fc2ブログ






入院生活と退院

勢いで退院までの話を。

翌朝起床時の体温・血圧測定。お臍周りの圧迫されるような痛みがあると伝えたら座薬を入れることに。「十数分後には効いてくるので回診やレントゲン検査に行くのにちょうどいいですね」とのこと。痛みを感じたら迷わず相談、薬を提案されたら迷わず受け入れた方がいいですね。座薬は特によく効くと思います。痛みの程度によるのでしょうが、私の場合はこの後の痛みにはロキソニン+ムコスタを頓服で対応しました。
まだ採尿をしていなかったので「8時までにはお願いします」とのことで即済ませた。この段階では点滴はルートを残しただけの状態で、回診とレントゲン撮影で問題なければ抜いてもらえます。
IMG_3590.jpg

回診後はこんな感じ。痛みや違和感の本丸は鳩尾とヘソの部分であることに変わりはない。レントゲンで造影剤を飲んでちゃんと胃まで通ることを確認できたら飲み物がOKとなります。
IMG_3595.jpg
推測だけど、黒〇で囲った赤い部分は多分痛み止めの神経ブロック注射跡だろう。術後の痛みが思ったより酷くなかったのはこれのお陰。全身麻酔が効いている間に打ってくれるので私の記憶にはない。

昼食から食事面のリハビリが開始。ほとんど液体ですね(笑)。
それまでにお茶などを飲んでいましたが、少しづつ入れないと飲み物でさえ鳩尾のあたりに突っかえ感があります。
IMG_3600.jpg
この病院ではスプーンやお箸などは病院側から出してくれるので持ち込みは不要です。

入院中は特にやることもないので極力起き上がった状態でスマホやiPadを触っていました。痛みや違和感は段々マシになっているのだが、椅子から立ち上がる時や歩き始めには痛みや違和感が強く、しばらく歩いているとマシになる。無理のない範囲で動いた方が回復が早いと思います。
私が難儀したのは便通でお腹は張っているのにガスも含めてなかなか出ず、15時頃にようやく一回目が来て楽になりました。

夕食はこんな感じ。はんぺんやペースト状のかぼちゃなど、消化しやすい固形物が出てきました。
IMG_3610.jpg
最初の内は少しゆっくり目に食べていたのだが、何口か運んだ後に違和感が。
食道に何かが詰まっているような感じで間を置いたら食道と胃のつなぎ目あたりでグビグビと音を立てながら食べたものが下りていく感触がある。これがいわゆる術後に必ず出るとされる「つかえ感」。当然ながらここからはさらに時間をかけて口へ入れることになった。

翌朝の朝食。お粥もそれなりにお米感があって固形物が増えました。
IMG_3612.jpg
回診前に食事が出てきたのだがこの程度の固形物でもハードルは高い。食べている最中に回診がありました。
先生「お、食事中ですね。どうですか?。」
私「めっちゃ詰まります(苦笑)」
先生「説明した通りでしょ?。しばらく違和感が続くけど、段々よくなる筈だから焦らずにゆっくり食べてくださいね。」

む・・・、そうなんだけど、この程度の食事でも食べ終わるのに一時間半もかかりました。こいつはちょいと手厳しい、というのがその時の素直な感想でした。

回診後の状態です。へその部分以外は瘡蓋みたいな感じで絆創膏が残っています。
IMG_3613.jpg

残るは退院の準備と会計のみ。3割負担で22万円弱、カード払いで済ませました。術後最初の診察もこの時に決まります。
所得区分によりますが高額療養費制度を適用できるので「区分ウ」以下の方ならそれなりにお金が返ってきます。事前に申請しておけば病院での支払い時に高額療養費制度が適用されるので、支払い額を抑えたい方は早めに手続きをすませておくとよいでしょう。
高額療養費の説明はこちらがわかりやすいですね。

付き添いなしなので、帰るときに最も負担がかからない経路は予め調べていました。階段を極力避けエレベータやエスカレータを使いやすい経路です。四ツ谷駅(JR)に入るときは駅を一旦通り越してアトレに入ってエスカレータを使うと遠回りですが負担が少ないですね。川崎在住の私にとって移動時間が一番短いのは中央線で東京へ、東京からは東海道線になるのですが、楽だったのは総武線で代々木乗り換え。同じホームで品川に向かう山手線に乗れるのはありがたかったですね。

退院後から現在に至るまでは次回で。今日は術後364日目です。
昨年7月31日に手術をしましたが、入院して即飛び込んできたニュースがディープインパクトの死亡。あまりにも早くて驚きました。思い返してみると右肩の手術をした日はStephane Grappelliが亡くなりました(翌日にはMichael Hedgesも)。妙なことは覚えているものですね。
スポンサーサイト




術後の副作用について

モハーさん、お久しぶりです。ディープインパクト、悲しいですね💧
私はあれから再手術前よりはいいですが、後方180度程度の噴門で背部が夜にひっぱられて首がちょっと痛くなります、、、💦腹圧をかけないように今もしているとか何か注意してることはありますか❓
まだむくんでるからから噴門形成部がつっぱる感じとかジーンとするときがあります。
モハーさんはそのような症状はありますか❓
何か180度で丁度よい気がします。ただ今後緩んだらこわいですが、、、もうPPIは飲んでないですか❓
私は緩めたので念のためネキシウムを飲んでいましたが、発ガン性があるみたいで手術から三週間たちますが、怖いのでファモチジンに変えました❗
色々大変ですね💦
[ 2020/08/06 23:22 ] [ 編集 ]

さーやさん、ご無沙汰しております。
万全ではないとはいえ、再手術前よりはよいというのはよかったですね。
腹圧についてはあまり注意していませんが、ガスが溜まりそうだなと
思ったら水分を少し多めにとって消化器が動いてくれることを期待したり
しますね。
噴門形成部は時々塊がある感じはまだ残っています。PPIは飲んでいません。
現在、最終の記事を取りまとめているところですが、先日の胃カメラでは
噴門の状態は問題なく、炎症も跡形もなく消えていました。もちろん
逆流性食道炎と食道裂孔ヘルニアを治すために受けた手術なのだから
当然でしょうが、変貌ぶりに驚きました。
[ 2020/08/07 17:07 ] [ 編集 ]

初めまして。
二年前より逆流性食道炎で苦しんでおり、手術を検討し始めブログを拝見させて頂いております。
大変分かりやすく詳細に書いて下さり、とても勉強になります。ありがとうございます。

質問させて頂きたいのですが、手術前の症状は胸焼け以外にどのようなものがありましたか?
また手術してよかったですか?術後の後遺症などはありましたか?
[ 2020/08/12 15:20 ] [ 編集 ]

モコさん

初めまして。
手術前の症状については以下の通りです。因果関係が怪しいものもあります。
・食後の膨満感
・呑酸によると思われる口の中の不快感
・鳩尾や胸部あたりの痛みや不快感
・虫歯ができにくい体質なのに虫歯が増えた
・寝起き時の激しい咳き込み

食後の不快感は今でも出ることがありますが、それ以外については今のところ
解消されています。
ガス溜まりがなかなか解消されなかったり、鳩尾のあたりに塊があるような
違和感が出ることがありますが、私にとっては手術してよかったと思います。

ご不明な点がございましたら遠慮なくコメントしてくださいませ。
[ 2020/08/12 15:40 ] [ 編集 ]

お忙しい中ご返答ありがとうございます。
症状は胸焼け以外にも沢山感じていらっしゃったんですね。
私も現在、同じような症状が1日中続いており、薬も全く効かず、食事療法や整体や体操など色々試しましたが全く変わらず途方にくれている所です。
術後かなり症状が変化され、手術して良かったというお言葉をお聞きする事が出来、大変心強いです。ありがとうございます。

私も手術が可能であれば同じ病院を考えておりますので、是非参考にさせて頂きたいと思います。

引き続きブログを楽しみにしております。
[ 2020/08/12 19:37 ] [ 編集 ]

主治医から「それはどうかな?」みたいな症状もありましたけれど、結果的には
解消されたので胃液の逆流が何らかの影響をもたらしたのだろうと思います。
個人的には食道裂孔ヘルニアがあるかないか、が手術をするかどうかの最大の
ポイントだと思っていますが、薬が全く効かないというのも決め手の一つだと
思います。
同じ病院で検討されているということなので、今悩まされている点や病歴などを
まとめたドキュメント(紙でOK)を用意した上で初診を受けるのが大事だと思います。
完全予約制なのでどのタイミングで診察が進むかはわかりませんが、話が進み始め
れば病院側も色々考えてくれるので初診で納得されたのであれば思ったより早く
手術まで決まると思います。
まずは初診の予約を早めにされたらよいのではと思います。二泊三日の入院・手術
で終わるとはいえ、手術を受けること自体のリスクもありますし、コメントを相当数
やり取りした方はニッセン法では術後が思わしくなくて再手術されたらしいので医師と
よく話をされてお決めになることが大事だと思います。

現時点での最終編は近日中にアップする予定です。
私自身、この手術を受けた方の情報が少なくて困っていました。何らかの有用な情報
になれば幸いです。
[ 2020/08/12 23:53 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。
本日予約がとれ15日に診察して頂く事になりました。
教えて頂いた通り、病歴などをまとめて持参したいと思います。
やはり後遺症やリスクなど心配や不安な点は多々ありますので、じっくり先生と相談させて頂き決めたいと思います。

私も色々検索しましたが、手術の詳しい情報はあまり知る事が出来なかったので、このようなブログに出会う事が出来本当に感謝しております。
ありがとうございます。
[ 2020/08/13 10:46 ] [ 編集 ]

おっと、最短といってよいくらい早く予約がとれたんですね。
土曜日だから午後ですね。暑い盛りですので気を付けて行ってきてください。
もし直近の胃カメラの写真があるなら忘れずに持参してください。
手術の適応があるかどうかの判断は胃透視と胃カメラの検査後になると
思いますが、まずはいろいろとお話しされてみてください。
[ 2020/08/13 15:39 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!
診察前に色々お話しをお聞きする事が出来て本当に良かったです。大変勇気づけられました。

また質問させて頂く事があるかと思いますが、その際は宜しくお願い致します。
ありがとうございました。
[ 2020/08/13 21:41 ] [ 編集 ]

そうそう、病院側から指示される問診票は受付後に書きますが、自分で用意した既往歴や
症状のドキュメントは診察を受ける階(多分4階)の受付に渡しました。
診察が始まった時にも医師に「一応既往歴等をまとめたものを受付の方にお渡ししたの
ですが」と話したら、医師が「自己申請の病歴とかがあるからスキャンをお願い」という
流れになりました。スキャンされるとカルテにも取り込まれるようになり、医師もその
文面によく目を通してくれるようになったことを思い出しました。
まずは初診で担当医と有意義な会話ができるとよいですね。
質問等はいつでもどうぞ。そのためのシリーズでもありますからね。
[ 2020/08/13 22:29 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。
カルテに取り込んで頂けるんですね。
教えて頂きありがとうございます。
明日は緊張しますが、頑張ってきます。
また何かありましたらメッセージさせて頂きたいと思います。
[ 2020/08/14 19:10 ] [ 編集 ]

一度カルテに取り込んでもらえたら、術前術後、その後もそれをベースに問診してくださるので是非。
初めての病院でしょうし緊張されるかもしれませんが、医師もスタッフも優しい方が多いのでリラックスして初診を受けてくださいね。良い方向に話が進むかことを祈念しております。
[ 2020/08/14 19:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/835-55410876