FC2ブログ






術前検査、手術説明など

1.術前検査
胃カメラ、手術日の決定後にその当日できる検査は全て終えたので残るは胸部と腹部の単純レントゲンとCT、そして食道内圧検査でした。日によるのかもしれませんが、祝日(海の日)にこれらの検査を受けました。レントゲンやCTはじっとしていればいいので問題ないのですが、心配していたのは食道内圧検査でした。
詳細はこちらがわかりやすいと思いますが、直径4mm程度(経鼻内視鏡よりひと回り小さいサイズ)のチューブを鼻から食道に入れて行う検査です。内視鏡の場合は鎮静剤を使ってくれますが、この検査では使わないので嘔吐反射が心配だったのです。思ったよりはオエオエ言わずに済みましたが緊張しましたね。
レントゲン台に横になって鼻からチューブを入れ、所定の位置に来たらテープでチューブを固定、5cc程度の水を注射器で口に含まされて医師の合図とともに飲み込む、を10回繰り返します。私の場合はやらずに済みましたが、24時間ph・ビリルビンモニタリング検査をやるとなればあの違和感を24時間感じながら過ごさなければならないので結構大変かもしれません。食道の動きには特に問題はなかったようでこの日は検査だけで終わりました。会計は8820円。

2.手術、麻酔の説明
翌週には麻酔科医と手術担当医からの手術に関する説明でした。これまで行った検査結果をもとに丁寧に説明してくださいます。
IMG_3570_20190922092345ff7.jpg

全身麻酔・手術や入院から退院までのスケジュール等の説明書、手術当日までに注意すべきことなどの書類に加えて膨大な数の同意書が登場します。
IMG_3713_2019092209234603d.jpg

手術時の点滴は左手甲から入れます。結構痛いとも聞くので麻酔科医オススメのペンレステープ(痛みを抑える成分が入ったもの)もお願いしました。同意書は貰った当日にさっさと書いて入院時の荷物と一緒にまとめておくとよいでしょう。
私の場合は独身なので手術当日の立会いはなしにしましたが、その場合は同意書に親族のサインが必要なので郵送でやり取りする場合はさっさとすませましょう。

3.入院準備
最低限必要なものは入院説明書に書いてあるのでこれも早めに揃えておくといいですね。病衣やティッシュ・タオルなどの日用品はお金を出せば持参せずに済ますこともできます。四谷メディカルキューブの場合、二泊三日の入院なので手術着のまま過ごしても問題ないかもしれません。
私が用意したものを記しておきます。
(1)スマホ、iPad、iPod Touchと充電器具、ポケットWifi手術時間(約2時間半)や絶対安静の時間(3時間)があるとはいえ、暇つぶしグッズはあった方がいい。四谷メディカルキューブの場合は全室個室なので控えめな音量であればイヤホンやヘッドホンはなくても大丈夫ですね。コンセントは2穴のものがテーブルの上に用意されていますがスマホ等の充電器具はないので必須です。ベッドで使用するときにも電源供給したい場合は延長コードを持参するか長めの充電ケーブルがあるといいでしょう。Wifi環境はないのでポケットWifiを使っている方は持参してください。テレビ・冷蔵庫は無料で使えます。
(2)スリッパ等の履物
病院によっては指定されている場合があるのでそれに準じて用意しましょう。私の場合は特に指定が無かったのでクロックスタイプにしました。かかと用のベルトの上げ下げで脱げにくくも脱ぎやすくもなるので便利でした。ダイソーにいけば250円(税別)で買えますね。手術室まで歩いていく病院の場合は新品がよいです。
(3)クリアファイル(A4判)
入院時に必要な書類や入院中に貰う書類、領収書等をまとめておくのに便利です。入院時に提出するものはすぐに取り出せる場所に入れておきましょう。スーツケース内に入れてしまうと受付時に大変です(笑)。
(4)飲み物(水、お茶)
私の場合は11時までに入院、手術は15時半からの予定になっていました。この病院の場合手術前2〜3時間までは水分を摂ってよいことになっているので一応お茶と水のペットボトルを買っていきました。院内に自販機がありますが、私の場合は付き添いがいないので術後動きにくいときのことも考えて手術前に冷蔵庫に何本か入れておきました。まぁ、室内にも洗面所はあるんですけどね。

4.その他噴門形成術の手術を受けた後は食道と胃のつなぎ目あたりが詰まる感覚が出ますので、そういう状態でも食べやすいものを手術前に試しておくとよいです。お粥が代表的な術後食になりますが、これはレトルトとか豊富に種類があるので自分の口に合うものを用意しておくといいですね。あとウィダー in ゼリなんかも重宝します。退院後は身体を動かすのもつらいときがあるかもしれないので、手を加えずに口にできるものをいくつか入院前に備蓄しておくと安心です。
お粥をご自身で作る場合には入院前に米を買っておきましょう。術後に重たいものを持つと腹筋を使うことになって結構痛いですからね。入院時の荷物はスーツケースに。受付で出す書類などはリュックに入れました。
IMG_3557_20190922092342f6f.jpg

IMG_3558_201909220923439ae.jpg

病院からの指示にはボックスティッシュ持参とありましたが鼻炎とかでなければポケットティッシュを数袋とウェットティッシュ数袋で充分だと思います。ペットボトル用のキャップストローはベッドに寝そべっていても飲めるので便利でした。
ここには写っていませんが腹帯を用意しました。医学的なエビデンスでは優位性はないようですが、退院後に公共交通機関で帰宅する場合には傷口の保護になるのであった方が良いと私は思います。

5.手術前日
普通に過ごせます。流石にアルコールは控えましたが23時までは食事もOK、それ以降は絶食で水分摂取のみ。病院からはOS-1などの経口補水液を勧められました。翌朝にも飲むので2本は買っておいた方がいいですね。

次回は入院・手術当日のお話です。


スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/831-7c6f2917