FC2ブログ






冬の富山奇行2013(その1)

計画は数年前からあった。あるとき、之師の「ゲンゲ(幻魚、げんぎょ)を食べたい」という一言から「行く算段をつけよう」という話になっていたのだが、昨年のGWに富山訪問した際に「ゲンゲなら2月がいいですよ」と内諾を得て話が進行し始めた。例によってホスピタリティ溢れる当地の御仁たちが身元引受人であり、お宅で調理するのがベストとまで言っていただいた。こちらからは以前に「ギガ音源」を横流ししているので、いつも申し訳ないと思いつつも甘えることにして関東軍のスケジュールを詰め、2月中旬に正式決定となった。ご推奨の2月ではなかったが、3月2日〜3日なら、まぁ2月みたいなものだろう(笑)。

関東から公共交通機関で富山を目指す場合、東京−(新幹線)−越後湯沢−(特急はくたか)−高岡(or富山)というのが最短ルートであるが、何せスキーを始めとする冬スポーツの時期でもあり予定が決まればさっさと指定席をとっておくことが大事である。
R0074357.jpg


実はこのルートで富山へ行くのは久しぶりで、私は東京駅から、之師は大宮駅から上越新幹線に搭乗し、無事に越後湯沢で合流した。

越後湯沢の手前はずっとトンネルなのだが、駅が見えたらビックリ。
R0074366.jpg

R0074372.jpg

噂に聞いてはいたがものすごい積雪量。別世界だな、こりゃ・・・。


はくたかは1997年3月、北越急行ほくほく線の開業に伴い運行を開始した特急列車。最高速度160km/hは国内在来線では京成電鉄のスカイライナーと並んで最高速度の列車だそうである。
越後湯沢から富山まで乗り換えなしで行けるのだが、越後湯沢−六日町は上越線、六日町−犀潟間はほくほく線、犀潟−直江津は信越本線、直江津から富山方面は北陸本線、という多くの路線が包含されていて乗車券の表示を見ると乗った覚えのない路線が記されていて驚く・・・苦笑。運行事業者もJR東日本、北越急行、JR西日本の3社からなっている。北陸新幹線の動向次第だが、先行き不透明な路線でもある。


強風の影響で20分ほど遅れたが無事に高岡着。改札でZEN氏のお出迎えを受け少し遅めの昼食へ。
IMG_5192.jpg
iPhone4S
富山ブラック、ではなく私は白海老ダシのラーメン。うまうま(笑)。


道中は話も弾んだ。以下、いっつぁん女史が苺大福を買いに行っている間の一コマ・・・。

の「う〜ん、あの馬力はどこかで似た方を見かけたような気がするんだが・・・。」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
R0074436.jpg

も「ん・・・?。誰だろう。でもこの世界(アイリッシュ)ならあり得るなぁ。」

の「ははは(笑)、○○(♀)さんだ。少しタイプは違うけど、あの馬力はよく似てる。」

(の・も・・・爆笑)

Z「どこの方ですか?」
も「宮古でアイリッシュやっている夫婦のカミさんの方だよ。」
Z「あぁ、TRADさんのカミさんの方ですか。まぁ、こちらのお方はネ申と呼ばれてますから。」

(思ったより早くお店から出てくるネ申。)

も「あ、あの顔は結末読めたぞ。」
Z・の「売り切れだな、絶対・・・。」

(Z・の・も・・・大爆笑)


よい感じで富山奇行のスタートである(笑)。

櫛田神社。
R0074439.jpg

神馬の厩舎もあり、綺麗な並木道がなかなか。
R0074431.jpgR0074432.jpg

結構雪が降り始めたので撮影は儘ならないが、雰囲気はよい。この神社の横には串田遺跡というものもあり、かなり歴史は古いようだ。再度訪れてみたい場所だね。

ついで夢の平スキー場から散居村を眺める予定であったが、さすがにこれはムリ。
R0074449.jpg
長靴有無の問題ではなく、雪がとても柔らかく股下までズボっとはまってしまう・・・苦笑。

ドカっと積もった雪の光景もいいが、むしろ薄っすらと雪が載った樹木が山水画の風でいいねぇ。
R0074453.jpg

ここはZEN氏のお気に入りスポット、水記念公園。自然の音・空気に身を委ねることができるよいスポットだ。
R0074458.jpgR0074471.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR

ダムの放水の音、静かな川の流れ、さすがに寒いが、静かでほっとする空間であった。庭園も整備されていて、雪解けの時期もよいだろうと想像した。

余は満足じゃ、という之師。
R0074480.jpg
帽子もいけてる?(笑)


晴れ間が見えたと思えば雪が吹き降りになったり、というネコの目の如く変化する天候に驚きつつも、冬場の富山の魅力はこの日だけでも堪能できた。本場の寒さにはさすがに閉口したが、やはり自然の厳しさを感じつつ地場の方々に案内していただくのは観光の王道だと感じた昼間であった。

iPhone以外はすべてSummilx35mmF1.4+RICOH GXRで。高値玉なのに酷使したが、さすがに雪も降る天候ではレンズ交換などやってられないし、X-E1と2台体制もおぼつかないのであった。

つづく・・・。

スポンサーサイト



[ 2013/03/05 01:30 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(6)

!?

!!!!

富山でも有名人になれた~(≧▽≦)ノ

「げんげ」、こちらの「どんこ(エゾイソアイナメ)」みたいな感じかしら??
念願かなってよかったですね(^-^)
[ 2013/03/07 09:09 ] [ 編集 ]

ワシの後ろ姿って、「若さ」がないのね(-.-;)。
[ 2013/03/07 13:56 ] [ 編集 ]

既に・・・笑

>TRAD(♀)さん

ひょっとして、私が喧伝する前に有名人かも(笑)

全国大団円でセッションできたら楽しいだろうと思いますね。
[ 2013/03/07 23:27 ] [ 編集 ]

んなことはない、ある

>之師

>ワシの後ろ姿って、「若さ」がないのね(-.-;)。

いやいや、良い意味で年相応ですって。
でなければ、カメラを向けてませんよ。人が喜んだ光景は背後であろうが横から
であろうがすんなり撮れるものでして。

いい旅でした、本当に!
[ 2013/03/07 23:32 ] [ 編集 ]

な、、、(ノД`)

先日は遠いところを(もはさんには、ヒョイとかも?)遊びにいらしてくださってありがとうございました(#^_^#)
24時間弾劾ツアー(笑) 楽しかったですわ☆

が、しか~し! もはさん、、、何か間違ったイメージを全国区で展開しないで下さいね(^_^;)
なんだか絶対にちがいます~~~~~
[ 2013/03/08 10:57 ] [ 編集 ]

>いっつぁん女史

どうも弾丸で訪れた関東軍をもてなしていただきありがとうございました。
もう少しゆっくりできると最高ですが、まずは富山ファンを一人確保できて何よりだったかと。

>何か間違ったイメージを全国区で展開しないで下さいね

そっかぁ?。かなり客観的事実に的を絞って書いたつもりなんだけどねぇ(笑)
一回、ブラインドで「この人、誰だと思う?」アンケートでもしてみる?

冗談はさておき、本当にありがとうございました。
[ 2013/03/09 00:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/767-12e44c5e