に大外を引いて爆笑になったぐらいで、そもそもミソがついた天皇賞とは思っていた。18番枠未勝利データがまことしやかに囁かれていたが、これは単なる偶然。人気馬が18番に入った例が見当たらないからだ。ただ、馬柱を見て人気馬が外目の枠に偏っているのは気になっていた。金曜日の時点で打った印は・・・

◎オルフェーヴル
○ウインバリアシオン
▲ビートブラック

だった。
オルフェーヴルはまともに走れば堅いだろうし、「僚馬のオルフェーヴルを負かしてもいいよと言われている」という勝ちに行く気満々のトーセンジョーダンよりは、「オルフェーヴルに勝つということではなく、この馬らしい走りを」というウインバリアシオンを上位に取り、内枠を引いた中では菊花賞3着の実績があるビートブラックを穴とした。普通なら3連複を厚めにというところだが、オルフェーヴルの能力は認めつつ、おかしなことをやりかねないという危惧もあるから邪道とは思いつつ勝負馬券はワイドにした。
豈図らんや、ビートブラックとウインバリアシオンのワイドで8,870円もついた大勝ちである。1-3着でも当たりになるワイドというのは今ひとつ達成感がない馬券であるが、いやいやでも買わざるをえない人気馬がいるときには稀に有効な手段となる。大昔に有馬記念で穴馬ダイワテキサス(3着)からワイドで1・2着馬に1000円ずつ流して、本命対抗一点勝負(1万円)した知人より儲けるという嫌味なことをした前歴を持つ私だが、今回に関しては信頼して大きく賭けるという気がまったく起きなかった故のワイド勝負だった。オルフェーヴル不発の原因はこれから諸説舞うのだろうが、阪神大賞典のような事件を起こした馬と関係者に対してなにがしかの歯止めは必要だと改めて感じた。見せ場すらなく敗れてしまった背景はいろいろとあるハズである。人馬ともに正常な軌道に収束していくことを希望する。

つづく
スポンサーサイト



[ 2012/04/30 01:29 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/678-6cf05014