FC2ブログ






菊の季節

神社仏閣は菊花展が目白押しですな・・・。
R0070451.jpg
Summilux50mmF1.4 with Ricoh GXR
R0070454.jpg
Summilux50mmF1.4 with Ricoh GXR
川崎大師にて。

こういうドーンと大きく構えている花というのは実は狙いにくい。どう撮っても凡庸にしかならないのだった・・・苦笑。


それはさておき・・・、

私がまだ学生だったころ、当時の名物アナウンサー杉本氏の絶叫があった。
img1_10.jpg

「菊の季節にサクラが満開、菊の季節にサクラ~」、サクラスターオーが勝った1987年のことである。


久しぶりにお馬さんの与太話も・・・。

3冠レースはそれぞれ、

皐月賞:最も速い馬が勝つ
ダービー:最も幸運な馬が勝つ
菊花賞:最も強い馬が勝つ

という格言があった。いつごろできたか知らないが、さすがに今の時代にはあわない部分が多く、特に菊花賞については以前と随分様相が変わった。それは私自身が馬券を買い始めた頃からも随分変わったなと感じるくらいである。
(ダービーもこの格言が有効だったのは出走頭数が今より多かった時代のことだろう。現在の18頭立てになったのは1992年からで、28頭立てや24頭立ての時代が長く最後の直線で進路が空かないなどという事態はいくらでもあったのだ。ダービー・ポジションと呼ばれる4角5番手以内という言葉も同じ理由で今となっては死語に近いと思う)

1990年のメジロマックイーン(天皇賞・春 2勝、宝塚記念)から1995年のマヤノトップガン(有馬記念、宝塚記念、天皇賞・春)あたりまでの菊花賞馬は故障などでまともに走れなかった馬を除き大抵その後にもG1勝ちを収めているのだが、1996年ダンスインザダークがレース後の故障判明で引退したあたりから怪しくなり、3冠馬(ディープインパクト、オルフェーヴル)以外で菊花賞後のG1を制した馬はわずか2頭(マンハッタンカフェ、ヒシミラクル)だけになってしまった。特にディープインパクトからオルフェーヴルの間の5頭はいずれも菊花賞だけ制したG1ホースで、故障引退が2頭いることもあるがオウケンブルースリ(現役、ジャパンカップ2着)を除きパっとしない。

マヤノトップガンまでは菊で勝って世代最強ステイヤーとなり、翌年以降は天皇賞・春で現役最強ステイヤーの座を争うという路線が明確で、これを制したものが真の最強ステイヤーという図式であった。今と比べると距離体系の整備がまだ不十分だったこともあるが、ステイヤーながら2000mくらいまではこなせるという中長距離万能型の強い馬が多かったと思う。
最近はスピード競馬基調が進み、菊ではなく天皇賞・秋や海外へ向かう3歳馬も増え、3冠の構成レースのひとつでありながら、菊花賞単体の冠ではあまり価値がなくなってきたようだ。菊の方は条件馬の出走が増えてレースレベルも落ちていると思うし、菊の延長線上にある天皇賞・春も盛り上がりにかけるきらいがあり、全く見所なく逃げ馬がそのまま先頭でゴールするという凡庸なレースが増えた気がする。

もひとつ、菊花賞が面白くなくなったのは、先日お亡くなりになった藤本義一氏がボヤいた通りで、3歳牡馬のジャパンC出走を促す手立てとして開催時期を天皇賞・秋と入れ替え一週早くしたことである。変更前はほとんどが11月上旬開催で「菊」の見ごろと時期も合致するだけでなく、レースの風景も格段によかったのである。4コーナーを回って最後の直線に入るとき、太陽光線に馬と馬場が照らされる光景は菊花賞の大きな見所だった。

与太ついでに・・・。

今年はゴールドシップが皐月賞と菊花賞の2冠馬となった。この組み合わせの2冠馬は2000年のエアシャカール以来だ。前半は後方待機、向う正面で早めに進出、きっちりまくり切って後続を封じた見応えのあるレースだった。あそこまできれいにまくり切ったのはミスターシービー以来だろう。後ろから差されることは絶対ないと自信を持って騎乗した結果だと思う。ダービー馬の回避(結局引退した)もあって相手関係には疑問符がつくが、真価はやはり3冠馬オルフェーヴルとの対戦次第だろう。順調なら有馬記念で見れるはずだ。

今年の秋競馬はなかなかよいレースが多い。秋華賞はハナ差で3冠牝馬誕生、天皇賞・秋はデムーロが最内を思い切りよく突く好騎乗と下馬して天皇皇后両陛下への拝礼、菊花賞は早めスパートのまくりを決めた内田の好騎乗。馬券にはならなかった馬でも大胆にまくって場内を騒然とさせるような騎乗もあって、中だるみのないレースが多かったように思う。

因みに私が知る皐月+菊の2冠馬(セイウンスカイ・エアシャカール)はいずれもその後がよくない・・・苦笑。どうも出てきたタイミングもよくないのである。
セイウンスカイは、同期にグラスワンダー(朝日杯、有馬記念×2、宝塚記念)、スペシャルウィーク(ダービー、天皇賞・春、天皇賞・秋、ジャパンC)、エルコンドルパサー(マイルC、ジャパンC)がおり、当時最強世代と呼ばれた強い馬が揃った世代であった。エアシャカールは、自身が故障がちだった上に1年上はテイエムオペラオーがG1を勝ちまくり、1年下はマンハッタンカフェやジャングルポケットが3歳にして古馬相手のG1を勝ってしまったサンドイッチ世代であった・・・。

ゴールドシップも1つ上に3冠馬がいてあまり恵まれた環境とはいえない。内容次第だが有馬で負ければオルフェーヴルが目の上のたんこぶになるだろう。逆にオルフェーヴルが負ければそのまま引退かもしれないが・・・。ただ、オルフェーヴル抜きなら現4歳世代の有力馬がオルフェーヴルにスポイルされたぶん楽だ。

ディープインパクトやナリタブライアンのときもそうだったが、3冠馬と同期のライバルは持っている以上のものを出してスポイルされ、早くターフを去る例が多い。現4歳世代もかつてオルフェーヴルのライバルだった馬達は軒並み故障や不振に喘いでいる。歴史は繰り返す。本来なら目の上のタンコブになりそうな1世代上の有力馬がいなくなった上に、3冠を制した馬がいなければ活躍の舞台は保証されているのである。

ナリタブライアンの1年下にあたるマヤノトップガンの活躍は、ひとつ上の世代がスポイルされたところへ当のナリタブライアンが故障で低迷したことが背景にあるし、ディープインパクトの1年下にあたる2冠馬メイショウサムソンが4歳で天皇賞春秋連覇できたのはひとつ上の世代がスポイルされたところへディープインパクトも引退したことが背景にある。メイショウサムソンの場合、それに加えて3冠戦で2-3-2着と好走した同期のドリームパスポートがJCと有馬でディープインパクトと遣り合って早々とスポイルされたのも大きかっただろう。

オルフェーブルを除いた現4歳の勢力が弱いことは今年の一連のG1でも実証された。先の天皇賞・秋でもデムーロの好騎乗もあってかつて最強世代といわれた現5歳のエイシンフラッシュが勝ち、3着にはルーラーシップが入った。いずれもちゃんと走ったオルフェーヴルには有馬記念や宝塚記念で敗れた馬たちである。この間に3歳のフェノーメノが2着に入ったことから現5歳世代と現3歳世代は少なくとも互角レベルにはある。
今年はジェンティルドンナが3冠牝馬となったが、これがウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタといった名牝の域を超える器か、アパパネ級かも興味深い。オルフェーヴルと3歳牡馬の力関係は有馬記念まで待つことになるが、ジャパンCである程度勢力図を描くことができるだろう。

有利不利のない力勝負のレースを見たいものである。
[ 2012/11/13 10:12 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(2)

黄金週間奇行2012~二度あることは・・・編~

前夜のフィールドでのセッションを楽しんだ翌日は京都のお散歩。特にあてもなくブラブラして気分次第で適当に写真を撮りながらであるが、昨日も本日もなかなか暑い・・・苦笑。

汗だくになりつつ歴史を感じる看板に惹かれたが・・・
R0043638.jpg
残念ながら今年の3月末で閉店されたらしい。残念・・・。

昼食をすませて「二条城って見たことなかったな」ということで寄ってみた。
R0043702.jpg
Super-Angulon21mmF4 with GXR

本日は曇りがちの晴天で全般的に白飛びの写真ばかり。失敗した・・・。
R0043750.jpg
Super-Angulon21mmF4 with GXR

花もいろいろと咲く時期で後半はSummicronで。
R0043762.jpg
Summicron50mmF2 with GXR




29日は元みどりの日セッション@Woodnoteの日。昼間のライブ出演も毎度お願いされるのだが、天皇賞当日だけに今回もお断りした。二条城以外にももっと見て回りたかったのだが汗だくだし天皇賞だし・・・。

勝ったのは14番人気のビートブラックだった。
HaruTen_2012.jpg
ダントツ人気オルフェーヴルは惨敗。だから暫く出走禁止にしろって言ったじゃん(苦笑)


実は京都観光ではなく淀競馬場へ行きたいなとか考えていた。レースを見たいからではなく、場内にどんなヤジが飛ぶのかという下衆な興味があったのだ・・・笑。
前哨戦の阪神大賞典があんな結末だったし、会社の競馬友達と「大外18番とか引いたら笑うよな」とか言っていたら本当に大外を引いて爆笑になったぐらいで、そもそもミソがついた天皇賞とは思っていた。18番枠未勝利データがまことしやかに囁かれていたが、これは単なる偶然。人気馬が18番に入った例が見当たらないからだ。ただ、馬柱を見て人気馬が外目の枠に偏っているのは気になっていた。金曜日の時点で打った印は・・・

◎オルフェーヴル
○ウインバリアシオン
▲ビートブラック

だった。
オルフェーヴルはまともに走れば堅いだろうし、「僚馬のオルフェーヴルを負かしてもいいよと言われている」という勝ちに行く気満々のトーセンジョーダンよりは、「オルフェーヴルに勝つということではなく、この馬らしい走りを」というウインバリアシオンを上位に取り、内枠を引いた中では菊花賞3着の実績があるビートブラックを穴とした。普通なら3連複を厚めにというところだが、オルフェーヴルの能力は認めつつ、おかしなことをやりかねないという危惧もあるから邪道とは思いつつ勝負馬券はワイドにした。
豈図らんや、ビートブラックとウインバリアシオンのワイドで8,870円もついた大勝ちである。1-3着でも当たりになるワイドというのは今ひとつ達成感がない馬券であるが、いやいやでも買わざるをえない人気馬がいるときには稀に有効な手段となる。大昔に有馬記念で穴馬ダイワテキサス(3着)からワイドで1・2着馬に1000円ずつ流して、本命対抗一点勝負(1万円)した知人より儲けるという嫌味なことをした前歴を持つ私だが、今回に関しては信頼して大きく賭けるという気がまったく起きなかった故のワイド勝負だった。オルフェーヴル不発の原因はこれから諸説舞うのだろうが、阪神大賞典のような事件を起こした馬と関係者に対してなにがしかの歯止めは必要だと改めて感じた。見せ場すらなく敗れてしまった背景はいろいろとあるハズである。人馬ともに正常な軌道に収束していくことを希望する。

つづく
[ 2012/04/30 01:29 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

朝日杯の2着馬は・・・

タイトル通り、久し振りに競馬のお話。
競馬にはジンクスが数多あるが、2歳チャンピオンを決める朝日杯の2着馬はなかなかG1に勝てないというのもジンクスのひとつ。少なくとも私が競馬をマジメにやり始めた1992年からを振り返ると下記の通りG1ホースは4頭のみ。しかもリアルインパクト以外は朝日杯と同じ1600m芝のG1は取っていない。

2010年:リアルインパクト(安田記念)
2006年:ローレルゲレイロ(高松宮記念、スプリンターズS)
2003年:メイショウボーラー(フェブラリーS)
1997年:マイネルラヴ(スプリンターズS)
1992年:ビワハヤヒデ(菊花賞、天皇賞・春、宝塚記念)

当たらない面白予想屋○崎氏がかなり昔に紹介していたジンクスで、例外が全くないわけではないが知っておいて損はしないジンクスのひとつだと思う。

11月20日にあったマイルチャンピオンシップだが、国内外のG1ホースがそれなりに揃っている上に馬場状態もよくなくて難解なレースだったが、何と3世代の朝日杯2着馬が勢揃いするという珍しい組み合わせでもあった。

先述のジンクスに従って痛い目を見たこともある。2005年2着のスーパーホ―ネットだ。2007年のこのレースで2着に来たのだが、「朝日杯2着」というだけで蹴飛ばして大当たりを逃してしまったのだ。これ以降、紐なら買ってもいいという風に自分の辞書を整理しなおした。
あとこのレースでやられたなぁ、と思ったのは2001年のゼンノエルシド。京成杯オータムハンデを快勝→スプリンターズS完敗→マイルCS優勝も私の辞書に書き込まれている。

さて、本題に戻って本日のマイルCS。
予想に当たっては9月から「マイルCSに出てきたら狙い」と思っていたフィフスペトル(京成杯快勝)がスプリンターズSに出てきて馬券対象外に終わり狙いの一頭に入っていたのだが、馬柱を見ていたら「3世代の朝日杯2着馬が勢揃い」に気づいたのでお遊びで3頭のボックスで馬連、ワイド、3連複を買っておいた。

結果は・・・
MileCS_2011.jpg
3着が余計だが馬連12,800円、ワイド3,440円は美味しい(笑)。今年度の勝ち越し決定だ♪


・・・
このレースのジンクス、3歳馬が勝てないはまだ続くなぁ。これはやっぱり辞書に残しておかないと。
どうでもいいが行の馬(1番人気アルインパクト、2番人気ディル)は一度も勝ったことがないらしい・・・。これは辞書に残すようなことではないかな(笑)

[ 2011/11/20 17:04 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(2)

サンデー血脈ダービー

オルフェーブル、2冠おめでとう。
父親ステイゴールドにも、全兄ドリームジャーニーにも、そして今年の皐月賞でも大体痛い目に合わされる血筋なんだけど、母父メジロマックイーンというのが奮っている血筋ですな。
皐月賞では2着サダムパテックと3馬身の差をつけたが、私個人的には「何もかもうまく行き過ぎたレース」という見方をなかなか捨てきれなかった。2番人気のサダムパテックも「多分いらない」と思いつつ前日まではバッサリいくほどの確信を持てず・・・。しかも今年はデットーリがモハメド殿下の馬に騎乗するため来日するなど、とにかく予想する上で悩ましい要素が多いダービーだった。

78thTokyoYushun_1.jpg

結局ドロドロ馬場になったことでかえって腹がすわり、2番人気のサダムパテックをバッサリ切ったあたりで光明が見えた。本筋はオルフェーブル、ベルシャザールなんだが、やっぱり怖いデットーリと武豊の4頭が軸で入ったけれど、最後は五月雨式にオルフェーブル、ベルシャザールを2頭軸に皐月賞以外の組に流したら結果ウインバリアシオンがやってきて3連複が当たりました。ごっつぁんです(笑)

ちなみに競馬に興味がある方ならすぐピンとくるタイトル・・・笑

昨年の2歳戦、特に牡馬の3歳クラシックを目指す路線のレースを見ていてもともと感じていたことだったんだよね。で、実際今年の東京優駿日本ダービーは日経新聞の記事にもなったが登録馬22頭すべてがサンデーサイレンスの孫という事態になった。過去にも書いたことがあるが、完全な血の飽和状態だ。

今年のG1はかなり極端で父父サンデーサイレンスは実にこれだけ勝っている。
3歳クラシックに限らずものすごい占有率だと思う。

高松宮記念:キンシャサノキセキ(フジキセキ)
桜花賞:マルセリーナ(ディープインパクト)
皐月賞:オルフェーブル(ステイゴールド)
天皇賞:ヒルノダムール(マンハッタンカフェ)
オークス:エリンコート(デュランダル)
ダービー:オルフェーブル(ステイゴールド)

今回のダービーも出走馬18頭中、父系サンデーサイレンスが16頭、母系がサンデーサイレンスが2頭。今年はディープインパクトの初年度産駒が話題となり、現に桜花賞で早くもクラシック勝利を果たしているが、あまりにもサンデーサイレンス系に偏りすぎだ。もちろん、サンデーサイレンスは現役・種牡馬を通して超一流であることは疑わないが、こういう偏りがある世代は秋口以降の古馬との対戦では大体通用しないことが多い。2冠を達成したオルフェーブルがどの程度通用するかによるが、現4歳世代を負かすだけの力があるかどうか。今の時点から空想しつつ秋口を望みたいと思う。
[ 2011/05/29 23:39 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

四歳か五歳か…、はたまた芝馬か…

今年のフェブラリーSはなかなか話題が多いのだが、本当は昨年にもっと盛り上がるハズだったんだよなぁ。

昨年、中央競馬ダートG1の2レースでようやく長きに渡りタイトルを総ナメしてきた2002年産に引導を渡した4歳が出てきた。
思えば2002年産といえばディープインパクトと同期。甲乙つけがたいダート馬がひしめきあっていたこの世代も、さすがに中央競馬の大レースはムリだろう。世代交代は昨年終わった以上、世代論争の話題はない。

加えて芝の一流馬が多数顔を揃えたが、何もなければ昨年ダイワスカーレットがどんな競馬をしたかで、大体わかったハズなのだ。

それはさておき…

普通に考えたら、初ダート組を含めた芝馬はいらない。勿論行く末を考慮すれば馬場問わずの実力馬の登場は待たれる。
問題は芝からの転戦組がいらないのだが、レースの流れなどは彼らに支配されそうであり、その邪魔さ加減が読めないところが悩ましいのだ。
内枠不利がユーメイなこのコースだが、普通ならエスポワールとサクセスブロッケンは三着を外さんだろ~と思うのだが、如何。
四歳はグロリアスノアを買いたくなるけど、この鞍上で二度あるかな?
3とか11とかに妙味を感じるが…。

単純なハズが…
20100221131813

点滴…もとい天敵多し(笑)

っつうか、さすがに点滴だけの食(?)生活が3日も続くとさすがに飽きてくるっちゅうか、力が出ないっちゅうか…苦笑
[ 2010/02/21 13:28 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(6)