FC2ブログ






最新テクノロジーの実力

久しぶりに音楽ネタ、曲を覚えるためとか耳コピーしやすくするとか、いわゆる技術面でのサポートをしてくれるものを紹介しようと思う。

スマホやタブレットの普及により伝統音楽をやる方の大半がご存知と思われるTunepal。これはあえてここで説明する必要がないほど普及しているソフトのひとつだと思う。私自身はずっと継続してきたキャリアがiPhoneの取扱いを始めてからスマホに乗り換えたが、正直なところこのソフトを使いたいというのが第一目的だった。セッションなどで知らない曲が出るとTunepalで候補を出して、「これだ」というものが見つかればEvernoteに送り込んで自宅のPCで確認するといった具合だ。
最近ブログにセッションで出た曲リストを挙げなくなったのは実はこのソフトの影響で、あまりにも簡単に曲名がわかってしまうのでいちいちブログに挙げるのが面倒になってしまったのだ・・・苦笑。ブログ上であまり反応がなかったものの、一部の方からは「あのリストは役に立ちます」と感謝されていたのだが、セットリストを完成させる手間にかまけて記事をアップしなくなるという悪循環では意味がないので、セットリストは気が向いたときだけアップという形で運営します。あしからず。

本題はTunepalではなくて、こちら。
Riffstation.jpg

Riffstationというソフトで、実は起き抜けに顔本を立ち上げたらTunepal関連でこのソフトが紹介されていたのだった。ソフトのデモはYou Tubeでも見られるし、30日間限定の無料トライアルバージョンもあるから興味ある方は使ってみてはどうかと思う。

You Tubeのデモを見るだけでも、「マジか、このソフト!」と驚くが、実際にトライアルバージョンを使って所有するデジタル音源をいろいろいじくり回すと相当驚く。例として音源を挙げてみよう。最初にあげたのはiTunesにある音源をRiffstationでそのまま再生しICレコーダーで録音したもの、二つ目はRiffstationでフィドルの音にフォーカスして再生しICレコーダーで録音したもの、である。


普通の再生

Riffstationで加工して再生

加工した方の音源は不自然な音のひずみが出るが、これはまぁご愛嬌というところで仕方ないだろう。


どうやら周波数特性で複数ある楽器からターゲットを絞り込めるようなのだが、実に見事に音を分離してくれている。サンプルに使った音源はYou Tubeでのデモを見て一番最初にやってみたかった音源だが、イーリアン・パイプスとフィドルの音が被ってよくわからない部分も多かったEileen姉さんのフレーズが実によく聞こえるではないか!。いやぁ、イーリアンパイプスもフィドルも相当ぶっ飛んだ快演だが、フィドル単体で聞くと凄まじい弓使いだと感心する。個々の楽器をしっかり聴くという使い方もいいし、アンサンブルが凝っている音源を試行錯誤してバラしてみるとなかなか面白い。Bothy BandやPlanxtyの音源をバラしてじっくり聴くと実に細かな点まで行き届いた音使いがなされていて楽しめた。

拙い英語力でざっと目を通しただけだが、「コード進行をコピーしたりアレンジを考える際に、いろんな教則本やネット上の情報を探す手間や思ったものが見つからないフラストレーションを抱えるより、実際に聴いてやってみたいと思った実物を解析できる便利さ」を強調していたが、正しくこれはかなり強力なツールになり得ると思う。

もともとはギタリスト向けに曲のコードを解析して、コード進行のガイドラインとして使うというのが目的のソフトのようだが、恐ろしいことに音源をこのソフトで開いたら読み込み終わった瞬間に最初から最後までちゃんとコード付けがなされている。何なんだ、これは・・・!。複雑なテンションコードはムリなようだが、それでもコードの主音やMajor、Minorあたりまではちゃんと解析しているようだ。しかもChord Viewerのタブをクリックするとノーマル・チューニング(ギター)のコード・ダイアグラムまで表記され次のコードまであと何秒という表示まで出るマニアックな仕様になっている。

もちろんこの手のソフトだから再生速度の変更からキーのトランスポーズにも対応している。耳コピーはもちろん、細かいフレーズの処理などに壁を感じている方にはひとつの解決策になりそうなソフトである。処理は決して完璧なわけではなさそうだが、ここまで製品化してきた開発者にエールを送りたくなる素晴らしい企画モノのソフトだと思う。既にThe Sessionでも話題になっているようである。シャレ半分でもよし、アラ探しでもよし、一度トライしてみることをオススメする。
スポンサーサイト



[ 2012/05/15 00:57 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/686-266fec43