FC2ブログ






はや、如月・・・

例によって先週の週報。うぅ、もう一年の1/12が終わってしまったのか・・・苦笑。

30日(水)、Warrior Celt。
DSCF4828.jpg
Elmar50mmF3.5(1) + FUJIFILM X-E1

DSCF4834.jpg
Elmar3.5cmF3.5(1946) + FUJIFILM X-E1

DSCF4846.jpg
Summaron2.8cmF5.6 + FUJIFILM X-E1

DSCF4894.jpg
Summicron5cmF2(Radioactive) + FUJIFILM X-E1
X-E1はElmar50mmF3.5(1)→Elmar3.5cmF3.5(1946)→Summaron2.8cmF5.6と使って最後は沈ズミ。

GXRはSummicron35mmF2で押し通し。
R0073457.jpg

R0073480.jpg

R0073482.jpg

R0073491.jpg
以上、Summicron35mmF2 + RICOH GXR


MikeさんやRyanさんと喋っていたら『Triplets of Bellevie』が話題に。全く知らなかったのだがお店のHDからごにょごにょしてもらって家で聴いている。なかなかよいセンスで気に入った。
Mikeさんから「何か他ジャンルのものをセッション用にできないか考えているんだけどね、Hey Judeみたいに」という話があった。これは私もいろいろネタ探しはしているのだが、なかなか難しい。

そ、そ、今週6日(水)のセッションはMikeさんのお誕生日祝いも兼ねてますので、縁のある方は是非お越しくださいませ。



先週は比較的過ごしやすかったのでお散歩スナップもそこそこやってみた。会社帰りのルートそのままだと門仲−茅場町間が殺風景なので、たまには銀ブラもした。社会人になったころは銀座にオフィスがあったので懐かしい場所でもある。

ここは残業が続いたときによく食べに行ったお店。
DSCF4924.jpg
Elmar50mmF3.5(1) + FUJIFILM X-E1
某自動車会社も本社を横浜に移転、食事処の多くも屋号が変わってしまった中で頑張っておられると感心する。

年末の勘三郎さんに続いて團十郎さんも、ここの完成を見ることなくお亡くなりになった。
DSCF4925.jpg
Elmar50mmF3.5(1) + FUJIFILM X-E1
外観は以前のまま。24時間体制の工事らしいがもうひと踏ん張りだね。

ここは歌舞伎座裏の路地。
DSCF4930.jpg
Elmar50mmF3.5(1) + FUJIFILM X-E1

パントルを入手した年、まさしく阪神JFでバカ当たりした翌日にこの路地にあった焼き鳥屋に会社の先輩とやってきた。私はその日が初めてだったが先輩は銀座にオフィスがあった頃から来ていたお店らしく、下町っ子らしい大将の人柄もよかったので私も常連客になった。
実質カウンターのみの狭いお店だったが居心地のよい空間で、歌舞伎座改修工事直前には大将に切符を押さえて貰った。オフクロも私もこれが初めての歌舞伎観劇だったが、本当に行っておいてよかったと思う。数週間後の年末、焼き鳥屋の大将が急逝されお店は閉店してしまったのだった。彼もまた、ここの新装オープンを見たかった一人であったのだが・・・。
めっきりこの界隈に来る回数は減ったが、今でも墓参のつもりで時折通ることにしている。



2日(土)は唐突に春めいた気候で驚きましたなぁ。まだ2月初旬というのに上着要らずの日中でした。ま、外へ出るにはありがたいのだが、横浜駅からCP+開催中のパシフィコ横浜まで歩くと汗だく・・・苦笑。
往きはGXRにElmar90mmF4(Triplet)、X-E1にはXenon5cmF1.5で。

帆を模したようなオブジェがなかなかきれいであった。
DSCF5035.jpg
Xenon5cmF1.5 + FUJIFILM X-E1

Xenonは絞ってもF9まで、という玉だが、F4あたりまで絞れば遠景でもシャキっとする。
DSCF5044.jpg
Xenon5cmF1.5 + FUJIFILM X-E1

方や、GXRにTriplet Elmar。
R0073501.jpg
Elmar90mmF4(Triplet) + RICOH GXR

いずれもF5.6~F8くらいまで絞ったが、さすがカミソリ・エルマー。見事な切れ味だ。
R0073521.jpg
Elmar90mmF4(Triplet) + RICOH GXR
房総新年会でも話題になったが、「ライカ90mmの外れ玉なんてないよね」というくらい90mmは名玉が多い。

帰りはちょっとルートも変えて、GXRに沈ズミ、X-E1にはTriplet Elmarで。
DSCF5118.jpg
Elmar90mmF4(Triplet) + FUJIFILM X-E1

こちらはGXRに沈ズミ。中心部の解像度は固定鏡胴Summicronの上を行くとさえいわれる玉。
R0073585.jpg
Summicron5cmF2(Radioactive) + RICOH GXR

R0073587.jpg
Summicron5cmF2(Radioactive) + RICOH GXR


さすがに逆光には弱いが、漸く沈ズミの決定版を入手できた。既にこのブログでも絵を公開しているが、これは日を改めて紹介する。背筋がゾクゾクするようなよい玉だ。

肝心のCP+だが、とかく人が多いので実機に触れることはあまりなかったが、プリント関係のところなどはよい写真も多かったので結構楽しんできた。肝心のカメラは、驚きなしだったなぁ・・・。ミラーレス&フルサイズ、というサプライズは結局なかったようだ。

Cosina-Voigtlanderは既発売だがUltron21mmF1.8が出色。こうして断面図を眺めるのもオツなものである。
DSCF5049.jpg
11群13枚構成の非球面採用玉。絶妙なところを突いてきた気がするが、10諭吉様では買えないなぁ・・・。

このカメラは結構面白かった(笑)。
DSCF5086.jpg


美人さんがいるところ、カメラマン多数。わたしゃ、人を押しのけてまで撮影する気にならないので専ら隙間から狙っておりました。堂々と人にカメラを向ける貴重な機会であった(笑)
R0073529.jpg

R0073548.jpg

R0073549.jpg

R0073551.jpg




1月が終わったので、X-E1搭載済レンズも更新しておこう。☆印が新たに搭載したレンズである。Summaritだけは撮影例を載せていないが、これはまたいずれ。

Elmar50mmF3.5(1,4)
Elmar3.5cmF3.5(1946)
☆Elmar90mmF4(Triplet)
Hektor5cmF2.5
Hektor2.8cmF6.3
Summar5cmF2
☆Summitar5cmF2(1939)
☆Summicron5cmF2(Radioactive,1952)
Summicron5cmF2(Collapsible,1953)
Summicron50mmF2(Rigid)
Summicron35mmF2(7 Elements)
Xenon5cmF1.5(1937)
☆Summarit5cmF1.5
Summaron3.5cmF3.5(M)
☆Summaron2.8cmF5.6
Summarex8.5cmF1.5
☆Xenogon35mmF2.8
NoktonClassic40mmF1.4(MC)
Ultra-WideHeliar12mmF5.6
Ultron28mmF1.9

(注)X-E1への搭載を保証するものではないので、不具合が生じても当方では一切責任をとりません。自己判断でお試しください。
スポンサーサイト



[ 2013/02/05 01:13 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/759-863c2b4b