FC2ブログ






名器+名手+名曲、再び

『Tone Poems Ⅱ』/David Grisman & Martin Taylor
TonePoems2
David Grisman(mdn)
Martin Taylor(g)


以前紹介した『Tone Poems』(過去記事はこちら)の続編で、David Grisman のお相手はMartin Taylor。やはり名器を使用しての極上演奏、という主旨です。ギターはアーチトップ系、マンドリンはFタイプ系のモデルが多いかな。選曲もジャズ寄りで、Martin Taylor を意識した作風とも思えますね。
前作がほぼ一発録りと思える作風だったのに対して、本作は効果的にオーヴァーダビングされています。例えば、「Swanee」では、David Grismanがマンドリン・マンドラ・マンドセロを重ねてハモらせています(しかもマンドリンパートはオクターブ奏法満載!!)し、「Teasin' The Frets」等ではMartin Taylor が一人デュオをしていたり、という具合です。

出来栄えは当たり前の如く素晴らしい!!
前作同様、丁々発止のやり取りではなく、まったりと過ごせる雰囲気。名手達ならではのゆとりを感じる雰囲気がいいですねぇ。前作同様、気忙しい日常から解放されたいときに最適の一枚。当然ながら豪華ブックレットも見所満載。

たまにこのブログに遊びに来て下さるkazzさんとお遊びTone Poemsをやったこともあり、私には忘れられない作品のひとつ。この間久しぶりに「Please」を弾いてみようと思ったら...、完全に忘れてました(苦笑)

1)Swanee
2)Teasin' The Frets
3)It Had To Be You
4)Please
5)Mood Indigo
6)Anything Goes
7)Blue Moon
8)Lulu's Back In Town
9)Tears
10)Jeepers Creepers
11)Over The Rainbow
12)Musette For A Magpie
13)Mairzy Doats
14)Besame Mucho
15)Unforgettable
16)Here's That Rainy Day




TonePoems2Sheetおっと、忘れてしまうところでした。これもMel Bay からパート譜が出ています。(写真はマンドリン用)
なぜか、両方持っている私。(今更誰も驚かないか...)
勿論、弾けません(苦笑)


スポンサーサイト



[ 2006/03/16 15:03 ] Dawg | TB(0) | CM(6)

アメリカのアマゾンには

最初の奴のパート譜はありました。
前に紹介していただいたジプシーバイオリンの本もあるし・・・amazon.comは日本へも発送してくれるし・・・

物欲ブログ、こちらへも転移 笑
[ 2006/03/16 22:14 ] [ 編集 ]

物欲極め道?

USでは多分OK、みたいですね。
送料の問題があるので海外へ発注するときはまとめ買いですね。Amazon US は便利なんですけど、教則本や楽譜関係はCDセットで売っていないケースが結構あるのが残念。そういうときは

http://www.elderly.com/

へ発注するのが常ですね、私の場合。たいていCD付きのものとそうでないもの両方を置いてあります。一度購買者になると懇切丁寧なカタログを季刊で送ってきますよ(笑)。これが実に心身に悪かったりする。因みにGypsy Violinもここから買いました、確か。

明日、東京だそうで!再三このブログで登場する新宿ディスクユニオンの本館5F(多分)はトラディショナルやブルーグラス系専門でかなり美味しいものがみつかったりします。教則DVDや教則本もあります。お時間があればいかがですかね。

>物欲ブログ、こちらへも転移 笑

私自身が物欲の塊ですからねぇ(笑)
[ 2006/03/16 23:33 ] [ 編集 ]

ぉお!更に刺激的なページのご紹介ありがとうございます。

http://www.elderly.com/fmic/items/FM62SE-BLK.htm

なんて、とっても、素敵そう。このモデル、日本のフェンダーでも売っているのかな?

明日は、会議が駒込なので、新宿は難しいです。いつか、機会があれば行ってみますね。いずれにせよ、自分の時間が中々取れないので、kityが仕上げるまでは、マンドリンはお預けです。そのころには、マンドリンキットに取り掛かれるかな~ 賽の河原状態かも? 笑

海外ものはCDはいいのですが、DVDが厄介ですよね~。って、ちょうど物欲抑止にはなっているのですけどね 笑
[ 2006/03/17 00:48 ] [ 編集 ]

なかなかいいマンドリンですねぇ(笑)
Elderly はちょっと検索が使いにくいですけど、物欲刺激はかなりのレベルですね。検索が使いにくいのも相手の策略のひとつかも(笑)
DVDは結構フリーリージョンのものが多いという印象がありますね。せめてリージョンコードの情報くらいは載せてほしいですが...。
[ 2006/03/17 07:27 ] [ 編集 ]

頼むよ(Piease)

やりましたねえ “プリーズ”。 あの頃はおもろかった。 今私はEちんさんのフルートの伴奏をギターでひいてます。 レパートリーは“5番街のマリー” “卒業写真”etcです。 転調がなくて楽です。 “プリーズ”半音あげるところ苦労しました(ずらすだけなのに)
[ 2006/03/17 14:38 ] [ 編集 ]

毎度です~。
「Please」は結構ハマりましたねぇ。折角いい伴奏をつけてもらっているのに、納得できる演奏ができたことはなかったなぁ。最後のパートだけ半音あがるとこには随分苦しめられましたね...、お互い。また練習します。フィドルはまだハイポジで弾けないのでもう少し先になると思います(笑)

Eちんさんのフルートはどんな感じですか?今度、アイリッシュもやってみましょうね♪
[ 2006/03/17 15:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/79-5e72c268