FC2ブログ






フィドルのお稽古

通常は2週間に1度のペースでレッスンを受けているのだが、25~26日は先約があり、変則的な形となった。当然ながら平日は練習できておらずお決まりのレッスン当日お茶濁し練習だけでレッスンに臨んだ。

入室すると師匠曰く「貴方のブログを見た、という方が今度体験で来られるんですよ」と。あらら、遂に師匠にもバレてしまいました、私のブログ。はるさん、師匠も楽しみにしましたよ。体験レッスン、愉しんできてくださいね。

レッスンはいつも通りウォーミングアップを兼ねて弾きなれた曲からスタート。
1)Blarney Pilgrim ~ Connaughtman's Ramble(Jigs)
いつもの指摘事項なので省略(苦笑)

2)Kesh Jig
前回同様装飾を入れないパターンから装飾を入れるパターンへ。
もう少し自由に装飾を入れることができればよい、とのこと。わかっちゃいるけど、なかなかうまくいきませんなぁ...。

ここからちょっと趣向を変えて...。
3)The Kids On The Mountain(Slip Jig)
一度Butterfly を試したことがあるが、久々にSlip Jigをお願いしてみた。Jig のワルツ版(9/8拍子)みたいなものだが、普通にボウイングするとアップ・ダウンが引っくり返るので非常に難しい。しかもこの曲、4パートからなる長い曲でハエの脳味噌にはちと辛いものがある。
パートを区切り師匠と何度もあわせて練習。スラー多用のボウイングパターンをしっかり身に付けるのが先決のようです。

4)The Flogging Reel
だいぶん慣れてきたので徐々にスピードアップ。小指の絡むロールはとりあえず及第点。もう少しリズムに独特のうねりが入れば、と思うのだが、まだ譜面通り音を弾くことに必死の状態ですなぁ。

5)O'Carolan's Concerto
The Flogging Reel に続いてロールの練習をメインに。

6)The Dark Island
番外編でエア。この曲も『Blue Shamrock』/Alec Finn に入っている好きな曲。Mike Oldfield も『Voyager』で採り上げている名曲ですな。
頭の中に過去聴いてきた音源の影響か、譜面通りに弾くのが実に難しい。師匠曰く「まぁ、歌えばいいわけであまり気にしない方がいいかも」とのことなので、ちょっと弾きこんでみよう。

7)The Banshee
次回への宿題ということで、師匠と試し弾き。
以前から師匠に「もっとReel をやりましょう」と言われてきたのだが、なかなか進展していないので強制的な宿題みたいなものでしょう(苦笑)
師匠に何度かゆっくり弾いていただいたので曲のイメージはある程度つかめた。練習します!

ボチボチ弦交換の時期に来ているのだが師匠から「D線は伸びやすいのでペグに巻くときに1cm ほど余らせて巻いておくといいですよ」とアドバイスをいただいた。アジャスタをつけていないのでこういう小技も覚えておかないとね。
スポンサーサイト



[ 2006/03/19 15:07 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)

あははっ♪モハーさん、ごめんなさい。
思わず話してしまいました(笑)
モハーさんの情報が無かったらあの教室も
知ることが出来ませんでしたから。

で、行ってきました、1日体験レッスン☆
やっぱりクラシックよりも堅苦しくなくて楽しかったです。
その日にのうちにココに通うことを決めました!
4月からです。
モハーさん。
これからも末永~くお世話になります m(_ _)m
[ 2006/03/20 14:05 ] [ 編集 ]

おぉ、

体験レッスン、楽しめたようですね♪
即、決定とは素晴らしい行動力です。お仲間が増えて私も嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[ 2006/03/21 09:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/81-892036e5