FC2ブログ






GW2013(その5)

またしても間が空いたが、GWのつづき。
3日(金)は手柄山へ。実家からはギリギリ散歩の範囲内でこの日くらいからようやく5月らしさが出てきたので数年振りに足を運んでみた。因みに、例年この時期に家で食べる豆腐料理は冷奴にするのだが、今年は結局最後まで湯豆腐であった。ここ数年、或いは10年くらいで最も気温が低かったGWだったように思う。

DSCF8497.jpg
Super-WideHeliar15mmF4.5 + FUJIFILM X-E1


それはさておき、手柄山は姫路市中心街の南西にあって戦後、手柄山中央公園として整備された。今回は立ち寄らなかったが姫路球場(改修中)・陸上競技場・兵庫県立武道館・姫路市立中央体育館など多数のスポーツ施設がある他、コンサートホールもある姫路文化センターや水族館もある。確かテニスコートも4面ほど持っていたはずで、中学最後の公式戦はここ手柄山のコートだった。因みに自費で初めて行ったコンサートはユーミン@姫路文化センター(「昨晩お会いしましょう」ツアー)であった。

姫路球場はガキの頃に観戦で何度か足を運んだが、観客席こそ小ぢんまりとしているがグラウンド自体はかなり広い部類の球場だったと記憶している。高校野球の試合の他、プロ野球もオープン戦では使われていた。
まだ小学生だった頃、姫路の高校で初めて夏の甲子園を制した東洋大姫路のエースだった松本氏がここで場外ホームランを放ったという話も聞いた。(残念ながらその試合は見なかったが、もっとローカルな広畑球場で氏を見たことがあり、ブルドーザーの異名をとる彼は速いというより重い球を投げておられたと記憶している)
また、高校生のときはその当時の最強チーム池田高校の試合を観に行ったことがあった。ロッカーから出てきた水野氏(池田→読売ジャイアンツ)を見て「同じ高校生でここまで身体が違うものか」と心底驚いたことを覚えている。


また脱線してしまった。
手柄山、歴史は結構古いらしく、「播磨近国の神々が集まり草を手で刈っていた」、「鎌を知らず手で稲刈りをしていた」という由来らしい「手苅丘(てがりおか)」が歴史書(播磨国風土記)では初出のようだ。確かに高さといい規模といい、山よりは丘の方がしっくりする。江戸時代には手柄山一派と呼ばれる刀鍛冶の本拠地もあったらしい。

陽気のよさに誘われたか、この場所にしては珍しく人がそれなりにいた。この辺り、派手さはないが丁寧に手を入れたと感じさせるよい造形だと思う。
R0076612.jpg
Elmar5cmF3.5(M) + RICOH GXR

R0076658.jpgR0076655.jpg
Summilux35mm/F1.4 + RICOH GXR

R0076618.jpgDSCF8490.jpg
左:Elmar5cmF3.5(M) + RICOH GXR、右:Xenogon35mmF2.8 + FUJIFILM X-E1

ただ、いくら陽気がよいといっても例年よりは随分涼しいからアイスクリームは全然売れない様子であった。
R0076629.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR



上を目指していくと・・・。

ここは本当に久しぶり。どうやら市が戦後積極的に観光地として整備した名残らしく、私の生年には「姫路大博覧会」なる地方博も開催されたそうで、西洋の城を模した建物が林立している。
DSCF8511.jpgDSCF8520.jpg

DSCF8524.jpgDSCF8521.jpg
以上、Super-WideHeliar15mmF4.5 + FUJIFILM X-E1


これらは博覧会のパビリオン跡らしい。この手のものを撮るならやはり超広角だろう、ということでX-E1にはSuper-WideHeliar。F8〜11あたりに絞れば小気味よくシャッターを切れる。

ここは1956年建立の慰霊塔。正式名称は「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」と少々長い。
DSCF8527.jpg
Super-WideHeliar15mmF4.5 + FUJIFILM X-E1


ちょいとノンビリし過ぎたので当初予定の姫路駅へは回らず、東雲町方面へ抜けることにした。いつ無くなるかもわからない廃墟もちょいと見ておきたかったのだった。

というわけで、モノレール跡。
R0076660.jpgR0076661.jpg
Summilux35mm/F1.4 + RICOH GXR


先に触れた「姫路大博覧会」にあわせて開業したモノレールだが、採算が合わず1974年に休止、1979年廃止となった。私自身はほとんど記憶がないが、幼い頃のモノレールに乗っている写真があるので何度かは乗ったことがあるようだ。
R0076662.jpg
Summilux35mm/F1.4 + RICOH GXR

路線全部を撤去するにはカネがかかるからだろうから、必要に応じて邪魔な部分は切断されているものの割と残っている。こうした建造物に蔦などが絡まっているとどうしてもラピュタのイメージになってしまう・・・笑。





4日(土)に姫路を発って関東へ。姫路駅前も随分変わった・・・。
R0076664.jpg

R0076666.jpgR0076672.jpg
以上、Summilux35mm/F1.4 + RICOH GXR


まだ完工ではないが、先月30日に姫路駅の新駅ビル「Piole(ピオレ)姫路」がグランド・オープンしたばかりである。山陽電鉄側は昔の面影がまだ残るが、JR側と地下街は大きく変貌した。JR線の高架化が先行して始まった駅前大改修だが、ボチボチ大詰めの雰囲気ですな。
R0076667.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR


初物好きのこの土地柄、GW中は相当な人出だったようだ。一家一台クルマ社会という地域だけに郊外の大形店舗が元気な土地だが飽きられずに続くよいビルであってほしいと思う。と同時に、この商業ビルの煽りで店仕舞いする個人店も増えるのだろうな、と少々寂しさもあるのだが・・・。

夏までにどこまで仕上がっているかを楽しみにしつつ、関東へ舞い戻ったのであった。

GW2013、おわり。
スポンサーサイト



[ 2013/05/19 22:55 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/782-500fb32d