FC2ブログ






Rマウントレンズという選択肢 ~~Elmarit(R) 28mm F2.8

ElmaritはライカレンズでF2.8のものに付けられる名称である。読み方は「エルマリット」とする人もいるが「エルマリート」と読むのが一般的で、この柔らかい命名が私は好きで憧れてもいた。ところがこのElmarit、ライカの中では比較的新しいブランドということもあるのだろうが、Mマウントのものは長焦点を除き柔らかい印象とは正反対の力強いお値段のものが多い。豊富な画角を揃えているElmaritであるが、ライカの有名なブランドの中で唯一一本も所有していないシリーズであった。(NoctiluxやSummiluxなど法外といってもよい値段のものは除く)
そこで必殺Rマウント代用作戦である。どうせならMマウントだと高額な広角レンズでひたすら安値玉を捜し続けることにした。比較的安価なRマウントでも「一個のレンズにそんな値段を出せるかいな!」みたいなものが多い中、外ヅラはよくなくても光学系のダメージが少ないと思われるブツがやっと出てきた。

Elmarit(R)28mmF2.8
Elmarit-R28mm.jpg
外観は使用感があるが玉の状態はなかなかよい。

以前M-Rokkor28mmF2.8を紹介したときに、負け惜しみで「Elmaritなんて別にいいや」と言っておきながら、結局入手してしまった・・・苦笑。巷の評判はなかなかよいレンズで28mmならElmarit、みたいなイメージはある。

GXRに載せるとこんな感じ。
Elmarit28mmGXR.jpg

後述の通りフィルター径が48mmだから径はSuper-Angulon(R)21mmF4よりコンパクトだが、レンズ長が長くレンズばかりが目立ってしまうのは致し方ないところである。

レンズ構成は7群8枚、絞りは2.8~22。最短撮影距離は30cmでSuper-Angulon(R)F4ほどではないが、これくらい寄れればいろんな場面で活用できる。フィルター径が48mmだが、タイプによって異なるようだ。48mmのフィルター入手に苦労する場合は48-49mmステップアップリングで49mmフィルターをつけるのが手っ取り早い。

入手してからセッション(既出)だの、真昼間の外撮りだのいろいろ使ってみた。結果は概ね良好で寄ってよし、離れてよしの非常に使いやすいレンズというのが第一印象。レンズの個性を知りたいのでホワイトバランスはオート中心で撮っているが、概ね発色は見たままを忠実に出してくれていると思う。

5月31日、Diglight@高田馬場は恒例のT田さん祭(笑)
R0046014.jpg

R0046090.jpg

こちらは某日の八重洲。オリンピックにかこつけたバスが目を引いた。
R0046098.jpg

R0046101.jpg

Super-Angulon(R)を持ち合わせていれば構図はもっと楽だったとは思う。ホワイトバランスはオートだが赤がちょっと淡い印象ではある。

おーめんセッションの別写真
R0046455.jpg
奏者席の横一列が綺麗に収まるちょうどよい画角である。


昨日は既出のSuper-Angulon(R)21mmF4と一緒に持ち出してスナップを楽しんだが、あれくらい撮影状況に恵まれると案外レンズの性能は比べにくいかもしれない・・・笑。川崎大師界隈を1周目はSuper-Angulon、2周目はElmaritで撮って回ったので出来栄えはともかく狙いはElmaritの方がよかったように思う。
R0046947.jpg

R0046966.jpg

R0046975.jpg


テーブルフォトは間違いなく楽によく撮れる。少し大きめのお皿で30cm近辺に寄るとちょうど綺麗に収まる感じで構図決めがしやすいサイズだ。小皿だと周辺が広く映りすぎるので難しくなる。
感度を少し上げて少し絞るといい感じになると思う。
R0046239.jpg
食べ甲斐のある黒鯛の頭。ちょっと青味が勝った色合いになってしまった。

こちらはほぼイメージ通りの色合いが出た。
R0047057.jpg
金目鯛の刺身。う~ん、美味しいです。


持ち出すレンズの組み合わせを考えてからスナップに出かけることが多いのだが、画角のバランスからもSuper-Angulon(21mm)とElmarit(28mm)の組み合わせは広角側としてはベストかもしれない。遠出するときはこれに40mm/50mm/90mmというラインアップがよさそうだと思った次第。カメラ以外の荷物の多寡で28mmはElmarit(R)かM-Rokkorか、という選択になるだろう。

Rマウントレンズという選択肢、つづく・・・まだつづくのか(笑)
スポンサーサイト



[ 2012/06/12 00:12 ] Camera | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/692-ecddc816