FC2ブログ






青い目をしたSummitar

Rマウントレンズを勢いで落としまくったというのもあるが、試写を兼ねてのお散歩スナップで持ち歩くレンズがカメラ本体より嵩張る重量級のものに偏っているここ最近・・・。今のうちからある程度重量系レンズを持ち歩くのに慣れておいた方がよいとは思うが、久しぶりにMマウントの軽いレンズを持ち出したらあまりの軽さにありがたみを感じたりするのであった。やはり単焦点レンズは自分の足で被写体を狙うので、軽い方が何かと便利ではある。

6月28日(木)Diglight。
R0048458.jpg
R0048485.jpg
R0048493.jpg Summitar5cmF2

久しぶりのSummitar。お気に入りなのに、整備済みSummarやSummicron固定鏡胴に押されて最近出番がなかったのだ。

今年のMUCBはこれまでと少し趣を変えて、偶数月はケーリーを、奇数月はセッションを、メインとして運用されている。で、私は今のところセッション月は弾くけどケーリー月はじっくりと観戦させてもらってます。まだダンスと音楽が自分の中ではつながっていないと感じているのでね・・・。

R0048543.jpg
R0048569.jpg
R0048576.jpg
R0048579.jpg NoktonClassic40mmF1.4


ダンスをする場には照明があまり届かず、ISO3200まで引上げざるを得ないが、F2より明るいレンズなら何とか勝負になる。ダンスを撮るなら明るさ・画角を考えてもNokton ClassicやUltronが使いやすそうだ。画角はいいけど一連のElmaritシリーズはF2.8で少々厳しい。(当日の他の写真はこちらをどうぞ)



某SNSのアルバムに写真を載せている(→こちらをどうぞ)が、6月30日(土)の昼間は夏を感じる日差しでとても暑かったものの絶好のスナップ日和だった。もともとはRマウントレンズの試写で近隣をほっつき回っていたのだが・・・

今日は猿まわしをやるのか!
R0048656.jpg Elmarit(R)24mmF2.8

始まる前に一服していると、すぐ側に現れました・・・笑。おとなしいものです。
R0048678.jpg
Elmarit(R)24mmF2.8

ちょいと黄昏れている感じがなかなかいい。紫煙の先に何が見えるか・・・。
R0048680.jpg
Elmarit(R)24mmF2.8

大師公園散策スナップを終えて戻るとちょうど開始時間。
R0048738.jpg MC-W-Rokkor-SI24mmF2.8

24mmレンズでは迫力がないなぁと思ってSummitarに持ち替え・・・。
R0048742.jpg
撫でておりません、叩いております。

R0048744.jpg 「貴様、輪島か」というファイティング・ポーズ

さすがに絞り開放だと動く被写体相手にピント合わせも儘ならないので途中から5.6くらいまで絞った。
R0048776.jpg
この程度の高飛びは嫌がらずに飛びます。

R0048786.jpg ご喝采、おおきにです・・・。

以上、Summitar5cmF2にて。


実はピーカンの状況でSummitarを使ったのは初めて。状態がよいレンズとはいえノンコートだし、少々眠たい絵になるかと思ったがよく健闘している。
以前にここで見た猿よりもできる芸が少ないようだったが、動く被写体撮りのよい練習でした(笑)



当日夕方に本題のレンズ到着・・・。
R0048982.jpg
Summitar5cmF2(BC)


これもSummitarだが、シリアルナンバーから1950年製造と推定されるブルー・コーティング(BC)のタイプ。状態がよさそうなのに値段がお安く(昼間に活躍したSummitarよりさらに安価だった)思わずポチってしまった。一時期ライカはElmarやSummitarなどでブルー・コーティングのレンズを出していたようだが、入手は初めて。思ったより見た目は青くなく、光の加減をうまくしないとよくわからない。

コーティング有無だけでなく、最小絞りが12.5から16になっていたり、絞り羽根の形状が違ったりと細かな点で戦前・戦後の違いがあるレンズのようだ。

早速フラフラと近隣をお散歩スナップ。面倒だからカメラにセットしてそのままカメラだけを持ち出した。
R0048827.jpg
R0048921.jpg
途中でバッテリーがへたり始めてちょいと焦ったのはナイショの話。

いやぁ、これもいい玉ですなぁ。日差しが昼間ほどではなく逆光に対する性能はまだハッキリとはわからないが、眠たい絵の出現度が低くコーティングの威力を感じる。Y整備済Summarでも感じたことだが・・・。

会社帰りのお散歩スナップにも付き合ってもらった。
R0048928.jpg
R0048943.jpg
往年の大口径レンズだがコンパクト、スナップするには楽でいいなぁ。縦撮りも苦にならない・・・笑。


今の季節なら会社帰りの時間帯でも安心して使えるし、描写の雰囲気もやはりいい。SummarにもSummicronにもない良さがこのレンズにはある。時間があるときにじっくり戦前・戦後の違いを確かめながらスナップしてみたいね。

しかし、ボチボチ仕事着でお散歩するには厳しい季節になってきたようだ。んー、これから数ヶ月、どうしようかなぁ・・・。
スポンサーサイト



[ 2012/07/03 00:53 ] Camera | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/696-2ab80e23