FC2ブログ






私の逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアのタイプ

さて、逆流性食道炎といえども症状や炎症の度合いなどでいくつかの分類法があるようです。
ひとつは「炎症の有無」と「自覚症状」の組み合わせによる分類です。
(1)食道炎(食道粘膜のただれ)がなく自覚症状のみがあるタイプ
(2)食道炎があり、なおかつ自覚症状があるタイプ
(3)自覚症状はなく、食道炎のみがあるタイプ
(1)は「非びらん性胃食道逆流症」、(2)と(3)は「逆流性食道炎(びらん性胃食道逆流症)」と呼ばれます(https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/gerd.htmlを参照)。
私の場合には今年(2019年)4月が来るまでは(3)、4月以降は(2)が当てはまるということになります。

もうひとつは炎症の程度による分類です。ロサンゼルス分類というのが一般的なようで、炎症が無いNから始まり炎症が悪くなるごとにM、A、B、C、Dの6段階に分類されるようです(http://www.jikeisurgery.jp/diseasegroup/upper-dig/esophagus/reflux/index.html) の診断方法の項を参照)。
私の場合は今年4月が来るまではA、7月に行った胃カメラではAとBの中間くらいかな、というのが医師の診断でした。但し、これはいろんなところに書かれていますが、炎症の程度と自覚症状には相関関係はあまりないとされているようです。

また、食道裂孔ヘルニアにも種類があります。最も多いとされる滑脱型、に次いで傍食道型、混合型の3種類に分類されるようで、私の場合は一般的な滑脱型でした。(https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/esophagus/esophagus_07.htmlを参照)
食道裂孔ヘルニアの診断自体には驚かなかったものの、時間経過とともにこれが諸悪の根源かもと考えたのが症状が顕著に出始めた今年(2019年)の4月。横隔膜の上に胃の一部がはみ出ている状態は何か手を入れないと元に戻らないことはよくわかるし、その状態である限り胃酸は必ず逆流することも理屈として分かる。たとえ薬で胃酸を抑えたところで根本的な解決にはならない(しかも胃酸を抑える薬で効果がない)し、外科治療を選択してもいいかと考えたのでした。
となれば、手術のメリットとデメリットや、手術するならどこの病院がよいかとなり、情報収集に時間を費やすこととなったわけです。次項に続きます。

#逆流性食道炎
#食道裂孔ヘルニア
#噴門形成術
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/828-adae30ff