FC2ブログ






黄金週間奇行 ~姫路城界隈~

実家へ戻ったのは5月1日。28日に関東を発ってなぜにこんなに時間が掛かるのか・・・、などという野暮なことは言ってはいけない(笑)。今年のGWはどうも天候が不順で翌日はかなりの雨量があった。3日に親父の墓参りしてやおら姫路城界隈を散策することにした。

御存知の通り、姫路最大の観光資源である姫路城は天守閣が平成の大補修中だ。
R0044243.jpg
Summicron50mmF2
エレベーターで上がって補修状況の見学もできるらしく、案外人気だと聞く。

そういや世界遺産になって以来、土産物屋も綺麗になった。
R0044235.jpg
Summicron50mmF2
昔はいかにもという感じの胡散臭い感じが漂っていたのだが・・・。

閉園数十分前に着いたのでお城前の公園を横切ってお城の東側へ回る。
R0044247.jpg
M-Rokkor28mmF2.8
平城でありながら高低差を石垣で見事に造り出していると感心する。

お城の東側のバカでかいデッキ。工事当初にできたものだ。
R0044254.jpg
M-Rokkor28mmF2.8

お城を囲う皮だけでも相当な作業だったと思うね。
R0044264.jpg
M-Rokkor28mmF2.8

お城の東側を北上すると市立美術館。芸術センスがない町にしてはよいデキだ。
R0044273.jpg
M-Rokkor28mmF2.8

この界隈には中学時代に軟式テニスの公式戦場所になっていた学校もある。中学3年の時に自己最高のベスト16にまでいったが、最後の試合は大雨の中でボールがスリップしてサーブが思うように入らずペアを組んだ相手には悪いことをしたという思い出もある場所だ。

北側に回れば天守閣付随物の建物も見える。
R0044284.jpg
M-Rokkor28mmF2.8
晴れていればもっと見栄えが良いかもしれぬ。

空が曇っていても晴れ間がさせばなかなかよい雰囲気である。
R0044306.jpg
M-Rokkor28mmF2.8

余興で堀の外回りをぐるっと回ってみた。
R0044311.jpg
Xenon5cmF1.5

この界隈は母方の縁者が住んでいたところ。随分光景は変わってしまったが、前回記事の高岡ほどではないにしても、比較的昔の家屋も残っている。自分も写った色あせた写真を思い起こす光景ではある。
因みにこの写真、ピントがどこにもあっていないように見えるがあえてそういう狙いをしている。このXenonというレンズは面白くて物体がない空間にピントを持ってくると50mmレンズとは思えない奥行きが出て実際にピントがない空間を中心に周囲が渦巻くような不思議な描写をしてくれる。

いつ頃からこの碑があるか定かでないが・・・
R0044334.jpg
なかなか味なことをしてくれる。帰省の度にいろいろ散策すべきですな。


つづく
スポンサーサイト



[ 2012/05/07 07:47 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/683-dc68d008