FC2ブログ






第66回皐月賞

1- 1 フサイチリシャール(牡3、福永祐一・松田国英) 西
1- 2 ドリームパスポート(牡3、高田潤・松田博資) 西
2- 3 ナイアガラ(牡3、小牧太・池江泰郎) 西
2- 4 キャプテンベガ(牡3、安藤勝己・松田博資)西
3- 5 メイショウサムソン(牡3、石橋守・瀬戸口勉)西
3- 6 フサイチジャンク(牡3、岩田康誠・池江泰寿) 西
4- 7 ショウナンタキオン(牡3、田中勝春・上原博之) 東
4- 8 ダイヤモンドヘッド(牡3、北村宏司・池江泰寿) 西
5- 9 ゴウゴウキリシマ(牡3、中舘英二・梅田康雄) 西
5-10 トウショウシロッコ(牡3、吉田豊・大久保洋吉) 東
6-11 ステキシンスケクン(牡3、藤田伸二・森秀行) 西
6-12 サクラメガワンダー(牡3、内田博之・友道康夫) 西
7-13 インテレット(牡3、後藤浩輝・萩原清) 東
7-14 スーパーホーネット(牡3、四位洋文・矢作芳人)西
7-15 アドマイヤムーン(牡3、武豊・松田博資) 西
8-16 ジャリスコライト(牡3、横山典弘・藤沢和雄)東
8-17 ディープエアー(牡3、池添謙一・池添兼雄) 西
8-18 ニシノアンサー(牡3、菊沢隆徳・奥平真治) 東

1)ローテーション
あまり間のあいたローテーションは好ましくないですね。
例えば共同通信杯からの直行組を見ていくと
1996年 サクラスピードオー 共同通信杯1着 → 皐月賞2人7着
1997年 セイリューオー 共同通信杯2着 → 皐月賞9人5着
1999年 ヤマニンアクロ 共同通信杯1着 → 皐月賞12人10着
2001年 ジャングルポケット 共同通信杯1着 → 皐月賞2人3着
2003年 ブラックカフェ 共同通信杯6着 → 皐月賞9人18着
2004年 マイネルデュプレ 共同通信杯1着 → 皐月賞12人12着
という感じ。
モレがあるかもしれませんが、馬券対象は6頭中1頭で、しかも3着。ここから直行するショウナンタキオンは捨てたいですね。
京成杯からの直行は多分該当例がないと思いますが、やはり不利だろうと思います。ジャリスコライトも出来れば捨てたい一頭です。
すみれSから直行のナイアガラも捨てたい馬です。

2)ステップレース
共同通信杯は実は鬼門。対象例は少ないのだが、1994年のナリタブライアン以降2001年のジャングルポケット3着を除いて良績がない。メジロブライト、チアズシュタルク、ラントゥザフリーズ等勝ち馬だけに限っても3頭が馬券対象外。「皐月賞をダービーのトライアル」と割り切る陣営のための重賞かもしれません。今年は有力どころと目されるアドマイヤムーン・フサイチリシャールが参戦したので過去の傾向通りかどうかは微妙なところですが...。

弥生賞・スプリングS はやはり王道でしょうね。好走組はもちろん凡走でもあきらかな原因がある馬なら一応マークでしょう。

判断が難しいのは若葉S。中山開催の時代は皐月賞の「台風の目」という感じでした。阪神開催になってからは
2002年 ノーリーズン 7着 → 皐月 15人1着
2005年 シックスセンス 4着 → 皐月 12人2着
の馬券対象例があります。
トライアルではないけど、東上最終便の毎日杯は実に分が悪い。馬券対象は1999年のテイエムオペラオー(1着→ 皐月 1着)のみ。
若葉Sと毎日杯については、個人的には「賞金面では間違いなく皐月賞に出られるのにトライアル重賞を避けて使ってきた馬はよく消える」という印象があります。昨年のローゼンクロイツ・コンゴウリキシオー、2002年チアズシュタルクなどは記憶に新しいところですね。

現時点で消す予定の馬は下記のとおり。
・ドリームパスポート:デムーロの騎乗停止は運がないですね。
・キャプテンベガ:完成度がまだ足りない気がします。この血筋で押せ押せのローテーションも「?」です。
・ショウナンタキオン:共同通信杯から直行の上、カッチーですからね。
・ダイヤモンドヘッド:繰り上がり出走の強運があるのですが、さすがにちょっと足りないと思います。
・ゴウゴウキリシマ:マイルまでの逃げ馬と思います。
・トウショウシロッコ:前走の成績では...。
・ステキシンスケクン:やはり距離延長はよくないでしょう。
・スーパーホーネット:穴馬の香りはしますが、朝日杯2着馬は大成しないのジンクスに則り消します。
・ディープエアー:復調気配ですが、弥生賞は完敗ですからねぇ。
・ニシノアンサー:逃げ馬の大外。展開が恵まれることはないでしょう。

ここまでで10頭消えました。問題はここから。
使い方が気になるのはフサイチリシャールです。共同通信杯は余分なレースを使ったという印象が強いです。2歳時に府中は経験済みですからね。しかも2歳時に相手にしなかったメイショウサムソンに負け、ドリームパスポートとも着差がなくなってしまった点に不満ありです。共同通信杯・スプリングSを圧勝していればナリタブライアンのパターンなんですけどねぇ。
フサイチジャンクとナイアガラも押し辛いですね。前者は無敗ですが明らかに相手が軽い印象。ナイアガラは週末の天気次第で穴人気になるでしょうけど、皐月賞向きの馬とは思えません。
これで3頭が消えました。残ったのは
アドマイヤムーン、サクラメガワンダー、メイショウサムソン、ジャリスコライト、インテレットの5頭。
間隔が空きすぎているジャリスコライトは切りたいですねぇ...。実績の少ない毎日杯組ですが初芝で2着したインテレットは大荒れ時の穴馬で置いておきたい。
実績からはアドマイヤムーン◎ですが、どうも1着になるイメージが湧きません。昨年のディープインパクトの残像も影響しているかもしれませんが...。馬もレースも違いますが先週のアドマイヤキッスのイメージがちょっとダブリます。ということで

◎サクラメガワンダー
○アドマイヤムーン
▲メイショウサムソン
△インテレット

の線で勝負してみたいと思っています。
スポンサーサイト



[ 2006/04/16 09:57 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/99-3a75d823