FC2ブログ






Halloween Session @ Warrior Celt 2012

既に触れたとおり、31日(水)はWarrior CeltでHalloweenセッションであった。マストではないものの「仮装歓迎」でビル入り口の立て看板にも「Halloween Party」が謳ってあった。正直なところ、グタグタ書くより写真を見ていただいた方がわかりやすいのでちょいと手抜きで報告しておく(笑)

久々に登場のセッション・マスター Geraldeen。
R0070127.jpg
いつの間にか親族が増えている・・・笑

商品写真は不評だったが、実際被るとバカ受けしたナゾの中国人風マスク。
R0070130.jpg
こういうものを探し当てるのも才能のひとつだね。久しぶりに背中が痛くなるくらい笑った。

結構みんなやる気満々ですな。単なるモノクロよりセピアがいい、という意見があったので今回採用してみた。
R0070145.jpg
確かによいのだが安易に使って誤魔化したくなるからなぁ。ま、このあたりはオーソドックスな仮装ですな。

気づけば横にはサダムもいる。
R0070149.jpg
本人曰くアラファトらしいが・・・笑

因みに私が持参したのは「マダム・ヤン」です。ひょうきん族をご存知の世代なら馴染みがあるでしょう。
R0070132.jpg
最近は中国の民芸品店でもあまり見かけなくなりましたね。

「怖い中国お面が店前にいる」という通告もあったけど、酔ってくるに従い人気が出ました(笑)
R0070199.jpg
最初は嫌がっていたけど弾き始めたら4曲ほどのビッグ・セットでした。

以下サムネイルにて。結構人気になってよかった、よかった・・・笑。
R0070213.jpgR0070220.jpgR0070222.jpg

普段アイ・コンタクトで曲の切替をやっていると被り物だと意思疎通が不安になるので
R0070237.jpg
ついついオーバー・アクションで意思表示、それがまた笑いを生むという感じですな。
R0070256.jpg

動画をヨウツベにあげておいたのでご笑覧くださいませ。(→こちらです)

最も店内に爆笑の渦を巻き起こしたのは、オーナーのAndyでした。気合の入り方が違います。
R0070247_20121101233237.jpg

R0070303.jpg

R0070308.jpg

R0070310.jpg

R0070314.jpg

R0070318.jpg
さすがにこの手のイベントでは、我々日本人はどう頑張っても太刀打ちできません。脱帽です。


ま、しかしSummicron(R)50mmの描写は撮っているこちらが寒気するぐらい素晴らしい(関西風でいえば、サブイボが立つ感じ・・・笑)。本日1日に某所で写真を見せたら「撮っている場もいいけど写り方が凄いですね。レンズでこんなに違うんですね」とビックリされていた。
先日のMaCann'sでもほとんどこの玉を使ったのだが、50cmまで寄れる利点もあるからセッション写真では最強の玉なのかもしれぬ。背景のボケ効果よりもピント面を殊更に浮き出すような描写はF値が違えどElmarも得意技。ピント面はまるで貼り絵をしたような浮き出し方で、これが病みつきになってしまうのだった。このあたりにもライカ玉の麻薬性があるんだろうなぁ。改めてSummicron(R)にも惚れなおした次第であった。


スポンサーサイト



[ 2012/11/01 23:57 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/732-8c11acf2